ママのストレスのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

怒ってばかりいる自分が嫌、育児にも自信をなくしてしまっている

ストレス ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

怒ってばかりいる自分が嫌、育児にも自信をなくしてしまっている

2歳の娘が夜中でも構わず突然奇声をあげるので、近所に迷惑がかかってしまってるんじゃないかと心配でなりません。怒ってばかりいる自分が嫌になり、育児に自信をなくしてしまっています。どう対応したらよいのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

2歳のころは自分でできることがどんどん増えて、外の世界にもますます興味が出てくる時ですよね。その分、危険なことや注意が必要なことも増えてきて、叱ることも増えてきます。叱ることが増えていくと、どうしても自分が口うるさい親になっている気がして、落ち込む事も多いですよね。

そこでなんですが、お子さんにいろいろな事を伝える時に、「否定形→肯定形」にするというのはどうでしょうか?「走らないで」→「歩こうね」「飛び出したらだめよ」→「一回とまろうね」のような感じで、「~~だめよ、しないで」という形でお子さんに伝えるのではなく、具体的にどうしてほしいかをそのまま伝える方法です。

怒ってばかりいると書かれていますが、大きな声を出されるお子さんのこと、そして、お子さんへのご自身の態度について考えられていること。とても素敵なママさんだと思いますよ。お子さんが大きな声を出されることについてですが、ご近所のことも気にされながらだとママのストレスもかなりのものになります。

他にも何かご心配されていることがあれば、地域の保健師さんや医療機関などにお子さんと一緒にお話にいかれるのも一つの方法だと思います。お子さんのご相談だけでなく、ご家族のストレスをできるだけ少なくする方法を一緒に考えていくのも、私たちスタッフの大切な役割の一つです。

理学療法士:白熊
2012年7月 2日

幼児が奇声をあげるのは、まだ言葉がうまくあやつれないので、言葉で伝えるかわり、という面もあるようです。ということは、何でもじょうずにおしゃべりできる年頃になれば、自然に減っていく現象と考えていいかもしれませんね。

とはいえ、子どもが奇声をあげるのは、おうおうにして普段から緊張が高かったり不安が強かったりする環境にいるからだとも言われていたりします。ひとつ、提案ですが、日常の場面場面で、お嬢さんの感情を認める言葉をしっかり掛けてあげるというのを試してごらんになってはいかがでしょうか。

感情というのは主に負の感情で、たとえば「イヤなんだね」「嫌いなんだ」「くやしいね」「恐かったね」などと言ってあげるのです。子どもは、身近なおとなに自分の感情を認められて育つと、「自分はこれでいいんだ」という自信が持て、心の安定したおとなになれるのだそうです。

でも、だからといって、お嬢さんが「イヤだ」と言ったときママの用事が済ませられないというのでは困りますよね。そんなときは、「イヤなんだね」と、いったんお嬢さんの気持ちをしっかり認めてあげたうえで、「でも、ママは今…」と、おとなの都合もざっと説明し、てきぱき行動されるといいそうです。

言葉はわからなくても、ママの表情など全体的な雰囲気で幼児はおおよその事情を察するとの説もあります。ご近所には、一度「子どもの声がうるさくないですか?すみません」と謝っておかれてはいかがでしょうか。

臨床心理士:もとアリジゴク
2012年7月 2日

アドバイザー紹介

白熊
専門資格 理学療法士

小児の医療機関の理学療法士(リハビリ関係の職業)です。お子さんの発達、特に運動の発達についてが専門になります。くび(頭)のすわり、お座り、はいはい、立っち、あんよなど運動発達の事で、気になる事があれば、お気軽にお話ください。少しでも、「ほっ」とするお時間ができれば、うれしいです。よろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お友達の家に遊びに行ってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.