かんしゃくのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

おやつが食べたいご飯はいらない、と癇癪を起こし泣き続ける(3歳)

ほめ方しかり方 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

おやつが食べたいご飯はいらない、と癇癪を起こし泣き続ける(3歳)

幼稚園に行っている3歳の子どもが、帰ってくるとおやつを食べたいというので適度にあげていましたが、最近これじゃダメ、アレが食べたい、もっと欲しいといい、食事の時間もごはんはいらない、おやつが食べたいと癇癪を起こし泣き続け、下の子に当たって押し倒したり意地悪をします。
おやつを食べたら食べたで、ハミガキしない、といい、虫歯になるよ、ハミガキしないの?と聞くと、おやつを食べてないといいます。毎日この繰り返しです。どう対応すればいいのか分からず疲れ果てています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

幼稚園では集団生活の中、楽しいこともたくさんありますが、我慢することも多いかと思います。自宅に帰るとお母さまに甘えたくなるのでしょうね。
その甘え方として「コレはいらない」「アレが欲しい」などの要求になり、泣き続けることでお母さまを困らせてしまうのかもしれません。たくさんお母さまに甘えたいのかもしれませんね。
睡眠前やお母さまのお時間のある時に、絵本や、幼稚園での出来事などお子さまのお話をたっぷり聞いてあげる時間がとれるといいですね。

11ヶ月のお子さまが誕生されて、少し焼きもちをやいているのかもしれません。何かお母さまの困る事を言って注意を引きたいことも原因の一つとして考えられますね。
たくさんスキンシップをされてみる、お話しをたくさん聞いてあげることで、お子さまの気持ちが少し落ち着かれるかと思います。

お子さまにとって、大好きなおやつはたくさん食べたい食べ物の中の一つです。しかし、食べすぎはよくありませんね。
少し時間がかかるかもしれませんが、お子さまが泣き続けても「今日はおしまい。」とはっきりお母さまがお話しされることは大事ですね。まだまだ3歳のお子さまにとっておやつの時間は大切ですが、食べられる量だけはお母さまが見てあげる必要があります。

栄養士:畑暁子

3児の母親をしています。うちの次男と同じですね。3歳、おやつの癇癪は本当によくわかります。うちも幼稚園から帰ったときは同じような癇癪を起こし、気に入ったアイスが無いと大暴れ。なぜアイスが入ってないんだ、アイスでないとダメなんだ、と騒がれ、私はうんざりです。
片付けをしないから注意すると、嫌だ、嫌だ、の一点張り。もちろん妹への八つ当たりは毎日で、妹も最近では八つ当たりもおねだりもすべて真似して大暴れ。
私もイライラ、しょっちゅう怒鳴っては声をからし、夜になって反省し…の日々です。お気持ちよーくわかります。

うちの場合、先日個人懇談がありまして、次男の幼稚園での様子を初めて聞いてきたのですが、入園してまだ3ヶ月ちょっと、疲れも出てきているし、周りの子ともうまくやりつつ、喧嘩もしつつ、ご機嫌斜めなことが多くて、みんなと一緒に動きをとることが出来にくくなってます、と言われました。
幼稚園の送り迎えで親もそろそろ疲れが出てくるころ。もちろん園児もそうですよね、絶対怒らなければいけないことは、厳しく注意しないといけないけれど、命に関わるようなことでなければ家庭で甘えれるところが必要かな、と先生とお話してきました。

おうちでワガママを通そうとするのは、それだけ幼稚園で頑張ってきている証なんだ、と思うようにしました。いいか悪いか、よくわかりませんが、とにかく情緒不安定にならないように、ある程度聞き流しつつ、大目に見つつ、しつけていけばいいのかななんて思ったり…。
年中さん、年長さんになれば、自然とマナーを覚えていくでしょうし、この1年が修羅場だと割り切って乗り越えたいものですよね。

先輩ママ:まろ

アドバイザー紹介

畑暁子
専門資格 栄養士

保育所の栄養士として乳幼児の栄養に携わって来ました。多くのお母さんから離乳食に関する悩み相談を受けながら一緒に私も成長させてもらいました。この経験を少しでも生かせたらと思っています。離乳食に限らず食に関する事なら出来る限りお答えしたいと思っています。

まろ
先輩ママ

長男の反抗期に泣かされ、次男の頑固さに呆れ、長女のワガママにブチ切れ…気付けば私の頭は白髪だらけ。子育て、在宅での仕事(イラストレーターしてます)も早15年が過ぎました。PTAに近所付き合い、幼小中と3施設走り回る毎日です。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

3

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

出前(フードデリバリー)利用してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.