スキンケアのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

春の赤ちゃんのスキンケア

皮ふ・スキンケア 子どもの病気 教えて!ドクター

(2017年 春号 掲載)

花粉などの刺激から赤ちゃんの肌を守ろう

気候が穏やかな春も、実は皮膚トラブルの多い季節。冬の乾燥でカサついた肌に、飛散する花粉や強くなる紫外線などが刺激を与えます。赤ちゃんのお肌を春の刺激から守ってあげたいですね。

きめが細かく、一見すべすべに見える赤ちゃんのお肌は、実は大人以上に守ってあげることが重要なのです。

大人と違って皮膚が薄く、皮脂の分泌が少ないなど、未熟な点も多い赤ちゃんの肌。そこへ、春の刺激や間違ったスキンケアなどによって肌が荒れてしまうと、汚れなどからアレルギー性物質が皮膚の中に入りやすくなってしまいます。アトピー性皮膚炎などが、赤ちゃんのときほど発生しやすいのは、このためなのです。

また、赤ちゃんの皮膚に汚れが入り込みやすいのは、その「生活」にも原因があります。赤ちゃんは寝ている時間が長いので、汗や涙が首や背中に流れやすく、おむつの中にはおしっこやうんちの汚れがたまります。これらは、荒れた皮膚ほど入っていきやすいのです。

だから、皮膚についた汚れは、洗浄料を使ってちゃんと取り除くことが大事。そのうえで、肌にとって必要な脂分を補うために保湿する。この2ステップがスキンケアの基本となります。

「ちゃんと洗う・すばやく保湿」が基本

スキンケアは、まず汗や汚れを早めに洗い落とすことが基本。洗浄料は弱酸性・低刺激性のものを選ぶとよいでしょう。

刺激の多い春ですが、洗いすぎて肌に必要な脂分まで落としてしまわないよう、洗浄後は必ず保湿をしたいもの。乳液タイプ、ローションタイプ、クリームタイプと、季節や肌の状態によって保湿剤を使い分けることもポイントです。

赤ちゃんの肌は“守ってあげる"時代

ママ・パパのなかには「赤ちゃんの肌にはスキンケアなんて必要ない」とか「スキンケアなどしないほうが良い」と思っている人も。

しかし、花粉やダニ、ハウスダストなどのアレルゲンの量も増えている現代、自然に任せるのが一番とは言いきれません。赤ちゃんの肌は、ママ・パパの手で守ってあげる時代なのです。

親子で楽しくコミュニケーションしながら、赤ちゃんの肌を春の刺激から守ってあげたいですね。

 

佐々木りか子先生

日本医科大学卒業。国立小児病院皮膚科医長、国立成育医療センター皮膚科医長を経て、2008年りかこ皮フ科クリニックを開設。専門研究分野は小児アトピー性皮膚炎など。

佐々木りか子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

皮ふ・スキンケアの関連ドクターコラム

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.