子どものカラダのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

車の振動で「揺さぶられっこ症候群」になる事もあるの?(4ヶ月)

小児科なんでも 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

車の振動で「揺さぶられっこ症候群」になる事もあるの?(4ヶ月)

息子が2ヶ月の時から住んでいる所が少し田舎という事もあり大きな病院に行く時や、どこか大きなスーパーやデパートに買い物に行く際、2時間以上車で移動をします。行きはチャイルドシートに乗せて、しかし帰りはぐずるので、危ないと分かりながらも抱っこをしていることもあります。
そのときに車の振動が子供の脳へどの程度影響を与えるのかを知りたいのです。「揺さぶられっこ症候群」になってしまう事もあるのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

結論から言って、車の振動などで起きることではありません。そもそも、チャイルドシートは振動を少なくするわけではありません。事故の際の身体の飛び出しなどを防ぐシートベルトと同じ役割です。

この症候群は、1972年に米国で虐待児症候群の1つとして報告[shakenbabysyndrome(SBS)]され知られるようになりました。2003年「小児科」3月号に掲載された、日本ではじめて報告した先生自身が書いた論文では、「わが国では筆者が1991年に1例学会報告し、1997年には小児科学会でSBSの3例を日本語で「揺さぶられつ子症候群」として報告したところ、マスコミにとりあげられ注目された」とあります。

つまり6年前には日本で3例、それも1人の医師が報告しただけで、まぁ、きわめて稀な事態ですが、その命名がいかにもわかりやすく、マスコミが飛びついてしまったわけです。そして、過大な不安を与え、育児方法にすら影響を与えているのです。その弊害の方が大きいし、それを心配され、検査を希望し、無用な検査を受けた赤ちゃんも多いでしょう。
もうすでに、マスコミもあまり言わなくなりましたが、少数ながら、こうした病態が存在することは事実で、育児書などには小さくでも触れざるを得ません。

さて、あらためて本症候群は、乳幼児(特に6ヶ月以下)を揺さぶることによって頭頸部が強く動揺し、その結果、頭蓋骨内で脳が動揺することによって頭蓋内出血と眼底出血が引き起こされるもので、結果、死亡、精神遅滞、視力障害を引き起こすといわれ、乳幼児突然死症候群(SIDS)のなかにも本症が含まれる可能性も指摘されています。
虐待や暴力的意図はなくても、あまりに泣き止まないので苛立ちのような感情から激しく揺すってしまう事、夫など男性があやす場合などは母親の場合と違って力が強いので、大人からすれば普通な事でも赤ちゃんにすればすごく負担になる事があるのではないか、まさにそのとおりかもしれませんが、つまり、虐待と全く関係のない日常の育児のなかでも、乱暴な取り扱いが結果的に本症を引き起こす可能性は否定できませんが、やや乱暴なあやし方や遊びは、大昔から親子が自然におこなってきたことです。そして、なにしろ今のところ頻度的に、きわめて稀です。

医学界ではよくあることですが、結果的に発表されたご本人が意図されたように扱われていません。著者ご自身も、その論文の最後に「過剰報道は問題である」と書かれていることもつけ加えておきましょう。

医師 小児科:桑折 紀昭
2008年8月18日

アドバイザー紹介

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする?どうした?夏の家族旅行
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.