予防接種のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

男の子はおたふく風邪にかかると、子どもができなくなるの?(1歳)

予防接種 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

男の子はおたふく風邪にかかると、子どもができなくなるの?(1歳)

男の子が「おたふく風邪」にかかると、将来子供ができなくなってしまうので早く予防接種を受けないといけない、と友人に言われたのですが、本当なのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

厳密には思春期以降おたふくかぜにかかり、合併症である睾丸炎に罹患するということです。
お子さんは、まだ1才ですから、自然に罹患しても、そう心配はありませんが、少なくとも入学までにかからなければ、自然経過でも10日前後休まなくてはなりませんし、合併症には睾丸炎のみならず、髄膜脳炎、難聴、などもありますので、早めにしておくことをおすすめします。
1歳以上で受けられます。

医師 小児科:桑折 紀昭
2001年2月 9日

おたふく風邪の合併症で最も頻度が高いのは、無菌性髄膜炎で、脳の周囲の髄膜に感染が及び、頭痛・嘔吐・発熱が出現します。通常、1週間程度の入院と、その後、さらに、1週間程度の自宅安静が必要ですが、予後は良好です。
頻度は、400-500人に1人程度で認められます。その他に、稀ですが、脳炎、難聴、膵炎などがあります。

ご指摘の(副)睾丸炎は有名な合併症ですが、頻度は高くなく、通常、片側性で、回復する確率も高く、不妊に至ることは稀と考えられます。
また、年齢的にも、精子形成が始まっていませんから、今の年齢で、(副)睾丸炎による不妊を心配して、おたふく風邪の予防接種をされる必要はないと思います。
むしろ、現実的には、脳炎や難聴の方がより注意すべき合併症であり、特に、難聴は予後不良です。
1歳以上でしたら、予防接種は可能で、副反応も少ないですから(無菌性髄膜炎の出現が10000人1人程度あります)、体調の良いときに受けておかれたら良いでしょう。

おたふく風邪の耳下腺腫脹の程度にはかなりの個人差があり、20-30%の方は気がつかないうちに済んでいる場合もあります。また、風邪でも耳下腺炎が認められる場合があり、流行期に典型的な症状が出現した場合を除いて、かかったのか、かかっていないのか、よくわからないままに経過してしまう場合が結構あります。

当然、年齢が高くなると共に、おたふく風邪の方との接触する機会は急速に減少しますから、かからないままに、成人となり、自分の子供からおたふく風邪をうつされるという事態もあり得ます。
そうなると、一般に、年齢が高いほど、おたふく風邪も重症ですし、(副)睾丸炎の合併もより切実な問題となりますので、小学校に上がる前までには、予防接種を済ませておく方がよいのではないかと考えます。

医師 小児科:横山 俊之
2001年2月 9日

アドバイザー紹介

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

横山 俊之
医師 小児科

小児科・アレルギー科・内科医。日本小児科学会専門医。多くの時間を過ごす家庭での保育・看護を詳しく説明。スローガンは「病名よりも病態の理解を!」、座右の銘は「鼻閉と便秘で風邪はこじれる」

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

キッチンの衛生対策どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.