ママのストレスのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもが大好きな時と憎たらしく感じる時とのギャップに悩んでいる

ストレス ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

子どもが大好きな時と憎たらしく感じる時とのギャップに悩んでいる

私は35歳、子どもは3歳になりました。まだ一人です。時々どうやって子育てしたらいいのかわからなくなります。正しい子育てなんてないんでしょうけど、私の子育ては間違っているんじゃないかと思ってしまい、他の子と比べてしまいます。
ご飯を食べるときは食べるけれど、食べないときは食べなくて、時間が経ってからパンがいるといいます。「今、食べないと後からいるといってもあげないよ」 といい、本人も「いいよ」なんて軽く言います。わかってるのかわかっていないのか、その軽い返事にムカつきます。子どもは大好きです。でも、本当に憎たらしいときがあり、そのギャップに自分でもどうしたらいいか分からなくなります。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

私も32歳のときに上の女の子を産みましたので、ちょうど子育て時期としては、年齢が合いますね。子どもが大好きだとおっしゃるだけで素晴らしい。
3歳の頃はお口は達者になりますが、まだまだ、理解は半分以下。9歳の子にだって、今でも、「何のこといってるの?」とつっこんでしまいます。

正しい子育てなんてないって本当にそう思いますよ。 あの頃は、憎たらしいを越えていたなあ、本当に参ってました。いつも笑顔の素晴らしき母でいられるのなら、それはそれは素敵なことなんでしょうけど、私には無理。
いくじとは「育児」書きますが、「育自」ともいうんだそうです。確かに。

私は今でも9歳の女の子、4歳の男の子の母初心者なんです。大丈夫ですよ。ママがそんなふうに振り返れているのなら、「育自」も「育児」も大成功!
明日もまた、一歩ずつ頑張っていきましょう。

獣医師:みみ

子育てに正解はない、とおっしゃってるように、本当にそのとおりだと思います。3歳ということで、少し反抗期なのかもしれませんね。憎たらしい口を聞くのも、成長の証、なんて、周りから言われても、ご本人にとっては大問題ですものね。
いつも思うんですが、自分が体調が悪いときって、どうしても子どもに当たってしまうことありますが、我慢しないことも必要だと思うんです。

子どもには気の毒ですが、社会に出たら、本当にいろんな場面があって、上司に理不尽な言いがかりつけらたり、無理難題を言われたりしますものね?!親だって同じなんだよ、と辛いときは自分を納得させてました。
息子は、よく「今日はお母さんどうしたの?」と言いました。「ごめん、機嫌悪いの」「そうだと思った」と、こんな会話をしたのは、幼稚園のころから今までずっとかもしれません。

むかついたり、子どもがちょっとうっとーしく感じることがあって当たり前、それでいいんじゃないかな、と思います。我慢していい母親になる必要ないですよ。そうしてこそ、楽しい育児ができると思います。
そして、子どもがかわいいって思えたときには、いっぱい抱きしめて、かわいがってあげてください。それがあれば、時々叱ったり、泣かせてしまうことがあっても、大丈夫だって思います。

先輩ママ:こまま

アドバイザー紹介

みみ
専門資格 獣医師

小学生5年生の女の子と1年生の男の子を0歳のころから保育園に預けて、動物病院で獣医師として働き続けています。私自身も周囲の働くママや近隣のママにずいぶん助けてもらいました。誰かに聞いてもらうだけで、楽になることもたくさんあります。そんな力に少しでもなれれば、と思っています。よろしくお願いします。

こまま
先輩ママ

息子が小さい時は、公園仲間に支えられ、大きくなってからは学校のPTAで鍛えられ、泣き虫で弱虫だった自分の子ども時代から思うと、信じられないぐらい成長しました。何ごとも経験!ひとりで悩まず、たくさんの人と意見交換したことで、今の私と息子がいると思っています。今は小学生の放課後を見守る仕事をさせてもらい、毎日子どもたちに囲まれ様々な経験をしています。少しでもお役に立てたらうれしいです。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

雪遊びしましたか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.