乳幼児のお肌のお手入れのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

秋ですね!乳幼児のお肌のお手入れは?

皮ふ・スキンケア 子どもの病気 教えて!ドクター

(2020年 秋号 掲載)

秋とは? 秋のスキンケア?

気象庁の秋の定義は9月から11月だそうです。4つの季節がきちんと順番に来て、それぞれの季節を満喫できたのは昔のこと、昨今では地球の温暖化でとんでもない時期に真夏日が来たり、春や秋が短く、あたかも冬と夏だけの日本になったような気さえします。とはいえ、季節は移り替わっていきます。短くとも秋の子ども達の皮膚については、大きく二つ、夏の名残りに対する処置、さらに冬に備えての処置があります。

暑くて…

実際に9月はまだまだ暑くて、子どもは汗をかき、汗疹(いわゆるあせも)になることも珍しくありません。頸の周り、わきの下、肘窩・膝窩などのくびれたところは好発部位です。おむつかぶれも起きやすいので、おむつの交換のつど、便や尿をきれいに始末してあげます。

乳幼児は汗腺も機能が未熟で、環境の変化に追いつかないこともあります。汗をかいたらシャワーや入浴でさっと流してあげます。無理な場合は濡れタオルなどで汗をぬぐい取ります。きれいにしたら保湿剤で、ケアしてあげましょう。

紫外線も…

日本では紫外線量は季節・天候・時刻などに左右されます。季節は概ね6月から8月、1日中では正午頃をピークに10時から2時ころに紫外線量が多いのですが、9月もまだまだ紫外線は多く、日焼けに注意する必要があります。長時間外でいるようなときはサンスクリーン剤を塗ってあげましょう。無香料・無着色、日常生活ではSPF15~20くらいが目安です。ただし、あまりに神経質になって、外へ行かないのは困ります。適度な外出で、紫外線はビタミンDの産生を助ける役目もあります。

野原で虫に刺されちゃった…

少し気候が良くなると、野山へも出かける機会が増えるでしょう。草むらで虫に刺されることがあります。乳幼児・小児は虫に刺されると赤く腫れやすいので、あらかじめ虫よけスプレーも必要です。乳幼児にはDEET配合よりイカリジン配合が好ましいとされます。虫刺されを掻きむしってとびひにすることが少なくありません。前もって虫よけ対策をしてあげましょう。虫にもよりますが、刺されたら、冷やしてあげます。虫刺されの腫れがひどければ皮膚科を受診するのも必要です。

万一、ぐじゅぐじゅ滲出液が出て、とびひになったら早めに皮膚科へ行って治療してもらいましょう。引っ掻かないように爪は短く切っておきましょう。

そろそろお肌かさかさ、保湿が大事…

秋が深まり、涼風が心地よいころになると、肌はやや乾燥し始めます。

真冬は皮脂腺や汗腺の機能が不活発になり、肌は乾燥しますが、秋からそれに備えてあげるといいでしょう。すなわち、保湿剤を塗ってお肌の手入れです。シャワーや入浴後に保湿剤を塗ります。水分をきちんとふき取り、保湿剤を塗ります。ごしごし擦り込むのではなく、そっとやさしく塗り伸ばす感じです。皮膚は乾燥するとかゆみを覚えます。乳幼児は生後数か月間はすべすべですが、その後は思春期ごろまで皮膚は乾燥しがちです。外部から保湿剤を補う必要があります。シャワー・入浴の後、10~15分くらいの間のまだ肌がしっとりしている間に保湿剤を塗ります。

夏はべたつかないさらっとした保湿剤が肌触りも良く、保湿効果もありましたが、秋になれば少ししっとりタイプがよくなり、冬が近づけばワセリン基剤などのかさつきを十分に抑えてくれるものを塗りましょう。

引っ掻いて湿疹になったらステロイド軟膏を塗る必要がありますが、乳幼児にはその病状、部位によってステロイドの強さや塗る量を選ぶことが重要ですので、皮膚科へ行って、処方してもらい、塗り方も教えてもらいましょう。

秋口から乳幼児の皮膚の手入れをして冬の乾燥で皮膚を掻きむしることがないようにしたいものです。

 

日野治子先生

公立学校共済組合関東中央病院皮膚科に勤務、平成24年より現職(特別顧問)。
日本皮膚科学会認定専門医、日本小児皮膚科学会学校保健委員会委員。

日野治子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

皮ふ・スキンケアの関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

育児に便利な”家電”は?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.