しつけのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

二人目を妊娠するのをためらっているが、兄弟はいた方がいい?

きょうだい 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

二人目を妊娠するのをためらっているが、兄弟はいた方がいい?

妊娠中はつわりがひどく早産だったため、ミルクを冷凍して1ヶ月病院に運びました。そんなこともあり、2人目を妊娠するのをためらっています。
主人が単身赴任なので、今の状態では無理です。主人も両親も「ひとりでもいいよ」と言ってくれるのですが、やはり兄弟がいたほうがよいのでしょうか?だんだんわがままになってきた娘を見ていて考えてしまいます。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

私も、切迫流産、早産、微弱陣痛など妊娠中にいろいろなことがあって、入退院を繰り返して出産しました。私の周りでも、妊娠中のトラブルを抱えている人が少なくないんですよ。それがきっかけで、お子さんが一人の人もいます。
娘さんがわがままになったのは、成長の過程の反抗期ではないでしょうか?「一人っ子はわがまま」と、昔からよく言われていますが、実際はずいぶん違うようです。

我慢や、順番を待つ、といったことは、兄弟がいなくても教えられるし、一人っ子で子どもがかわいそう、ということもありません。
3歳は、反抗期の真っ最中。自分ではまだできないことも、自分でやろうとしたり、また、できるのにやってもらおうと甘えたり、訳もなくグズグズしたり、成長を確認するように、いろいろなことをしてくれる時期ですよね。
この時期は、「いけないことはいけない」と、良し悪しを子どもに伝えていく時です。

大事なのは、ご家族が二人目を望んでいるかどうかです。一人目が大変だったから、二人目も同じとは限りませんし、経験があれば、それを参考に二人目の妊娠中の過ごし方を考えることもできるのですからね。
お子さんのわがままと二人目の妊娠は、別に考えてみるといいですよ。

兄弟が必要かどうかは、周りが決めることではなく、ご自身(家族)が決めることですからね。こうでなければいけない、ということは何もないのですから、気持ちのままにゆっくり時間をかけて考えてみてください。きっと、時間が解決してくれますよ。
お互いに、子どもが授かったことを感謝しながら、子育て楽しみましょうね。

先輩ママ:ジャムママ

同じ女の子2人姉妹でも、各家庭によって年齢差や個々の性格が違えば、一概に女の子姉妹はいいね、ともいえないでしょうし、4人兄弟のお兄ちゃんと弟は立場も違えば、思うところも違うでしょう。
今のこんな時代、姉妹が多いから我慢強いかというと、そうでもないように思います。一人っ子だと沢山の愛情をやはり一人に注いでもらえ、習い事や他の面に無理だってしてあげれます。
のんびりした、やさしい女の子が多いように思います。

うちは上が女の子で下が男の子、少し離れていますから、小さい頃から本当によくお姉ちゃんに手伝ってもらい、上の子も手のかからない子だったのですが、下の子は気づけば3歳、って感じでした。
みんな「下の子は楽だよ」といいますから、きっと娘さんのときよりは楽に子育てができるのではないでしょうか。

私は単純に女の子と男の子の子育てを楽しませてもらってるな、と思っていますが、上が男の子で下が女の子の兄弟なら、また違っていたんだろうな、と思います。が、出来ませんものね。
同じように、沢山兄弟を生んでしまった人は、一人っ子の子育ては出来ませんし、その逆もまたしかり。どちらがいいのかなんてないですよ、きっと。

我が家も3歳の息子がいますが、この頃って本当に理屈が分かっているようで、さっぱり。でも言うことだけは一人前で。兄弟がいても、うちは小さなギャングちゃんですよ。
その家庭その家庭にあった子育てを楽しまれたら良いのではないか、と思いますよ。

獣医師:みみ

アドバイザー紹介

ジャムママ
先輩ママ

11才(小6)と8才(小3)女の子のママです。転勤族で、頼る人が近くにいないので、ひとりで育児をしていく大変さを経験しました。子どもたちも年齢とともに友だち関係や習い事など、楽しいことや大変なこともありました。子どもと一緒に少しずつ成長しながら、子育てを楽しんでいます。どんなささいな悩みや不安でも、話してみると楽になりますよ。少しでも私の経験がお役に立てればうれしいです。

みみ
専門資格 獣医師

小学生5年生の女の子と1年生の男の子を0歳のころから保育園に預けて、動物病院で獣医師として働き続けています。私自身も周囲の働くママや近隣のママにずいぶん助けてもらいました。誰かに聞いてもらうだけで、楽になることもたくさんあります。そんな力に少しでもなれれば、と思っています。よろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『こども商品券500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.