ハッピー・ノート.com

【時短美容】寝転がって出来る超ミニマム腹筋法/2017年6月

ミニマム運動って何?

モノを極限まで減らした暮らしをされている方を「ミニマリスト」というそうです。

ミニマムとは、簡単に言うならば最小限主義のこと!

 

必要最低限で快適に生きる方のコトをミニマリストというのならば、ある意味私自身もボディケアのミニマリストかもしれません。

 

【最小限の動きで最大限の運動】

それが私の提案する超ミニマム運動法です。

最小限にこだわり、寝転がってみた
先月号では立って行う
「バンザイ」をするだけの簡単超ミニマム腹筋法を紹介させて頂きました。
 
今月は、立って行うのは大変なので
もう寝っ転がっちゃいましょう!!
 
  • 仰向けになり膝を立てます
  IMG_20160621_151209.jpg
※写真のように足の裏はしっかりとつけましょう。
  
  • 仙骨の下に枕を入れる

2016-06-21_15_26_41.jpg

※枕は腰の下に入れるのではなく、仙骨の下に入れましょう。

どうして腰の下ではなく仙骨の下なのか

通常、ヒトは両膝を立てた状態で横になると

  • 腰椎はまっすぐになる
  • 仙骨は床に対して平行となる
  • 骨盤は後傾する

 

しかし

 

2016-06-21_15_36_44.jpg

仰向けの状態で腰椎の下に枕を入れてしまうと、腰椎の前弯が強くなり腰への負担となりかねません。

 

仙骨の下に枕を入れることにより

腰椎は生理的前弯が生まれ、骨盤は適度に前傾をする。

 

すると仰向けの状態でも骨盤に前傾し恥骨結合が下方に下がり、そこに付いてくる腹直筋が効率よく働く様になります。

それではミニマム運動始めましょう!

DSC_1001.JPG

仰向けに横になり

 

2016-06-21-17-21-19-476.jpg

仙骨の下に折りたたんだタオルを入れ

 

IMG_20160621_175740.jpg

 バンザイをしましょう。(写真のように腰のラインがまっすぐになるように行います)

 

この時、手首を下の写真のようにつかみ引き上げるように行うとお腹の筋肉へのアプローチがアップします。

54-0.jpg
 

 

腕を上げると腹直筋が働きやすくなるお話は1つ前の記事に書かせていただきました。両腕を上げる意味が詳しく知りたい方はそちらの記事もご一緒にお読みください。

http://www.happy-note.com/shine/313/post_5.html 

今回のポイント

① 仰向けで両膝を立てて行う

②腰椎ではなく、仙骨の下に枕(折りたたんだタオル)を入れて行う

③両腕をしっかりと上方に引き上げる(全力でバンザイをする)

④少し負荷をアップしたい場合は自ら腕を引き上げる

 

寝転がってもできる超ミニマム腹筋法。よかったらお試しください。

皆様の思った以上にお腹の筋肉が働くのを感じられると思いますよ。


 

Information/お知らせ

5月より、ぎゅって byあんふぁんにて

【時短美容 ~簡単!今すぐ始められるチョイ足しエクササイズ~】として

ミニマム運動の動画による配信をすることになりました。

https://gyutte.jp/1462

今週は

【一歩も動かないウォーキング法】を紹介しています

どうぞよろしくお願い致します。 


 

Mama's profile/プロフィール

光永 雅代

光永 雅代 ー柔道整復師ー

記事テーマ

簡単!寝るだけ座るだけでもOK。超ミニマムなダイエット法

柔道整復師として得た知識に主婦の知恵をプラスした、誰でも今すぐに始められる運動やケア方法を提案していきます。寝転がるだけ、座るだけでOK!日常にちょっとだけアレンジ加えるだけで運動になってしまう光永流のミニマムケア。忙しいママ必見です!!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/光永 雅代さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ