ママの体調不良のことならハッピー・ノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

出産してから左の恥骨のあたりが痛み出し、足全体もしびれてきた

体の不調 ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

出産してから左の恥骨のあたりが痛み出し、足全体もしびれてきた

左側の恥骨のあたりが痛み出したのは、長男を出産した3年前から。その後、二男を産んで少しだけ痛みがひどくなりました。
でも、激痛ではないので、子どもの世話に追われていると痛みを忘れているんです。そして子どもたちが昼寝してホッとしたときに「あれ、ずーっとジンジン痛んでたみたい」と気づくといった次第。ところがこの頃、左足全体までしびれてきたので、本当に心配になってきました。
病院を受診すればいいのですが、場所が場所だけにためらっています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

恥骨は骨盤の一部、と言ったら驚かれるでしょう。骨盤は幾つもの骨から成り立ち、体の背後から腹側へとつながっています。
イメージとしては、膣のあたりを底にしたタライのような骨組み。そしておなか側で、このタライの前面に位置するのが恥骨です。

恥骨は、分娩を迎えると左右の結び目をゆるめて骨盤全体を広げ、赤ちゃんが通りやすいように働きます。
ところが、骨盤に対して赤ちゃんが大きすぎると、生理的な範囲以上に恥骨間が広がることに。そうなると産後も痛みがとれず、さらに悪化すれば左右の恥骨が大きくずれるといった事態を招きます。

あなたの場合、最初のお産のとき恥骨が離れ、その充分な回復をみないうちに2度目の出産を迎えてしまったのでしょう。恥骨が離れたままだと、当然骨盤全体にゆがみが生じます。
そのゆがみが左側の骨盤に集まって、足に負担をかけ神経痛を起こしたと考えてください。
もちろん、医療機関へ行けば痛み止めはもらえますが、ゆがみを矯正するには時間がかかります。でも、必ず元に戻りますから落胆しないで。

まず腰痛ベルトや腹帯をきつめに着けて骨盤を正しい位置に固定していきましょう。それから、できるだけ体を休めることが大切。激しい運動もしばらくは控えてください。
加えて、和室で食事を取るときは、足をくずさずに、正座することをおすすめします。

医師:松峯

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

新聞とっていますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.