むし歯のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

むし歯とは?むし歯にならない食習慣

子どもの病気 教えて!ドクター

(2016年 夏号 掲載)

ピカピカの歯が似合います!

お子さんがニコッと笑ったとき、ピカピカの白い歯が見えるといいですね。きれいに生えてきた乳歯、永久歯に生えかわるまで、大切にしてください。むし歯になったら、ちょっぴりがっかりです。からだの成長に必要な栄養も、健康な歯でよく噛んで食べることで摂取されます。

むし歯はどうしてできるのかな?

「よく歯を磨かないとむし歯になる」とか「甘いものをたくさん食べているとむし歯になる」って聞いたことありませんか。どうしてなのでしょう。少しむし歯のでき方を考えてみましょう。

むし歯は4つの要因が重なりあったときにできます。むし歯菌(ミュータンス菌)、歯を溶かす酸を細菌が作るエネルギーとなる食べ物(特に糖分)、酸にさらされている時間、そして歯の質(酸に対する抵抗性)です。(上図)

むし歯菌は乳歯が生え揃う2歳後半では、約60%の子どもの口にいるといわれています。むし歯菌の数が多いほど、むし歯が多い傾向にあります。でもむし歯菌がいてもむし歯のない子どもも大勢います。それは他の要因、食べ方に注意したり、歯の質を強くしたりしているからです。

何に気を付けたらいいのかな

一番大切な歯磨き、むし歯菌を少なくしたり、むし歯菌のエネルギーとなる食べ物をきれいに取り除いたり、歯を溶かす酸にさらされている時間を短くしたりする効果的な予防ツールです。

食べたら磨くのが基本ですが、夜寝る前の歯磨きは特に大切にしてください。一日の口の汚れを落として寝ると、寝ている間にむし歯菌が活動するのを防ぐことができます。でも、優しく磨いてあげてください。お話ししたりしながらすると、お子さんとのコミュニケーションタイムにもなります。

お出かけしていて歯磨きができないときなどは、お水やお茶を飲んだり、ぶくぶくうがいしたりするとよいでしょう。

歯の質を強くするフッ化物もいいですね。前歯が生え揃ったら使い始めるといいでしょう。フッ化物が含まれている子ども用の歯磨き粉もたくさん出ています。成分表示を見るとわかります。歯医者さんで、もう少し濃度の高いフッ化物を塗ってもらえば、さらに効果的です。

食べ方も大切です

「甘いものは食べさせません」といわれるお母様もいらっしゃいます。糖分は子どもの成長にとって大切な栄養です。食べ方に注意すれば、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

食べる量ではなく、食べる回数に気を付けることが秘訣です。食べる回数が増えると、お口の中で歯を溶かす酸にさらされている時間が長くなり、むし歯ができやすくなります。だらだら食べないで、1日3回規則ただしく食べましょう。おやつ(間食)も子どもにとっては大切なエネルギー補給の機会です。上手にあげてください。

間食は時間を決めて、遊びながらだらだら食べたりしないように気を付けましょう。歯に粘つくものをさけたり、飲み物はお茶やお水にしたりすることもむし歯を予防するコツです。

よく噛むとむし歯を予防できます

よく噛むことも大切です。よく噛むと唾液がたくさん出て、歯についた汚れや歯を溶かす酸が洗い流されます。何回も噛むことで、歯とほっぺたや唇が触れることで、歯の表面の汚れが擦り取られます。

柔らかい食品は何回も噛まずに飲み込めてしまいます。硬いものでなく噛みごたえのある食べ物を取り入れるとよいでしょう。

おいしく食べて、楽しく歯磨き

おいしい食べ物をみんなで仲良く食べることは、子どもの成長にとって大切なことです。食べ物に気を付けるのではなく、上手に食べるようにするとよいでしょう。歯磨きも、お母さんに口の中をきれいにしてもらって、気持ちよさや大切にされている気持ちを体験する大事な機会です。お母さんも笑顔で楽しく磨いてあげてください。

 

田中英一先生

田中歯科クリニック院長 1952年生。岩手医科大学歯学部卒業(1978年)。鶴見大学歯学部小児歯科学教室に11年勤務後、開業。あけぼの保育園・なかよしの森保育園・たから幼稚園 などの園医。地域の子ども達の健やかな育ちを「口のケア」から応援しようと活動しています。

田中英一

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

歯の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
組み合わせ自由、1枚単位で簡単に模様替え!赤ちゃんと家族との時間を快適におしゃれにできる高機能ラグ
組み合わせ自由、1枚単位で簡単に模様替え!赤ちゃんと家族との時間を快適におしゃれにできる高機能ラグ
秋の肌は
秋の肌は"洗う""塗る"の2ステップで! やさしさを考えた低刺激性処方の保湿ケア
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

赤ちゃん連れで電車やバスに乗っていますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.