教育資金セミナーのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録

家計ダイエットで教育資金を貯めて子どもの夢を応援!
教育資金セミナーで子育て中のママに役立つ学びがありました。

ジブラルタ生命「教育資金セミナー」 育児・しつけ ハッピー・ノート イチ押し情報

茨城県水戸で行われた今回の教育資金セミナー勉強会。
(参加費無料・主催:ジブラルタ生命さん)

今回ジブラルタ生命さんが招いた講師、ファイナンシャル・プランナーの杉田ゆみか先生は2歳と4歳の子どもを持つママ。
自己紹介で「長女が甘えん坊さんで今年、年長さんになったのをきっかけにしっかり者になってきたのと反動に今後は次女が甘えん坊になってしまった」と家族のお話をしてくれて、教育資金というママにとってはお固いイメージのセミナーの雰囲気を柔らかくしてくれました。

前半は杉田ゆみか先生により、プロジェクターに映し出された資料を元にセミナー形式。
後半は各グループごとに分かれて、ご家庭の教育資金を考えるワークショップを開催しました。

まずは知っておくこと。家族の収入ピークと教育費支出のタイミングが違うと大変!

アベノミクス効果で少しは景気も回復の兆しを感じるご時世ですが、まだまだ景気はよくなっていないご家庭が多いと思います。

今回は教育費にまつわる大事なお話。ご家庭の収入のピークは50代前半というデータがあります。
そして実際に教育費が大きくかかる時期は【大学入学〜卒業まで】です。

この【大学入学〜卒業まで】に、家庭の収入が下がるとこれは大変な時期になります。まさに家計が苦しい時期、なのです。

この時期を苦しまずに、子どもがやりたい道を心から応援できるようになるためには、子どもが小さいうちからママが【家計を把握する】ことがとっても大事。そして家計を把握した上で、各ご家庭の「価値観」や「満足度」から支出を考えて、家計ダイエットに取組んでみましょう。

子どもの夢を叶えるためにはいくら必要?
今から出来る!家計ダイエットで子どもの夢を応援しよう!

家計を把握する方法を皆様に聞いてみたところ「収入は把握しているけど支出は細かく把握していない」という方がいました。ちなみに家計管理はパパ、ママ、どっち?という質問にはママが圧倒的に多かったですが、中にはパパが家計管理をしているご家庭も。

先生曰く、家計管理はどちらでも問題ないけれど【家計情報を家族で共有】しておくことが大事、とのこと。
ママが頑張っていてもパパや子どもが無駄遣いしてると効果がないのです。

ここで先生から【お金貯まる人、貯まらない人】の説明が。

家計ダイエットチェックで各家庭の支出と貯蓄を考えてみよう

頭では分かっているけれど、長続きしない家計簿。
でも家計簿は1年間つけることで年間を通じた家計状況が分析できる、そこがとても大事だそうです。(夏、冬によっての支出の違いや、クリスマス等の イベントごとの支出など)

先生のおすすめは「ズボラ式家計簿」。
レシートだけとっておいて、月末だけ食費、日用品をまとめる。
そして銀行の通帳記入をしてまずは【1ヶ月分のデータ】から貯めてみましょう。

家計簿ができたら、早速【家計ダイエットチェック!】
まずは、貯金がないのは危険信号。
そして、日用品や食費、光熱費などに当てはまらない「使途不明金」が多い場合、これは【無駄遣いが多い】ということになります。

貯金については、それぞれのご家庭で貯蓄額が違ってきます。
子どもの夢を叶えるために、子どもが進む道によってお金のかかり方が違ってくるからです。ここは子どもの成長を見守りながら家族みんなで夢について話し合ってください。

次に各ご家庭の価値観や満足度、から支出を考えていきます。
美味しいご飯が好きなご家庭は食費が支出のメインになります。その代わりにどこかで節約をしていくのが無理せず貯蓄していく方法だそうです。

そして家計簿チェックをする時に大事なことは【ママだけでなく、パパも一緒に考える】こと。そして「電気はこまめに消す」など家族みんなで節約に取組むことも大事ですね。

ナビゲーターからアドバイスを頂きながら、
実際に教育費ワークショップを行ってみました。

※ナビゲーターとは?⇒ママたちの計算シート記入を丁寧にサポートしてくれるジブラルタ生命さんの専門スタッフです。

A3サイズのこんな大きな計算シートを見て初めはびっくり!
この大きさだと各家庭の家計が一目で把握できて、ママにも分かりやすいですね。
まずは各ご家庭の教育費について【計算シート】に家計状況を書き込んでいきます。

洗いざらいに家計状況を書き出してみながら、ナビゲーターから的確なアドバイスを頂いてみると、具体的な貯蓄可能な金額が見えてきます。

貯蓄に関しても、8万円切り詰めることは大変だけど、ママが働くことで、月8万円、10年で1000万貯蓄可能、という先生からのアドバイスも。

今回のセミナーは2時間に及ぶ長時間にも関わらず、ママである杉田ゆみか先生の具体的なアドバイスと、子育て中のママに嬉しいライフプランとキャリアプランのお話までも聞けて大満足!

子どもの夢を応援したいのは、親ならば誰でも思うところですよね。
今のママの頑張りが夢へと繋ぐ【家計ダイエット】にぜひチャレンジしてみてください。

実際に参加したママからの感想です。

I・Fさん(2歳、第二子妊娠中)
思っていたよりも教育費がかかることが分かってビックリです。
ワークシートで記入して具体的に見えたことで今後の家計ダイエットに
頑張れそうで、参加してとても良かったです。


M・Sさん(4歳、7歳小学1年生)
今まで目をつむっていた部分を確認できてよかったです。
家計簿つけていても見たくない部分は見ないでいたので(笑)
参加して勉強になりました。





関連記事
万一のとき困らないために! ママにも保険を
子育て中だから本気で考える「ママの病気・ケガ」
小学校入学までに教えたい!正しい金銭感覚
お子さまのごほうび&おこづかい白書
2歳から教えたいモノとお金を大切にするココロ
なるほど納得!漫画で知ろう!家庭でのお金の教育について丸ごと分かる、おこづかい教育出前教室
子育て先輩ママも納得!今から知っておくことで子どもの将来が左右する家庭でのおこづかい教育、おこづかい教育出前教室を取材してきました。
子育てに関わる家族みんなでお子さまにお金と上手に付き合う方法を伝えたい【家庭での金銭教育】おこづかい教育出前教室で学んできました。
おこづかい教育出前教室が気軽に受講できる!
子どものおねだり対処には金銭教育が役に立つ!おこづかい教育出前教室

お知らせ

このセミナーに参加してみたいママ、このセミナーをサークルなどで開催してほしいママは、

Mail.fp-seminar@gib-life.co.jp

までメールをおくると、このセミナーを各地で開催しているジブラルタ生命の担当者さんからすぐにご連絡をいただけるそうです。

メールには、かならずお名前/ご住所/ご連絡先/TEL番号を入れてご送信ください。

ƒ

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.