授乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

右は飲むが左を嫌がり、外出時に左のおっぱいだけパンパンに張る

母乳 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

右は飲むが左を嫌がり、外出時に左のおっぱいだけパンパンに張る

生後4ヶ月目の男の子がいます。不調なおっぱいも何とか完母で頑張って、現在体重が9kg近くまでになりました。ところで、最近右側はいつも通り飲んでくれるのですが、左側のおっぱいを嫌がるようになりました。
特に外出した時に左側だけパンパンに張りとても困っています。どなたかアドバイスいただけると助かります。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

左だけを嫌がるようになったという事ですが、おっぱい自体、「乳頭に白い点がある」「乳房に痛みを感じる」「乳房の一部分だけ、しこりができている」など変わりはありませんか?
何か変化があるようなら、乳腺が詰まりかかっているか、詰まっているかもしれないので、一度母乳外来もしくは助産院を受診するといいと思います。

赤ちゃんの口はとても敏感なので、乳腺が詰まりかけているだけで、左右の母乳の出が違うので、出のいい方を好んで飲む子もいるみたいです。
特におっぱい自体の変化がなければ、左は嫌がる分、古い母乳が溜まっていると思うので、まず搾乳して古い母乳を出しましょう。
古い母乳は味が落ちるみたいで、飲みが悪くなるお子さんもいるようです。

授乳をする時、嫌がる左から飲ませ、それから右を飲ませ、また左と、嫌がる方の授乳回数を増やしてみてはどうでしょうか。そうすることによって、母乳の循環が良くなると思います。
これからも、山あり谷ありで「困った」「辛い」って思う時もあるかもしれませんが、それだけではないので、肩の力を抜きつつお子さんとの時間を満喫してください。

先輩ママ:くんちゃん
2012年8月10日

きっとお子さんののみぐせが出てきたのでしょう。お近くに助産院などはありませんか。いちど、おっぱいに詳しい方にお子さんとの授乳場面を見ていただくとよくわかります。
医学的に「ラッチオン」という言葉があり、医師は授乳がきちんとできているかを見るなかに、しっかり母の乳首をくわえているか、母はしっかり子を支えているかを見るそうです。

左は乳首がちいさいのでしょうか。まだ4か月ですから、左から飲ませるようにさせるなどする工夫はほしいでしょうね。
私も左右で飲みやすさが違ったようで、1歳過ぎるころは右側だけで育ててました。左は工場生産中止になったようで、とくにトラブルはありませんでした。
少し乳首が固いのかもしれません。マッサージなどもいいですね。

特別支援学校教諭:KAN
2012年8月10日

体重は十分に増えていますので母乳は足りているのでしょうね。
おっぱいがパンパンに張っている時は飲みません。味も悪いし、吸わなくても出るので、赤ちゃんが嫌なんだと思います。張りを搾乳しておさめてから吸わせてください。
そして左右同じように吸わせてるように努力してください。また、片側だけの期間が短いので、大丈夫とは思いますが、根比べです。頑張って下さい。

助産師:奥田 朱美
2012年8月10日

アドバイザー紹介

くんちゃん
先輩ママ

一度流産をし、7年後に息子を出産。混合→完母、乳腺炎、断乳失敗の経験があり、息子は2歳8ヶ月から保育園へ。その当時はなかなか馴染めない息子に悩んだりもしました。色々大変ですが、仕事をしながらの育児も楽しいです。一人で全てを抱え込まないで、一緒に解決していけたらいいなぁと思います。些細な事でも気軽に相談してください。

KAN
専門資格 特別支援学校教諭

3人の子どもがいます。母乳で育てた経験から、地元で母乳育児サークルを立ちあげてママさんたちと励まし合っています。特別支援学校の教員をしており、発達障害についてもお役に立てるかと思います。のんびり、ゆったり、楽しんで育児ができるよう応援します。

奥田 朱美
専門資格 助産師

助産師歴33年、取り上げた赤ちゃんは1500名、母乳相談や、自然なお産、医師に相談出来ない話等の相談はどうぞ私へ!丁寧にお答えしたいと思います。著書「わらべうたベビーマッサージ」CD付き絵本 現代図書、「ぬくもりのあるお産をもとめて」悠飛社

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

サプリメントを利用していますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.