夜の授乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

卒乳まで待つつもりでいたが、夜の授乳が辛く断乳すべきか迷っている

母乳 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

卒乳まで待つつもりでいたが、夜の授乳が辛く断乳すべきか迷っている

1歳3ヶ月の女の子です。未だに夜3時間おきに起きて母乳を欲しがります。背中をトントンしたり抱っこしても、おっぱいでないとダメなようです。昼は公園に行き、離乳食も3回となって離乳食後のおっぱいも必要なくなったので、夜はしっかり寝てくれるものと思っていました。

おっぱいは、お昼寝の時やその他の時でも欲しがる時にあげています。卒乳というのか、欲しがらなくなるまで続けたいと思っていましたが、夜に起きるのがこんなに長く続くと、私自身もうしんどい時があるので断乳したほうがいいのかと思っています。断乳は大泣きすると聞き、かわいそうとも思いますが、夜に「もっと寝て」と子どもに当たってしまうこともあり、それが嫌でどうしたらいいのかわかりません。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

1才3ヶ月での断乳はやや厳しいです。大泣きしますので、寝る前にベビーマッサージを習慣づけてはいかがでしょうか。よく寝るようになるといわれています。また、入眠まで40分かかっていたのが、1ヶ月で20分で寝るようになったと言うデーターもあります。これで寝るようになれば断乳も可能です。お試し下さい。

母乳の与え方ですが、母乳を飲ませている間は、夜間もほしがると思ってください。中には夜間少し時間の空く子どももいますが、基本的には夜間授乳があるので、乳房トラブルも少なく母乳分泌も良いわけです。でも、あなたが寝たいと言われるのでしたら、断乳をおすすめします。

助産師:奥田 朱美
2013年4月10日

夜中に授乳で起きるのはお辛いですよね。とくに冬の夜中の授乳は大変でしたね。離乳食後に母乳が必要なくなったのはすごいことだと思います。断乳については大変だったというお話をよく聞きますが、母親自身が断乳することを迷っているからなのではないかと思います。

断乳するのは少しさみしい気持がしますよね。ですから断乳はまずはママが決心することが最初ではないかと思います。私が行った方法をお伝えしたいと思います。

お嬢さまに1ヶ月後にはおっぱいやめると言うことを毎日、授乳の度にお話しして、最後の日は「今日でおっぱいは終わりね。」と言えば、それで断乳できると思います。断乳するのは大変だとか大泣きすると言う考えは持たないで、お嬢さまにお話するときにママ自身もやめられると信じてください。

子どもって不思議です。親の思いを心で察してくれるようです。きちんとお話してあげると理解してくれます。ママにとって、お嬢さまにとって、無理することなく断乳が出来るといいですね。

先輩ママ:さいあ
2013年4月10日

小学5年生になった息子も1歳頃は離乳食も食べましたが、一口二口食べてすぐ母乳を欲しがっていました。夜は母乳で寝ることがほとんどで、3~4時間おきにグズグズしてました。

1歳半頃は、夜の授乳は1,2回程になり、この時期断乳を決行しましたが、母子ともに辛く大泣きし3日で断念。その後、夜の授乳は1,2回と続きましたが、昼間の授乳回数はめっきり減り、2歳頃には自然と欲しがらなくなりました。

昼間の授乳回数も少なくなって、だいぶ育児が楽になってきた中で、夜の授乳で何度も起こされるのは疲れますよね。私も「夜の授乳、いつまで続くんだろう…。朝までぐっすり寝たい」と思った時期もありました。

1年以上も授乳に付き合えたんですもの。あとちょっとの辛抱です。卒乳までそう遠くではないと思うので、それまで「今日も遊びすぎちゃったかな?おっぱいで疲れを癒してね」くらいな気持ちでいきましょう。

先輩ママ:くんちゃん
2013年4月10日

アドバイザー紹介

奥田 朱美
専門資格 助産師

助産師歴33年、取り上げた赤ちゃんは1500名、母乳相談や、自然なお産、医師に相談出来ない話等の相談はどうぞ私へ!丁寧にお答えしたいと思います。著書「わらべうたベビーマッサージ」CD付き絵本 現代図書、「ぬくもりのあるお産をもとめて」悠飛社

さいあ
先輩ママ

母親になって母親ってこんなに楽しものなんだなって思います。毎日沢山の発見と楽しみがあります。子どもの笑顔を見ているのも大好きです。結婚する前は子ども英会話教室で子ども達に英語を教えていました。最近は地域の子育てに関する講座などを計画したりしています。子どもとともにいろいろなことを学んでいきたいなって思っています。

くんちゃん
先輩ママ

一度流産をし、7年後に息子を出産。混合→完母、乳腺炎、断乳失敗の経験があり、息子は2歳8ヶ月から保育園へ。その当時はなかなか馴染めない息子に悩んだりもしました。色々大変ですが、仕事をしながらの育児も楽しいです。一人で全てを抱え込まないで、一緒に解決していけたらいいなぁと思います。些細な事でも気軽に相談してください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『こども商品券500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.