卒乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

3才の男の子、まだオッパイを飲んでいるがどうしたらやめられる?

卒乳 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

3才の男の子、まだオッパイを飲んでいるがどうしたらやめられる?

現在3才の男の子のことでご相談します。生まれて以来、今日まで母乳をあげています。今は、寝るときが主ですが、保育園の休みの日は遊んで飽きると飲みにくる、というのが何度もです。
上におねえちゃんがいるので、子どもたちだけで実家に泊まりに行かせたりしますが、そのときは泣く泣く我慢しています。でももう記憶がしっかりしているため、一緒に寝るとまた欲しがります。どうしたらやめられるのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

今回のお話あまりにも私自身の事とそっくりなので、とても共感しました。私にも、4人の子があります。女の子と男の子が2人ずつの4人です。
我が家の末っ子の断乳の時もまったく同じで、3歳10ヶ月位は優にかかりました。今でも寂しかったり甘えたくなるとやって来て、私のオッパイを軽く触って安心しています。
現在は5歳です。男の子が2人居ますが、上の子は1歳3ヶ月で母乳は卒業しましたから、本当にとても悩みましたよ。

ですが、ある新聞記事が私に勇気をくれました。それは、サッカー日本代表監督だったジーコ監督のお母さまの談話でした。
「あの子は8人兄弟の末っ子で小さい頃はすごい甘えん坊で、小学校に上がっても寝るときは私のオッパイを飲んでいたのよ。」と書かれていました。これを読んで私は一気に力が抜けました。
「ああ、そうなのか!」と。「まだ、この子は3歳じゃないか、世界中のサッカーファンが敬愛する人の子ども時代と同じだったと将来この子に笑って話してやろう」と腹を括ったんです。
そうしたら、不思議な事に1週間もしないで、オッパイから離れてくれました。これは実話です。そんなに単純には行かないでしょうが、きっかけは、なんでも良いんだと思います。

まずは、お母さまのお考えを1つにまとめられてはいかがでしょうか?ご自分で納得の行く方向が定まったら後はそれを実行する。回りの雑音は気にしない。
不思議ですが、私の近くに居る大人たちで、親に甘え上手な人は他人との関わり方が上手な人が多い様な気がします。子育て中は本当に色々ありますが、1つずつ乗り越えていきましょうね。

先輩ママ:メグママ

私は3人の母で、母乳育児サークルを運営しています。今までおっぱいをあげていたというお話、すばらしいと思いました。末っ子はいつまででも母乳を飲んでいていいという風習のある地域もあるようですね。

私どものサークルでは、先月に先生をお迎えして相談会をいたしました。そのときに、「世界では2歳まで母乳をあげましょう、といっています。2歳過ぎてもどうぞ、3歳過ぎてもどうぞ。それで何か問題が起こったということは、ひとつもありません」と教えていただき、みな自信を持ったのでした。
長く飲んでいた子どもは、卒乳後も腸内環境がいいことがわかっているそうです。自分でやめるのを待つ、という考えが今では主流ですね。

サークル内の卒乳した会員のお話を紹介しますと、
・好きな絵本を読んで、あと○回ねんねしたらおっぱいもばいばいだよ、と約束したら
すんなりばいばーい、とやめてくれた。
・次の子を妊娠し、つわりがひどく、授乳もつらいので、「おっぱいはやめてくれないかな」
と頼んだらやめてくれた。
・おっぱいに絵を描いてみせて、明るく「ばいばい」できた。
・あの木の花がさいたら(またはなくなったら)やめようね、と約束した。

などです。そのときは、おっぱいに代わるお母さんの愛情を別の形であらわすのがいいですね。絵本を読む約束をするとか。
でも、せっかくここまで飲んでいられたのに、幸せでない終わり方をするのはお子さんにとってかわいそうな気もします。ぜひ、お子さんが自ら納得するような方法で卒乳を迎えられるといいですね。

特別支援学校教諭:KAN

アドバイザー紹介

KAN
専門資格 特別支援学校教諭

3人の子どもがいます。母乳で育てた経験から、地元で母乳育児サークルを立ちあげてママさんたちと励まし合っています。特別支援学校の教員をしており、発達障害についてもお役に立てるかと思います。のんびり、ゆったり、楽しんで育児ができるよう応援します。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.