ハッピー・ノート.com

子育ても落ち着いた。働き始めるなら今! の理由・・・/2014年1月

また働きたい!けど、不安もたくさん・・・!そんな時には

お子さんが幼稚園や小学校へ入学するなど、育児も少し落ち着いてくると、今まで子どものことにかかりっきりだった自分自身のことにも自然と意識が向いてきます。仕事復帰したい時、時間の使い方や、家事・育児との両立、何より仕事の感覚を取り戻すことなど、気になることは多いのではないでしょうか。これらの課題を全てクリアして、就職活動から採用に至るのはハードルが高く感じられるかもしれません。

 

自分の目指す姿と今の自分とのギャップがある時、目標に向けてステップを踏むという考え方があります。これからやることを身近なステップとして整理してみると、一つひとつのハードルは意外と高くないこともあります。身近なステップがわかれば、あとは行動あるのみ!です。両立ママの職場復帰は難しいと言われますが、少し流れは変わってきています。最近は一度退職した女性の再就職を後押しする取り組みも増えてきています。今回は再就職までのステップとして、是非活用してみたい制度や講座をご紹介していきたいと思います。

働く体験ができる!?本採用にもつながる、主婦インターンシップの制度

退職してブランクが長い時や、育児との両立が不安で働きたいけど踏み出せない時、少しの時間からでも、小さな一歩を踏み出すことをおすすめしたいと思います。例えば、いきなりフルタイムでの復帰が難しいのであれば、時短勤務や週3日勤務からでも良いのです。特にブランクが長い場合にこそ、小さなステップから無理なく働くことで、職場からの信頼を得ながら、両立していく自信をつけていくことができます。

 

小さなステップから働く、柔軟な働き方を実現する1つに「主婦のインターンシップ」があります。インターンシップとは、もともと大学生が在学中に自らの専攻や将来の進路と関連した就業体験をする制度ですが、この制度を育児や介護などでブランクのある方を対象に国も後押ししています。名称を「中小企業新戦力発掘プロジェクト」(※)といい、正社員での就業経験が2年間必要にはなりますが、1日4時間、週3日からの柔軟な働き方で働く経験を積むことができるのが特徴です。就労体験としても活用できますが、何よりお互いの合意で本採用にも直結します。
(※)主婦インターンプロジェクトの受付は、今年度2014年2月16日の申し込みまで(2014年1月10日時点情報)となります。1月も説明会や相談会が行われています。関心のある方は各地域のコーディネイト機関(連絡先は、下記お知らせ欄を参照)へお問合せください。
 
また、育児離職ママの正社員復帰の後押しとして、2014年3月から「トライアル雇用」の企業への奨励金が育児で離職した女性へと対象が広がります。このことで、働く側は3ヶ月の雇用契約の後に正社員に移行する制度を利用することができます。これらのトライアル雇用を実施している企業は、全国のハローワークや民間の職業相談窓口で紹介を受けることができます。正社員採用をめざして雇われる側にも企業側にもメリットのある採用の方法です。
本格的な就職支援も受けられる、離職した女性に特化した再就職支援講座

復職までに、働く上で必要なスキルや情報を身につけておくこと。これも再就職までの一つのステップです。必要な資格を取る、働きたい業種や職業の状況を調べるなどです。公共の施設や民間の人材紹介会社では女性の再就職に特化した講座も開催されています。

 

例えば、各地域のハローワークやお仕事センター、中でも女性向けに特化した「マザーズハローワーク」(またはハローワークのマザーズコーナー)では、PC講座や職務経歴書の書き方、面接対策などが託児付きで行われています。実際に訪れると、ベビーベッドやキッズスペースを設けてあり、子連れでも訪れやすい工夫や声掛けなどの配慮がされてます。地域の保育園の情報提供や、求人には育児との両立に理解がある企業や、フルタイム以外の柔軟な働き方に対応したものまで、子育て世代に沿ったサービスが提供されています。最近では、再就職活動の支援として面接のスーツ貸し出しサービスも行われています。現在全国に13カ所あるマザーズハローワーク(ハローワークのマザーコーナーは全国164カ所)は、2014年度春より拡充して、相談員の数も充実される予定です。
 
また、本格的な主婦の再就職支援として注目しているプログラムがあります。大学などの教育機関で行われている主婦向けの再就職講座です。育児や介護で離職した女性を戦力にと、本格的に学び直しのプログラムが組まれています。関西学院大学や日本女子大学などでは、2007年に始まった講座が高い再就職率として成果に出てきています。講座は専門に特化した内容も多いですが、ビジネスニーズに合わせた講座が用意され、合同説明会など就職活動の細やかな支援もあります。半年から1年間の充実したプログラムのため、さすがに受講料金は少し値が張りますが、身につけたい経験と合うカリキュラムがあれば是非おすすめしたい講座です。
さいごに・・・実は、育児経験でパワーアップ!? 自分の強みも目を向けて

今回、育児などでブランクがある女性の再就職の方にぜひ再就職までのステップとして活用していただきたい制度や施設についてご紹介しました。最近感じるのは、女性の再就職を後押しする動きが、特に活発になってきているということです。後押しが充実している今だからこそ、制度も上手く活用して再就職を実現していってほしいと思います。

 

さいごに・・・子育て両立世代が再就職を目指す時、ひとつ忘れずに持っていたい視点があります。「ブランクがあることや育児経験はハンディという面だけではない」ということです。働く上での自分自身の強みと弱みを整理してみると、育児など普段の生活で経験したことの中に、働いているだけでは得られなかった視点があるはずです。そんなプラスの面にも目を向けて自信を持って採用の場面や、働く場で活かしていってください。出産や育児の経験を仕事に活かしていくことが、キャリアの個性にもつながります。

Information/お知らせ

◆主婦のインターン「中小企業新戦力発掘プロジェクト」(※1)について

http://www.shinsenryoku.org

(※1)各地域コーディネイト機関の連絡先

http://www.shinsenryoku.org/contact2.html

 

◆「マザーズハローワーク」について

http://www.mhlw.go.jp/kyujin/dl/mother_pamphlet.pdf

Mama's profile/プロフィール

佐藤 若紗

佐藤 若紗 【キャリア・カウンセラー ㈱キャリア・マム 新規事業担当】

記事テーマ

出産をきっかけに作ろう「働き方マップ」〜ママだからこそ、自信を持って両立を!〜

子育て世代のママが出産を機に考える事が多い、「育児と仕事の両立」について、出産しても働きたいママが今後のキャリアを築いていくヒントをお届けします。 在宅勤務や時短などの多様な働き方から、使ってみたい便利サービス、ママ視点を活かした働き方など、知っておきたい仕事のあれこれから、保活やママ友づくりなど産後のリアルな体験までお伝えしていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/佐藤 若紗さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ