ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

「住宅ローンを上手に"買う"には!?」さあどうする?

FP福耳先生の家計見直し

(2010年 夏号 掲載)

昨今の景気事情や住宅エコポイント制度のスタートなど
世間では住まいを求めやすい状況にあります。
せっかくのこの機会、住まいについてご家族で一度検討してみませんか?
今回は福耳先生といっしょに“住宅ローン”について考えてみましょう!!

皆さんのお家はどんなお住まいですか?

突然ですが、皆さんは賃貸ですか?持ち家ですか?アパートですか?マンションですか?一戸建てですか? 住まいは、家族が集い、安らぐ場所であり、子どもたちが成長していく人生の重要なステージです。″住まい〟や″住環境〟に関心を持っているママ・パパも多いのではないでしょうか?

実際にいざ「住まいを買おう!」と思ったとき、多くの方が住宅ローンを活用することになると思います。

そこで皆さんに質問です!

例えば、あなたが住まいを購入するとき、住宅ローンの金利はどのようなタイプを選びますか?

下の①~④の中から一つだけ選んでください。また、それを選んだ理由も一緒に考えてください。

①固定金利

②変動金利

③半分を固定金利、半分を変動金利

④そもそも賃貸派だからローンは組まない

ぜひ、ママ・パパで考えてみてください。もう住まいを購入済みの方も「これから新たに住宅ローンを組むとしたら…」と仮定して考えてみてください。

ちなみに、①~④を選ぶ人の傾向や特徴を下に示しておきます。自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

[画像の拡大]

自分に合ったローンを考えてみましょう。

さて、いかがでしょう? どんな答えが出ましたか?

もちろんこの問題には正解がありません。固定金利も変動金利も″利点あり・欠点あり〟です。また、単純に金利だけではなく、さまざまな金利優遇や特典なども金融機関ごとにいろいろあり″マンションや不動産の営業マンが勧める住宅ローンを言われるがままに組む〟のではなく、″さまざまな住宅ローンの中から自分に合ったものを選び買う〟のが、今の時代。たくさんある中から選べます。自分なりの考えやこだわりなど選ぶ根拠がないと、″自分に合ったローン〟とは異なるものを買うことになりかねないので注意してください

では、″自分に合ったローン〟とは何でしょう? それを考えるヒントは、お金を貸す側の金融機関の立場で考えてみることです。住宅ローンも立派な借金です。たとえば同じ1000万円の借り入れ(借金)をするにしても、担保の有無、借りたお金の利用目的(事業用か、住宅購入か、車の購入か…)などの要素で適用される金利は全く変わってきます。

お金が借りられる金融機関

●銀行

●信用金庫

●信販会社 など

固定金利と変動金利の″一長一短〟を見極めましょう

貸す側の金融機関(銀行・信用金庫や信販会社など)からすれば、一番困るのは″借金を返済してもらえず、お金を回収できないこと〟です。つまり、お金を回収できないという可能性が小さい借金、キチンと返してもらえる確率の高い借金ほど、貸す側の金融機関にとっては良いお客さまなわけです。良いお客さまを集めるにはより有利な条件でサービスをしてあげたい…。それが金利や借り入れできる金額に反映されるわけです。金利が低ければ、月々の返済額が少なくなります。たとえば、同じ1000万円の借金という金融商品をより安く″買える〟わけです。

変動金利のローンの方が、固定金利のローンより金利が低めに設定されているのは、変動金利の方が貸す側の金融機関にとってはありがたい、つまり変動金利を選んでくれるお客さんは良いお客さまということだから。なぜかというと、″世の中の金利が変化する〟というリスクを借りる側のお客さまに負ってもらえるからです。固定金利か?変動金利か?だけでなく、貸す側の金融機関にとって有利な要素が多いほど、ローンを安く買えます。

固定金利?変動金利?

固定金利のメリット

●変動金利に比べ、金利が安定
→ローリスク

固定金利のデメリット

●金利が下降しても安くはならない
→ローリターン

変動金利のメリット

●固定金利に比べ、金利が安くなることも
→ハイリターン

変動金利のデメリット

●金利が上昇すると、支払額も増える
→ハイリスク

例を挙げると、″自己資金(頭金)が多く用意できる〟ことで金利が優遇されたり″その金融機関に口座があり、定期預金をしている〟ことで金利が優遇されたり、″インターネットの手続きをする(=人件費や事務処理が少なくて済む)〟ことで金利が優遇される、といったものです。貸す側の金融機関にとって有利なことは、借りる側の私たちにとっては不利になるかもしれない可能性があることです。たとえば、″変動金利のローンで金利が上昇し、月々の返済額が多くなってしまう可能性があること〟がそれに当たります。その″不利になるかもしれない可能性〟を自分が受け入れられるか、受け入れられないか…。それを判断することが、自分に合った住宅ローンを買うポイントです。

住宅ローンだけではなく、教育ローンや自動車ローンなど、お金を借りるときにもぜひこのことを考えてみてください。そして、自分にピッタリのローンを選んでくださいね。

福耳先生

FP(ファイナンシャル・プランナー)。2級ファイナンシャル技能士(国家資格)。日本国内だけではなく香港・スイスの金融事情にも通じる国際派FP。「あなたが人生・いのちの主人公、お金は使うためのもの」がモットー。やさしい言葉でお金の本質を伝えます!

福耳先生

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

FP福耳先生の家計見直し 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どんなクリスマスケーキにする?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.