園選びのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

緑がいっぱいで泥だらけで遊ばせるような保育園に変えたいと言う夫

保育園・幼稚園 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

緑がいっぱいで泥だらけで遊ばせるような保育園に変えたいと言う夫

現在1歳9ヶ月の娘は7ヶ月から今の保育園に通っています。今の保育園に決めたきっかけは、園の方針です。夫がパンフレットを見て決めました。私としては家の近所で自転車での送迎ができる範囲、フルタイムで働いているので送迎に無理のないようなところがよかったのでOKし、無事に入園できました。ところが、今になって夫が「園を変えたい」と言ってきました。理由は、知人の子が、おむつなし(パンツ)、緑がいっぱいで、一日中外で泥だらけで遊んでいるということを知り、そのような保育園に通わせたいということでした。

初めからそういうところを探せばよかったのでは?と思うし、せっかく慣れた今の現状を私は変えたくないと思い反対しています。私も子どもは泥だらけで自然がいっぱいのところで育つのがいいとはわかっています。でも、娘も進級してお友だちも増え、保育園生活にも慣れ始めたはず。待機児童の多い街での転園、コロコロと親の気分で変えるのはどうなのか?とも思います。私も育児休暇も明けて、家事、育児、仕事と慣れたので変えたくありません。とことんお互いが納得するまで話すしかないのでしょうか?もし転園する場合、保育園にはどのような話をすればいいのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

育休が明けてやっと、お父さん、お母さん、そしてお子さんも生活リズムが整い始めたころではないでしょうか。フルタイムで働く母の立場で言うと、母が倒れてしまっては、家庭が回らなくなってしまいます。しかし、ここまでお子さんのことを、目の前のことだけではなく、将来をも見据えて考えて下さる素敵なパパは、中々いませんよ。

ただ、3歳くらいまでは、しょっちゅう熱が出たり、はやりものをもらって帰ります。転園して自然の中で保育をしてもらっても、すぐに強い子になるわけではありません。転園してから体調が悪くなり、「やっぱり変わらないほうがよかったのでは!」とか、送り迎えが遠いのが体力的に辛くて、けんかが増えてしまわないか、心配です。

そのためにも、やはりとことんご主人と話をされて、お互いが納得して、決めることが大切だと思います。色々な病気にはかかるけれど、お子さんにとっては緑がいっぱいの園で一日過ごすほうが、今の社会には希少で素敵な体験ができると思います。

わが子は、私の入院のため、あちこちの園を転園しましたが、こちらが思う心配はよそに、どこでもすぐに子ども同士仲良くなったようです。転園されるならば、理由は正直にいわれて大丈夫だと思いますよ。

保育士:ひなこもち
2012年9月14日

ご相談の件ですが、結論から言うと、ご主人としっかりお話されることが必要だと思います。ただ、お互いが納得いくまでとなると、それは難しいでしょうね。二人共当の本人ではないのですから。子どもはというと、家族とは別の『保育園』という社会に出て、良いことも悪いことも覚えながら、色んなことを経験し、たくましく育ちます。

園の方針が…とか、保育の仕方が…とかより、子どもが楽しく通っているかどうかがポイントだと思います。今の保育園で、楽しく過ごせているのであれば、できれば継続して通わせてあげたいですよね。ご主人は保育園でのお子さんの様子を見に行かれたでしょうか。

もし、まだでしたら、一度お子さんの園生活をご覧になってから、改めてお話されることをおすすめします。次に重要なのは、ママの思いとご主人自身の思いです。ここは子ども目線ではなく、お互いの気持ちをしっかり話しあいましょう。『子どもにとって』ではなく、『自分にとって』どうなのかを。

それぞれの園に特徴はあっても、『良い』『悪い』は基本的にはありません。保育士さんが子どもをきちんと見てくれて、保護者との関係もよければ、問題はないと思います。保育園には、「泥んこ遊びをさせてほしい」とか「散歩に連れて行ってほしい」など、要望をお話されても良いと思います。

また、今の保育園に長く通われている方に知り合いがいらっしゃったら、子どもさんの様子や情報を聞いてみるのも、一つの方法です。お父さんもお母さんも、子どもの健やかな成長を願うからこそ、こういったトラブルが起きてしまうんですね。お二人とも優しいパパ&ママの証拠ですよ。

そこをちゃんと認め合う事が、何より大事なことです。子どもは、パパ&ママの笑顔をいつも願っています。ご夫婦での明るく楽しい子育てを、心から応援しています。

保育士:はっぴぃ
2012年9月14日

ご夫婦共働き、お疲れ様です。子育ても大変かと思いますが、たくさんの相談機関があるので、気軽になんでも相談し、時には手を抜きつつ子育てを楽しめるよう応援してます。

さて、育児についてはとことん夫婦で話あったほうが良いと思います。しかし、ご主人がどの程度育児に関わっているかわかりませんが、ほぼ育児は母がというのであれば、現状と、子どもが今どのような状況でどんな感じかという事を、また、現在の毎日の保育園での様子を詳しく話したり、ママの現状や素直な気持ち(送迎の便利さなど!)をぶつけてみるのも良いかと思います。

たしかに緑あふれて、泥だらけで遊べたらよいですよね!でも、入園時にある程度ご両親で園の様子を把握して入園させているはず。上を見たらきりがないし、そこまでのリサーチをしていたかという事にもなります。

考えなければならない一番の事はお子さんの状態です。今楽しく通えているのであり、現状がご夫婦のお仕事状況と合っているのであれば、せっかく慣れた環境を変えるのは望ましくないようにも思われます。今一度、よく話し合いをされる事をお勧めします。

保育士:mana
2012年9月14日

アドバイザー紹介

ひなこもち
専門資格 保育士

8歳の女の子、4歳の男女の双子の母です。フルタイムで保育士をしています。双子ならではの悩み、子育てと仕事の両立、忙しいお母さんたちの悩み…。よかったことも、だめだ~と思ったことも、悩んでいるお母さんに少しでも、よりそえることができたらいいなと思っています。子育てに行き詰まっても、やっぱり子どもたちは、私たち大人に、元気と感動をくれます。悩んで、楽しんで、笑って、泣いて、子どもたちと一緒に感動をみつけたいなと思います。

mana
専門資格 保育士

現在小学生の年子姉妹がおり、PTA活動に専念中!姉妹が幼稚園入園前まで、パートを含めて10年間保育士として働いていました。子供大好き!子供とともに成長中の毎日です!子育て中は色々とありますが、楽しく過ごせるようコミュニケーションを取ってます!

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

子どもが喜ぶ絵本はどんなの?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.