トイレトレーニングのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

笑うとおしっこをもらしてしまう。受診するなら泌尿器科?(6歳)

トイレトレーニング 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

笑うとおしっこをもらしてしまう。受診するなら泌尿器科?(6歳)

6才の男の子です。笑うとおしっこをもらしてしまいます。私も子どもの頃、そういうことがありました。息子も学校で笑わされて、もらしたりしているようです。本人はまだあまり気にせず話すのですが、治るものなら治してあげたいと思います。
普段はおねしょなどはありません。受診するなら泌尿器科になるのでしょうか?膀胱炎などはないと思います。知り合いに筋肉の問題じゃないか?と言われました。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

おしっこに関するご質問ですね。おしっこに関係する筋肉としては、尿道括約筋というものがあります。
この括約筋がどれくらい働いていて、何か刺激が入った時にどのように変化するかなど身体的な部分や、時には心理的なことも関係することもあります。
年齢的に考えると、笑わされた時にもらすことがあるとは思いますが、もらすことでお子さんが自分で気にしてくるのも、心配ですよね。

おしっこ関係なので泌尿器科になるとは思いますが、お近くに小児科のある総合病院があれば、小児科を受診されてもいいかと思います。
小児科の医師にお話していただき、必要があれば泌尿器科も受診される。そうしていただくと心理的な部分、泌尿器的な部分、両方ご相談できるのではないでしょうか。

理学療法士:白熊

お子さまがおしっこを漏らしてしまう件、さぞやご心配なことと思います。お母さまとしては、お子さまが学校等で嫌な思いをなさるのではないかと思ってしまいますよね。
私は、医師ではないので、はっきりしたことは言えませんが、お子さまはまだ6歳ですから、排尿機能(排泄にかかわる筋肉等を含めて)は未成熟で、おしっこをもらしていることも考えられます。とは言ってもご心配でしょうから、専門医を受診なさったらいかがでしょうか?

年齢から考えて、小児科の専門病院に伺ったら良いと思われます。地域によっては、小児病院とか小児医療センターとか言われていると思います。
中には紹介しか扱わない病院もありますので、市町村の保健センターの保健師に一度電話でもかまいませんので、聴いてみてはいかがでしょうか?

こどもは夢中になると、おしっこをしたいという脳からの指令も忘れて、遊んでしまい、ついついお漏らしをしてしまうことはままあります。成長に伴って良くなっていくことも多いものです。
お母さまの経験上から、自然になおってしまうと思われますが、専門医に受診してみてはいかがでしょうか?

助産師 保健師:ペコ

アドバイザー紹介

白熊
専門資格 理学療法士

小児の医療機関の理学療法士(リハビリ関係の職業)です。お子さんの発達、特に運動の発達についてが専門になります。くび(頭)のすわり、お座り、はいはい、立っち、あんよなど運動発達の事で、気になる事があれば、お気軽にお話ください。少しでも、「ほっ」とするお時間ができれば、うれしいです。よろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

4

4

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

我が家のごほうび事情
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.