教育費のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもの教育費っていったいいくらかかるの?

FP福耳先生の家計見直し

(2011年 春号 掲載)

子どもの教育費って
いったいいくらかかるの?

 春です! 新品のカバンと制服が初々しい新入生、着慣れないスーツに、少し緊張した表情の新社会人…etc。街は新しいステージへ踏み出す人々でいっぱいです。あなたのお子さまも遠からず保育園や幼稚園、やがて小学校へ通う日がやってきます。そこで気になるのが教育費。私のところに相談に来る方の中でも、「子どもの教育資金」は非常に関心の高いテーマです。

 下の表は、幼稚園から大学まで、在学期間に平均でどのくらい教育費が必要かを「私立」「公立」で計算したものです。文部科学省の平成19年の調査を整理してみました。

[画像の拡大]

なかなかお目にかかれない
教育費のリアルな実態とは?

 グラフを単純に計算すると、一番お金がかからない進学コース(ずっと公立の学校で幼稚園~高校まで学び、大学は国立大学へ進んだ場合)でも1093万円もかかる事になります! お子さま1人につき、1000万円以上かかる訳ですから、「子どもの教育費ってかなりかかる!」ということがわかると思います。ただし、この文部科学省のデータ、実際にご覧になったことがある方も多いと思いますが、結構ありふれているんですよね…。新聞や雑誌でもよく紹介されていますし、保険会社のパンフレットなどにもよく載っているデータです。この平均値のデータからでは「教育費として、具体的に何にいくらかかったの?」というリアルな実態は見えにくいと思います。

 そこで、私のお客様のある2家族に「教育費について実際に何にいくらかかったか?」を教えていただきました。ご本人了解のもと、Aさん、Bさんと伏せたうえで、本当にリアルな情報・数字を紹介させていただきます。

Aさんご家族(神奈川県在住)
パパ(37歳) ママ(36歳)
長男(3歳・男の子・私立幼稚園年少)
の3人家族

[画像の拡大]

 Aさんご家族の教育費ですが、毎月、幼稚園に3万円ほど、習い事に2万6,000円ほど、合計で5~6万円の教育費がかかっています。それ以外に入園に17万円程度、スイミングの入会に1万円程度かかっています。これから私立の幼稚園に通わせようと思っているママ・パパは、今までの生活費にプラス月々5万円程度を覚悟しておかなければなりませんね。

Bさんご家族(東京都在住)
パパ(45歳) ママ(41歳)
長男(13歳・中高一貫の私立中学校1年生)
長女(11歳・公立小学校5年生)の4人家族

[画像の拡大]

 Bさんご家族のケースですが、長男の教育費は、さすがに私立の6年一貫教育の中学校だけあり、通学定期代やクラブ活動も含めて毎月6万円の教育費がかかっています。入学までにかかる費用も合計で70万円前後です。これは大きな出費ですね。

 一方、長女は公立小学校です。月々にかかる費用は7,000円前後です。小学校にかかる費用は大きくありませんね。しかし、塾や習い事に通うお子さまも多いと思います。そのための費用はかなりかかりますね。

入園・入学前じゃもう遅い!
事前シミュレーションが大切

 いかがでしょうか? Aさん・Bさん2家族の実例を見てきましたが、イメージは沸きましたか? 地域や学校によっても授業料などは異なるので、ほんのひとつの事例に過ぎませんが、このリアルな金額をもとに「今の生活費に、月々5万円の教育費の負担が増えたら…」と想像してみるだけでも、将来のお金のシミュレーションができますよね。もしも「大丈夫かしら…?」と感じたママ・パパは、少しずつでもいいので、今から準備を始めたほうがよいかもしれません。

「教育資金を貯める=学資保険」と思うママ・パパもいらっしゃると思います。学資保険もよい方法のひとつだと思います。ただ、それ以外にもよい手段はありますので、ぜひ、たくさんの選択肢の中から、自分たち家族の考えに合ったものをチョイスしてくださいね。

福耳先生

FP(ファイナンシャル・プランナー)。2級ファイナンシャル技能士(国家資格)。日本国内だけではなく香港・スイスの金融事情にも通じる国際派FP。「あなたが人生・いのちの主人公、お金は使うためのもの」がモットー。やさしい言葉でお金の本質を伝えます!

福耳先生

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

7

0

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

FP福耳先生の家計見直し 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

キッチンの衛生対策どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.