ママの人間関係のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

遊んでいた息子が女の子にケガをさせ病院に。お詫びはどうすれば?

ママの人間関係 ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

遊んでいた息子が女の子にケガをさせ病院に。お詫びはどうすれば?

公民館で「畑で遊ぼう」という企画があり、マンション住まいで自然と触れ合うことが少ないため、6歳の双子の息子のために参加することにしました。三男出産後、初めて外に出て友人と会ったこともあり話をしていると、公民館の人に「お子さん、お友達にけがさせちゃったみたい」と言われ、行ってみると、みんなで遊んでいて井戸の取っ手が女の子の目の上にぶつかっちゃったとのことでした。

女の子とそのお母さんに息子と謝り、女の子の目を冷やしたりしていました。病院に行っている間、下のお子さんと一緒に遊んだりしながら待っていました。治療費お支払いしますと言うと、市の乳幼児医療免除の対象年齢なので大丈夫ですと言われ、そのまま何回も謝り帰宅しました。

帰ってからもやはり気になり、電話で様子を聞くと、「2倍くらいに腫れちゃっていますが、元気です」とのこと。菓子折を持って謝りにいこうかとも思ったのですが、夫にそれ以上やるとしつこいよと言われ、また私自身が発熱し、1ヶ月経ってしまいました。あの対応でよかったのかと思い悩んでいます。

また畑でお会いするのですが、なんだか会いづらい気持ちもあります。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

「畑であそぼう」素敵な企画ですよね。中々自然と触れ合う機会が少ないお子さんにと、ご出産後思いきって出かけた所が、大変でしたね。
ご参考までに、ぶつかったり、あたったりした時は、冷たいお水で冷やすと腫れたり、こぶが出来たりする事は避けられます。(ナイロン袋に氷と水を少し入れ、濡らしたタオルにはさんで冷やします)お子様も故意にしたことではなく、遊びの中での事、お子様も複雑な思いをされてしまったと思います。
お母様が現場を見ていれば、その時の様子も理解出来、後悔もないと思いますが、見ていない所での事、いつまでも心に残るのでしょう。

きっと女の子のお母様もご理解なさって下さっていると思いますが、折を見て、「よくなられましたか」とお尋ねしがてら、女の子の喜びそうな髪飾りとか、折り紙等ちょっとしたものをお持ちされたほうがいいと思います。(遊びでの事ですので、たくさんはしなくていいと思います)
そうする事によって又お会いした時も、気持ちよくご挨拶も出切ると思いますし、お母様のお気持ちも落ち着かれるのでは。
いつまでも残っていると、6歳のお子様も可愛そうですし、何よりお母様の産後の肥立ちにもよくありませんし、なるべく早く終わりにしてあげるといいですね。
それから公民館の方にも一言ご挨拶なさっておくと、次回から参加もしやすくなると思いますよ。

子どもが成長する上にはこんな事は良くあること、反対の立場になる事もありますし、子どもは遊びの中で色々な事を経験しながら、成長するのですから、マイナスにはとらないで、又叱らないで理解をしてあげる事も大切です。
きっと周りの状況も見ながら判断できる子どもに成長されると思いますよ。

保育士:順

お友達にけがをさせてしまった時、その後のことは本当に心配ですね。また、その時はあわててしまっていて、後になってあの対応でよかったのかも気になりますよね。
ご相談の内容を拝見する限りでは、十分に相手の方への配慮や対応がされていると思います。今後畑でお会いする機会があった時に、様子をうかがう程度でよいのではと思います。

お母様が心配の余り気にしすぎると、けがをさせてしまったお子様への影響が懸念されます。
子供同士の遊びの中でのけがですし、その時にお子様も一緒に謝られたとのこと。また、その時を含めお母様は十分な対応をされたのですから、これ以上は気にされないで、お子様の遊びの様子や心の成長を見守ってあげられるとよいですね。

保育士:teddy

アドバイザー紹介

専門資格 保育士

25年の保育士経験後、念願だった子どものペンションを開業致しています。核家族の中で一生懸命子育てをされているお父様お母様方に、保育士の経験、自身の子育ての経験等をいかし、少しでも子育てのお手伝いが出来ればとアドバイザーをさせて頂いております順と申します。どうぞよろしくお願い致します。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママが興味ある資格・スキルは?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.