里帰り出産のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

生まれたばかりの赤ちゃんを車で2時間半程乗せても大丈夫?

出産 結婚・妊娠・出産 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

生まれたばかりの赤ちゃんを車で2時間半程乗せても大丈夫?

出産後、10日程で里帰りを考えています。 車で2時間半程の長旅になりますが、生まれたばかりの 赤ちゃんを乗せて帰っても問題ないでしょうか? だいたい目安としてどのくらいで赤ちゃんの外出は出来るようになるのでしょうか?教えてください。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

出産後の赤ちゃんとお母様の体調に問題がなければ、2時間半、大丈夫だと思います。確かに少し長めの距離ですので、以下のことにご配慮ください。

※出発直前くらいにたっぷり授乳しておくこと。
※母乳栄養なら問題ありませんが、ミルクをお使いの場合、途中で飲ませられる準備をしておくこと。
※おむつの替えは勿論用意すること
※車で移動する場合、直射日光がずっとあたりっぱなしにならないよう配慮してあげること
※到着後、おむつを交換し、少しおちついたら授乳してあげること
※ママに関してですが、途中トイレ休憩をとること
※運転は他の人にゆだねること

尚、真夏の場合、長時間高温の状態ですと、赤ちゃんの体温が高くなってしまうことがあります。着せすぎに注意してください。クーラーが直接あたらないようにもご配慮ください。
飛行機の場合、離着陸の時、気圧の変動で赤ちゃんが泣いてしまいます。ほ乳瓶をくわえさせるとある程度予防できるらしいですよ。

本来、私共が退院指導をする際、1ヶ月健診あたりが初めての外出、というのがベターとお話しています。が、それぞれ家庭の事情・環境があり、そのとおりにはいかないのが常です。
ママも赤ちゃんも元気であれば必要なことなのですし、その中で最善の方法をとる、ということでよいのではないでしょうか。

里帰りをなさったあと、しょっちゅうつれ歩く・・というにはまだ早いですね。 生後間もない時期は抵抗力が弱く、感染をおこしやすいので、そういった意味で外出をひかえることをおすすめしているのです。また、過度に疲れるとおっぱいの間隔がめちゃめちゃになってしまいます。
では、出産前、不安でいっぱいの時期でしょうが、なせばなる!がんばってください。

助産師:青村

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまはアイス好き?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.