子どもの病気のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

小児科でもらった薬のパッケージを見ただけで逃げてしまう

発熱、かぜ 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

小児科でもらった薬のパッケージを見ただけで逃げてしまう

2歳2ケ月になる男の子です。5月から保育園に通うようになり、鼻水や痰がからんだ咳をして小児科で薬をもらいましたが、この薬の服用が大変で、アイスやヨーグルトなどに混ぜて飲ませたりするんですが、最近は、パッケージを見ただけで逃げてしまいます。
今は病気であることや、これを飲むと楽になって元気になることなどを話しますが効果なく、嫌々、飲ませている日々です。親子ともども、嫌な気持ちにならず、スムーズに薬を飲む方法などありませんでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

2歳くらいだと、しっかり説明してもなかなか聞いてもらえない「いやいや」の時期なので薬を飲ませるのが本当に大変だと思います。それに保育園に入ったばかりで生活も大きく変わってお子さんもついていくのがやっとだと思います。
それに鼻水が出て体調も万全とはいえないとなると「いやいや」は更に↑MAX↑になるでしょう。パッケージを見るだけで逃げてしまうとはかなり手ごわいです…。

粉っぽいのが嫌ならシロップの水薬に変更してみるのもよいかもしれません。しかし水薬に変えられない薬ならば仕方が無いです。
薬をもらったときの説明では飲みやすくする工夫として、アイスクリームやヨーグルトが紹介されたようですが、冷たかったり酸っぱかったりで意外に飲みにくいこともあります。

イチゴにかける練乳、水あめ、ココアが私のお勧めです。練乳や水あめは一口に入る量で1回分の薬を混ぜて飲ませられます。冷たくもなく甘くておいしいです。
しかし薬のつぶつぶは溶けないので混ぜるだけです。苦味の強い抗生剤はココアの苦味で隠されてココア風味が良い感じで飲めます。
市販の「おくすりのめたね」は粉薬を何回かに分けてのせてくるむのがコツです。

それと、よほどでない限り1回分全部きれいに飲ませようとしないことです。お医者さんも容器に残ったりするなど想定して若干多めに粉を調整してくれているので、飲みのこしがあっても神経質にならないことです。1回分全部飲みきらなくてはとママが頑張るとお子さんも嫌がってしまいます。
今はちょっとでも飲めたら褒めてあげてください。がんばれるキッカケがつかめたら、薬だけでなくいろんなことにも向かっていけることでしょう。参考になれば幸いです。

薬剤師:ねこにゃん
2012年5月25日

いまは、専用のゼリーなども薬局で売られているようですので、これを利用されるという手もあります。お薬をゼリーなどにはさんでお口に入れてあげる場合、薬をはさんでいない何か(ゼリーなど)美味しいものを直前にひとくちあげておくと、より良いかもしれません。

ほかに、あまり満腹でないときのほうが飲んでくれる確率が高そうなこと、何かに混ぜるときは早くから練ったり溶かしたりして混ぜておかないこと(薬が変質し効果が薄れてしまう可能性があるので)などが言われています。

ママはきっと真面目なかたなのでしょうね。ものごとをなんでもきちんとやり遂げないと気がすまない。でも、お子さんはまだ小さいので、むしろママが「幼児レベル」になったほうが、うまくいくこともあるのではないでしょうか。
たとえば、お薬入りヨーグルトをのせたスプーンを飛行機に見立てて「○○くんのお口に入っていきますよ~」など。お子さんが気づかず遊んでいるうちにお薬を飲んでしまったというふうに…。

臨床心理士:もとアリジゴク
2012年5月25日

アドバイザー紹介

ねこにゃん
専門資格 薬剤師

薬剤師で2児のママです。妊婦さんを含めたおかあさんおとうさん、おこさん家族みんなのくすりについてのギモンはもちろん、いろんな育児相談にお答えしています。予防接種についてもお答えしますのでよろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お友達の家に遊びに行ってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.