お友だちとの関わりのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

おもちゃの取り合いで、お友だちの顔に掴みかかるように(1歳3ヶ月)

お友だち 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

おもちゃの取り合いで、お友だちの顔に掴みかかるように(1歳3ヶ月)

1歳3ヶ月の女の子です。最近お友達と遊ぶ機会が増えたのですが、おもちゃの取り合いをするようになり相手のお友達におもちゃを取られると、顔(特に目のあたり)に掴みかかるようになり悩んでいます。

すぐに手を離させるようにしているのですが、とっさのことでお友達に引っかき傷をつくってしまうこともあります。
その場で私がその子とお母さんに謝っているのですが娘に「ダメだよ」と言ってもわかっているのかいないのかという状況です。
このままではお友達がいなくなってしまうのではと心配です。どう対処していったらいいのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

うちの長男も、1歳6ヶ月ぐらいが一番、お友だちと上手に遊べない時期でしたよ。おもちゃの取り合いになると、髪を引っ張ったり、引っ掻いたりしました。
言葉で気持ちが表現できないから、すぐ手が出ちゃうんでしょうね。私もその時期は、公園や児童館で、謝りまくっていましたよ。

いとこに、思いどおりにならないと、いつも噛みつく子がいました。(当時、1歳6ヶ月ぐらい)我が子の方が、9ヶ月ぐらい大きいので、おもちゃの取り合いは、どうしても 我が子の勝ち。
すると、肩や手などを「がぶっ」と噛まれ、歯形はつくし、時には出血もしてました。

泣く我が子を、可哀想だなあと思いましたが、お互い様の部分もかなりあるので(押し倒したりもするし)、仕方ないと思ってました。
そして、その子のママも、近所のお友だちにも噛みつくので、「お友だちがいなくなってしまう~」と、かなり悩んでました。

今出来ることは、見ていて、引っ掻きそうになったら止めに入ることと、相手に謝ること(相手のママも、謝られたら「仕方ないか」 と思うハズです)。
そして、子どもには気長に、「おもちゃが欲しかったんだね。でもその時は、「貸して」って言おうね。お顔を引っ掻かれると、お友だちが「痛い、痛い」だよ。○○ちゃんも引っ掻かれたら、痛いよね~!」とか、子どもの気持ちもくみとりながら、繰り返し、悪い事だと言うことを教えていくしかないですね。

今、そのいとこは、2歳半になり、噛むこともなくなりましたよ。でも、噛まれている時から、子どもたちはずっと仲良しでしたし、子どもたち同士は、そんなに気にしませんよ。(問題はママ関係かな?)それに、何回も会って仲良しになると、ぐっとケンカも減ります。

うちは、男の子なので、男同士ならケンカも仕方ないか、という感じでしたが、女の子の顔に傷を作るのはちょっと困るかな。
お母さん同士の関係も、微妙なところがありますが、(前述のママは、近所のお友だち関係も無事続いています)言葉が上達していくにつれ、引っ掻くことも少なくなると思います。
大変な時期ですが、頑張って下さいね。

先輩ママ:かずママ

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.