お子さまの感染症予防とホームケアのポイントのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お子さまの感染症予防とホームケアのポイント

感染症 子どもの病気 教えて!ドクター

(2022年 冬号 掲載)

かかりつけのお医者さんはいますか?

かかりつけ医は大切なパートナー

かかりつけ医とは、健康診断や予防接種を受けたり、ちょっとした熱や下痢のような病気の時、体調を崩した時に受診するなど、お子さまの健康や発達について継続的に相談ができる身近な医師のこと。日頃から決まった先生に診てもらっていると、かかりつけの先生は「今日は顔色が悪い」など少しの変化にも気づくことができます。その日に初めて診た患者さんではこうはいきません。医師がお子さまの生活環境や病歴、健康状態などを把握していることで適切な診断や治療、アドバイスができるので、かかりつけ医を持つことは大切です。

どうやってかかりつけ医を探せばいいのかという声を耳にしますが、これは「結婚相手とどう巡り合うか」にとても似ていると私は考えています。100%ウマの合う相手なんていないけれど、2人以外の組み合わせは考えられない。そんな熟年夫婦のように、長く深い信頼関係を築いていける…そんなお医者さんと巡り合えるといいですね。

よいお医者さんとは何でしょうか

薬を出してくれる医師、やさしい医師などさまざまな意見があると思いますが、昔から名医は「診立(みた)てのよい医者」と呼ばれています。医師の腕の見せ所は診断にあります。患者さんの容態を多面的に把握して、いろいろな病気や病態の可能性を考え、適切な対応を施すことが肝要であり、その判断の精度が高い(診立てがいい)ことが医師にとっては重要なのです。

普段と違うと感じたら
早めにかかりつけ医へ

かかりつけ医は健康の相談役として何でも気軽に聞ける相手なので、お子さまの様子が普段と違うと感じたら早めに受診しましょう。「このくらい軽い症状で診察に行ってもいいのかな」「もう少し様子を見ようかな」と迷うママ・パパがいるかもしれませんが、医師が「様子を見る」という時は、薬を使い、検査もしたうえで、薬の効果の出現を待つという場合なので、ママ・パパの言う意味とは大きく異なることを知っておきましょう。

感染症対策は引き続き継続を

「風邪」という病気は存在しません

新型コロナウイルスの流行が続いていますが、冬は他の感染症も流行しやすい時期です。これまで行ってきた、手洗い・うがいなどの感染対策である程度の感染症は防ぐことができるので、引き続き習慣にしていきましょう。

さて、「風邪を引いたみたいなのでお薬をください」と受診される患者さんがいますが、そもそも風邪とは何でしょうか?  実は風邪という病気はなく、さまざまな病気が「風邪」と呼ばれているのです。大半はウイルスや細菌による感染症ですが、例えばリウマチや癌のような感染症ではない病気も「風邪症状」で来院する場合もあります。「風邪」と自分で決めつけていると、稀にこういう大病を見逃すことがあります。

細菌が原因の場合は、病原体を殺す抗生物質薬を使うことが大切です。ウイルスが原因の場合、ウイルスに効く薬は限られているので、原因がわかっても治療できないことが多いのです。こうした理由から、医師の役目は風邪の症状があるからといって、ただ薬を出すことではないのです。お子さまを診てさまざまな可能性を考え、ベストな対応をすることが必要となります。

早期受診&早期診断が大切なポイント

医師がベストな対応をするためにも、早めの受診が原則です。前のページでもお伝えしましたが、午前中から熱があるのに様子を見て夜間診療に行くのはおすすめしません。なるべく診察時間内に受診できるように心がけましょう。様子が違うと感じたら早期受診、早期診断が大切なポイントです。

そして受診後は、お子さまの辛い症状が少しでもラクになるようにホームケアをしながら、安静に過ごしてください。お子さまは病気にかかりながら免疫力を高め、丈夫になっていきます。ママ・パパがどんなに気をつけていてもすべての病気を排除できるわけでありません。悪化させたり長引かせたりしないように気をつけていきましょう。

感染症の2つの主な原因

ウイルス

●風邪の症状を引き起こすウイルスは200 種類以上
●単独では増えず、人などの動物の細胞の中でしか増殖できない
●ウイルスには下記の2種類がある
アルコール消毒が有効なウイルス
・新型コロナウイルス ・インフルエンザ・RS ウイルス ・パラインフルエンザウイルス など
アルコール消毒が効かないウイルス
・ノロウイルス ・ロタウイルス ・アデノウイルス・ライノウイルス など

細菌

●自己増殖ができ、例えば置きっぱなしのお肉や野菜の上でも増えることが可能
●病気を引き起こす病原菌だけではなく、私たちの役に立つ乳酸菌などもある
●治療には適正な抗生物質の使用が有効
・マイコプラズマ ・溶連菌 ・肺炎球菌 ・大腸菌・サルモネラ菌 など

◆ウイルスと細菌のサイズのイメージ

[画像の拡大]

松永貞一先生

永寿堂医院(東京都葛飾区)院長。東京慈恵会医科大学卒。スイス・チューリヒ大学小児科留学。元東京慈恵会医科大学助教授。小児科専門医。日本感染症学会評議員。著書に「風邪の話」など。

松永貞一

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

感染症の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note 2023特別増刊号
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

寒い日の室内遊び、どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.