ママのストレスのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

息子がパパにベッタリなので「育児する気がなくなってしまう」とママ

ストレス ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

息子がパパにベッタリなので「育児する気がなくなってしまう」とママ

1歳3ヶ月の男の子のパパです。2ヶ月前ぐらいから、パパとママが一緒にいるときは、パパに抱っこを求めてきます。ママが抱っこしているときには泣いてしまい、パパに手を伸ばしてきます。その状態が2ヶ月続いていまして、最近そのことでママが何で私の抱っこじゃダメなのなど精神的に落ち込んでしまい、育児する気がなくなってしまうとつぶやきました。

ママと息子2人でいるときはいつも甘えてきてくれるそうなのですが、みんなでいるときは、パパにベッタリでママはそっちのけで寂しい思いをしています。パパが仕事から帰ってきたときも息子は嬉しそうに走ってきますが、ママが帰ってきたときには特に反応がありません。

どうしたら、息子はママのところに抱っこにいくのでしょうか?家庭環境は共働きで息子は保育園に通っている状況です!ママがすごく悩んでいまして、それをみているこっちも心が痛いです。何か解決策などございましたら、アドバイスお願いいたします。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

ご相談を読んで、いいパパだと思いました。子育てをママ任せにしていないし、ママも困ったことをちゃんとパパに言える、それを、パパが受け止めていてどうしたらと悩んでいる。もうそれだけで解決と思います。お子さんは、そんなパパ、ママの愛情を感じているのでしょうね。

1歳3ヶ月になると、自分の意志で行動できるようになりますし、気持ちも表すようにますますなってきます。パパがいるとパパに抱っこを求めるのは、パパとママを区別して選んでいるということなので発達の一つだと私は思います。しかも、その場の状況もわかって、どうしたらかわいがってもらえるかも感じとれるということではないでしょうか。

普段はママと接することが多いのでママ。パパが帰ってきたり日曜などはパパ。ママは世話をするだけではなく家事もしなくてはならないから100パーセントお子さんにかかわることはできない、パパは100パーセント自分に向き合ってくれることが分かっているのかもしれませんよ。

お子さんはしっかりパパとママの愛情を感じ安心感があるからこその発達の表れだと思います。ママも悲しまないで、パパが見ていてくれるから家事ができるわと思ってみてはいかがでしょう。逆に、ママではないとダメというときもあるかもしれませんよ。

保育士:よしよし
2012年10月17日

相談の件ですが、3歳頃までには、よくあることのようです。うちの場合(孫)は、1歳5ヶ月頃までは、パパとじゃないと寝ないし、お風呂もパパが一緒じゃないとグズっていました。ところが、ある日突然ママがいないと泣いて寝てくれなくなり、来月2歳を迎える今も、パパは手こずっています。

うちも、共働きで子どもは1歳前から保育園通いです。でも、昼間は誰とでも機嫌よく遊んでくれ、パパやママがいなくても大丈夫です。お子さんも、パパが居ない時は、ママと仲良しなら問題はありません。特に何がいけないとか、何か原因があるとかではなく、1歳と言えど色々な思いを抱えているので、気持ちを切り替えたり整理している時期だと思ってあげてください。

子どもが自らパパやママを比較することもありません。「ママがイヤ!」なのではなく、「パパがいい!」時期なんです。そこは、子どもの気持ちを尊重してあげましょうね。

ママへ***
「私よりパパの方がいいのね…」「ママだって、こんなに愛してるのに…」という思いは、子どもにも不安感を与えます。子どもはいつだって、パパやママの笑顔が大好きなんです。しょんぼりしてると、子どもは心配するけれど、どうしていいかわからなくて、近寄りがたくなっていきます。今はちょっと寂しいかも知れませんが、一時的なことだと思われますので、「ラッキー!今のうちにらくちんしちゃお~!」なんて、思っていれば大丈夫ですよ。その分、旦那さまのお世話をしてあげたり、家のことや料理、趣味に気持ちを向けられても良いと思います。***

パパもママに気兼ねせず、自然体でいいんです。これからのお子さんの成長のためにも、できるだけ笑顔いっぱいのパパ&ママでいてあげて下さいね。お二人の楽しい子育てを心から応援しています。

保育士:はっぴぃ
2012年10月26日

アドバイザー紹介

よしよし
専門資格 保育士

公立の保育園の保育士を30年以上してました。2人の男の子と1人女の子の孫がいます。孫は保育園に入っているので、病気の時は私の出番。娘の働きながらの子育てを援助しながら、月1回、タッチケアというベビーマッサージのワークショップを開いて、子どもと、親の心と体のふれあいの大切さを伝えています。また、妊婦さんと1歳未満のあかちゃんがいるママ同士が交流する「ひよこサロン」の スタッフもしています。子育ての先輩、保育士の経験、そしておばあちゃん世代として、お役に立てればと思います。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋の肌は
秋の肌は"洗う""塗る"の2ステップで! やさしさを考えた低刺激性処方の保湿ケア

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまへのクリスマスプレゼント事情
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.