三種混合のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

秋〜冬の赤ちゃんのスキンケア

皮ふ・スキンケア 子どもの病気 教えて!ドクター

(2018年 秋号 掲載)

デリケートな赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌は薄く、バリア機能が未熟で、乾燥の強いこれからの秋・冬はスキントラブルが起きやすい季節になります。赤ちゃんはお母さんのおなかの中で、羊水に浸っていて皮膚は乾燥から守られていますが、生まれた直後から空気にさらされて乾燥している環境に適応しなければなりません。生後2か月頃まではお母さんからのホルモンの作用で皮脂が多くなりますが、その後皮脂は減り、思春期までは皮脂が減る時期になります。個人差がありますが、この皮脂が減る時期にスキンケアを充分おこなうことで、スキントラブルを減らすことができるのです。

赤ちゃんの薄い肌は、乾燥やひっかき傷などで簡単に傷ついたりひび割れができたりして、皮膚を守るバリアー機能が低下します。その結果、ばい菌が入りやすくなり「とびひ」ができたり、ダニ、ほこり、さらには食物(食べかす)などが皮膚から入ることで鼻炎・喘息だけでなく、食物アレルギーの原因になることもわかってきました。赤ちゃんのスキンケアをすることが、皮膚の感染症の予防や、将来のアレルギー体質の予防につながることがわかってきたのです。

スキンケアのポイント

お風呂タイムは、お子さんのスキントラブルの発見、お肌を清潔に保つことと保湿のための大事な時間です。熱いお風呂に入ると皮脂が流れやすくなったり、かゆみを起こしやすくなるので、39℃ぐらいのお湯にゆっくりと時間をある程度かけて入りましょう。リラックス効果と保湿効果の両面でお薦めです。

入浴時のお肌の洗浄は、弱酸性の石鹸をよく泡立てて、素手に泡をつけて、泡で汚れを落とすつもりで洗います。特に1歳以下のデリケートな肌にはガーゼやナイロンタオルは肌を傷つけるので使用しないでください。1歳を超えて汚れがひどい場合にはやわらかいタオルを選び、泡を多めにつけて洗いますが、その時でもゴシゴシ洗うのはやめてください。特に耳の後ろ、肘、膝の裏は丁寧に洗ってください。

さて、入浴後はいよいよ保湿剤の出番です。せっかく水分を含んだ肌を保湿するためですから5分以内に手際よく塗りましょう。よくバスタオルをつかって入念に水分を拭き取る方がいらっしゃいますが、入浴後5分以内に保湿剤を塗り終わるためには、濡れた体をざっと拭けばよいわけで、多少残った滴も込みで保湿するという感覚で塗ると短時間で塗り終わることができるはずです。

油脂性軟膏のワセリンは皮膚を保護する作用が中心の軟膏ですので、入浴後などの乾燥状態に塗っても保湿効果は半減、しっとりとした状態の皮膚に塗ることが大切です。一方、保湿剤は、保湿成分が含まれているので、より効果的です。さっぱりタイプのローションタイプ、しっとりしたクリームタイプがあります。ローション系は軽いかさつきや、汗をかきやすい夏にはお薦めですが、秋冬の乾燥の強い時期にはクリーム系や油脂性軟膏がお薦めです。

スキンケアタイムは親子のスキンシップ

毎日使うものなので、赤ちゃんの肌に合うことは大事ですが、お父さんお母さんが使ってイヤでないものという感覚も大事です。あえて「お父さん」と書きましたが、お子さんとのスキンシップができる貴重な時間です。お子さんの成長は早いものです、是非お父さんもお子さんの保湿に参加しましょう。

おむつかぶれ

おむつかぶれは様々な原因で起きますが、一番の原因は尿や便が皮膚に直接刺激を与えることでおこる皮膚炎です。特に下痢の時には起きやすいのです。おむつ交換のたびに、処方していただいた軟膏を塗って、皮膚をカバーし、尿や便の刺激を受けないようにすることが大事です。また使い捨てのおしり拭きは、製品によっては目が粗く、こすることで皮膚炎を悪化させることがありますので、お風呂場でお尻をぬるめのお湯であらい、やわらかい布で押し拭きするとおむつかぶれを治しやすくなります。

爪のお手入れ

爪をよく切っておくことは大事ですが、切った直後ほど爪の先端がつんつんととがってしまい、かえって皮膚を自分で傷つけることがあります。お母さんのネイル用つめヤスリでも結構ですので、爪の先端がなめらかになるようにお手入れをしてあげてください。顔の傷の防止、とびひの予防に有効です。

ステロイドは怖くない

様々な湿疹(皮膚炎)にステロイドの軟膏やクリームが処方されます。皮膚に炎症が起きることで皮膚が赤くなったり、硬くなったり、もりあがった状態になったものと考えることができます。ステロイドは炎症を抑える抗炎症作用のある効果的なお薬です。ステロイドは弱い作用のものから強い作用のものまでいろいろなグレードのものがあります。通常赤ちゃんにはさほど強くない作用の塗り薬が短期間処方されます。医師の指示を守って適切に使って赤ちゃんの肌トラブルを治してあげましょう。

 

時田章史先生

(医)Bambiniクリニックばんびいに(東京都港区白金台)理事長・院長。順天堂大学医学部卒業。医学博士。順天堂大学非常勤講師。日本小児科学会専門医・指導医。日本小児科医会公衆衛生委員。東京小児科医会理事。港区医師会理事。

時田章史

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

皮ふ・スキンケアの関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

我が家は大丈夫?防犯対策チェック!
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.