子どもの病気のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

睡眠も食事も気をつけているが、毎月のように風邪をひく(5歳)

発熱、かぜ 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

睡眠も食事も気をつけているが、毎月のように風邪をひく(5歳)

入園までは年に3,4回くらいしか風邪をひかなかったのに、入園してからというもの、風邪をひかない月はないといっていいくらいの状態です。睡眠は充分とっていますし、3度の食事は野菜、果物など食事内容にも気をつけるように心がけています。手洗い、うがいもしています。何に気をつけてあげたらいいのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

風邪のウイルスは約150種類ほどあります。
と言うことは、最低150回は風邪にかかることになります。この中には、鼻水が出るだけで終了するものから、4-5日発熱が続くようなものまで、いろいろあります。

さて、一生の中で、15歳が一番有病率の少ない年齢とされています。これは一通り風邪をこなして抵抗力(免疫)が完成し、一方また、生活習慣病のような慢性疾患もない年齢です。
したがって、生まれてから、特に、集団生活を始める年齢である3-4歳から(保育園であれば、1-2歳から)、15歳の間、すなわち、約12-13年間に150回風邪を引く必要があります。

特に、小学校低学年までに集中しますから、150割る8で、年に18.8回、月に1.5回はかぜを引くことになります。
とりわけ、秋冬は空気が乾燥して冷たい時期で、風邪のシーズンですから、いろいろな種類の風邪のウイルスが一度に出回ります。結果、次から次にかぜにかかると言う事態もありえます。
風邪のウイルスの種類は150種類あっても、風邪の症状が150通りあるわけではなく、むしろ、殆ど同じですから、どのウイルスのかぜにかかったのかはわかりません。

風邪が長引いている場合も、実際には、約1週間程度続く風邪を、続けざまに3-4回ひいてしまい、極端にこじれているわけではないけれど、見かけ上、症状だけはぶっ続きになっているという場合もあります。
したがって、中耳炎、気管支炎、肺炎等の合併症がなければ、上手く風邪をひきこなしたと思ってください。区別は難しいですが、150種類ある風邪ウイルスの一つ一つに対して、確実に抵抗力が出来てきているわけです。インフルエンザのように毎年、姿形を変えてやってくる風邪は例外ですが、引かなければいけない風邪のかずは、引けば引くほど、減っていくことになります。

予防接種をすると、その対象疾患にかかり難いか、あるいは、かかりませんね。
風邪にも予防接種があれば理想的ですが、150種類もあるので、現実的にはワクチンは開発されていません。風邪をひくと言うのは、いわば、天然の風邪ワクチンを接種しているようなもので、通常の予防接種の副反応にあたる有害事象としての風邪症状が100%出てしまうわけです。
確かに、同じ風邪を引いても軽くすむ人と、重くなる人がいます。微妙な抵抗力(免疫応答)の違いがあることは確かですが、これはあまり気にされなくて良いと思います。

生活のリズムもきちんと出来ていますから、申し分ありません。乾布摩擦とか、あるいは、水泳で皮膚を鍛えると風邪をひきにくくなる(厳密には軽く済む)と言われています。無理のない範囲で取り入れられても良いでしょう。
大局的には、時間待ちの問題ですから、小学生になる頃には落ち着いてきます。周囲の方の心配が強いと、本人も萎縮して、引っ込み思案になったりする場合もありますから、過度には心配されないほうが良いでしょう。

医師 小児科:横山 俊之
2000年12月13日

アドバイザー紹介

横山 俊之
医師 小児科

小児科・アレルギー科・内科医。日本小児科学会専門医。多くの時間を過ごす家庭での保育・看護を詳しく説明。スローガンは「病名よりも病態の理解を!」、座右の銘は「鼻閉と便秘で風邪はこじれる」

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。  長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。 長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
音声操作で快適な暮らし、スマホ通知で安全確認。スマートホーム「HESTA(ヘスタ)」が暮らしをサポート
音声操作で快適な暮らし、スマホ通知で安全確認。スマートホーム「HESTA(ヘスタ)」が暮らしをサポート
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
泡で全身やさしく洗って、するする伸びるミルクで全身保湿。ベビー&キッズのデリケートな夏の肌も快適スキンケア
泡で全身やさしく洗って、するする伸びるミルクで全身保湿。ベビー&キッズのデリケートな夏の肌も快適スキンケア

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.