アレルギーのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

季節の変わり目になると気管支炎になり、夜かなり咳き込む(5歳)

アレルギー 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

季節の変わり目になると気管支炎になり、夜かなり咳き込む(5歳)

ずいぶん前から急性気管支炎などを繰り返していますが、毎回季節の変わり目になると気管支炎を起こして、夜かなり咳き込んでひどくなり、朝や昼間は全くといっていいほど咳がでません。
耳鼻科や小児科で診察は何度もそのたびに受けているのですがこれといって症状が軽くなることがなく、飲み薬の気管支拡張剤や拡張シールなども最近効果があまりないような感じになってきました。

耳鼻科は鼻水が流れて咳の原因になる・・とのことで毎回鼻を洗浄させられるので本人は嫌がってすすんで行ってくれません。夜中無理に起こして鼻をかませたりしているのですが一向に効果がなく本人が一番かわいそうでたまりません。
今回からスイミングに通わせることにしたのですが効果的なこういった咳に対する対処法などはありますか?喘息になっているのかどうなのかもわかりませんが、今後その可能性もあるのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

季節の変わり目の夜間に多い咳は、喘息の可能性もあると思います。
喘息の典型的な発作は、気管支が狭くなった時に聞かれる喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒュー)を伴う激しい咳き込みですが、喘鳴を伴わない咳き込み(咳喘息)もあります。このような咳は、お子さんのように季節的・時間的な特徴があります。診断が付かない場合は、喘息の治療(内服や吸入)をしてみることもあります。

もうひとつ夜間に多い咳としては、お書きになったように鼻炎がありその症状が夜間になってひどくなり、鼻水が後ろに垂れる(後鼻漏)ことで起こります。この場合は、内服や点鼻といった鼻炎治療をしなければ、咳対策をしても一向によくなりません。
一度、アレルギーを専門にする小児科か大学の小児科のアレルギー外来を受診されてはいかがでしょうか?

医師 小児科:松尾 裕行
2003年6月16日

アドバイザー紹介

松尾 裕行
医師 小児科

小児科・アレルギー科医。午後に行なっている小児アレルギー専門外来は完全予約制。時間をかけわかりやすく納得のいく診療を心がけている。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

キャッシュレス決済してますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.