ハッピー・ノート.com

ミニマム・ストイックを目指そう!/2013年5月

ミスターストイック!

最近の私は、多くの場所でストイックだな〜と思える方々にお会いし、刺激を受ける事が沢山あります。

「ストイックとは?」を色々調べてみると、かなり深い言葉なのですが、一般的には

「自分に厳しく欲望に流されない人の事」を言うようです。

 

そして、私はこの言葉が大好きです。なぜかというと、やはり、それぞれの業界で活躍されている方には、ストイックな方が多いからです。その姿には、心を打たれることもあります。

 

有名人になればなるほど、多くの方が近づき、多くの人に振り回される事が、普通の方よりも多いのではないかと予測します。いろんなお誘いがあるでしょうし、人に利用される事もあるでしょうし、沢山の誘惑もきっとあるでしょう。さらに言えば、人の目にさらされて疲れることや、ファンの期待や国の期待や、トップに立てば立つほど、プレッシャーも強いでしょう。そのストレスはきっと考えも及ばないくらいの大きさなのではないか?と思ってしまいます。

 

結果的には、トップで有り続けるためには、自分に厳しくストイックでなくてはいけないし、ストイックであればあるほど、ストレスに強く、芯がぶれない。というのが一般的な考え方だと思います。

 

先日、経済評論家の方の主催する会で、総合格闘家、キックボクサーの小比類巻貴之さん(旧リングネーム太信さん)にお会いする機会がありました。実は私、全く格闘技系を観ない人なので、ジャンルによってはまったく知らない。という無知さがあります。その時は存じ上げなかったのです。

もちろん、かなりオーラのある方ですので、お会いした瞬間に「普通のオーラではないなー」というのは一目でわかりましたが。

しかも、その会に一番先に到着されて外に待っていらして、とても律儀な方でした。

 

お会いした後で自宅のパソコンでWikipediaで調べてみたら、小比類巻さんは、究極に自分を追い込む稽古をすることから、「ミスターストイック」と呼ばれる。と書かれていました。

 

小比類巻さんは、K−1WORLD MAX 日本代表決定トーナメントで、史上最多の3度の優勝。プロキックボクシングは総試合数62のうち勝ちが40(Wikipediaの情報です)。ものすごい方だということがわかりました。現在は小比類巻道場を主宰し、キックボクシングと空手道の指導、プロの選手の指導をなさっております。

 

まさに自分に厳しく妥協をしないからこそ、今までの活躍があり、その後の人生も素晴らしい指導者として貢献されているのだと感じました。

実際にお会いして感じた事。「心に揺らぎがないことが、目や雰囲気でわかる」ということでした。本当に本当に、素敵な方でした。

 

スポーツ選手で、感動の試合を繰り返し、多くのファンを魅了したような大活躍をした選手には、いつも思いますが、悟りを開いた神々しさを感じます。それはやはり強度の「ストイック」さ、「ファイティング力」、多くの勝ち負けの経験による精神力の賜物なのではないでしょうか?

この神々しさは、やはり普通の方には持ち合わせないオーラがあります。

土俵やステージが違う

自分に置き換えてみましょう。それでは自分は果たしてストイックなのでしょうか? 私に例えてみたら、自分では違うと思います。ストレスにもある程度は強いけれども、自分の限界を知っています。ここまできたら線を越えて、ふらふらになって、倒れる。病気になるという限界を自分で知っています。

それでも、同じような主婦の方からみると、私はかなりストイックで、限界もないくらいストレスにも負けず、どんどん前に前に進んでいるように見えるようです。

 

不思議に思います。私からしたら、頂点の極みである天才的な才能を持ち、努力をすることにストイックな人たちを知ると、自分はまったく弱い心を持つ、凡庸な普通の人間だと思うのです。でも、ある角度から見たら、私も強い人間に見えるということもあるのです。

 

とても嬉しい事です。でも恐らく、土俵が違うのだと思います。私が頑張っている世界と、スポーツや経済のトップに立つ方々とのステージや期待されているものが。

ミニマム・ストイックを目指そう!

私のように、誰もが真似できるであろう、ミニマム・ストイックな毎日の生活を送ることは、割と簡単なことだと感じています。そして、大切なのではないかと考えています。

毎日必ず続けているものがあるとか、絶対に妥協したくない事が少しだけあるとか、没頭する趣味があるとか、苦しくても絶対にやり遂げたい目標があるとか。

つまり、ちょっとだけ頑張ればつかめるような、小さな目標が連続して常にあることって、とても大事なのではないかということを感じています。

 

そして、その目標に達することを純粋に前に向いて頑張っていれば、周りが助けてくれて、どんどん引き上げてくれるし、自分が引き上がれば自然に、周りも引き上がってきて、相乗効果を生んできます。

さらに言えば「人を応援して行こう!」という気持ちが自然に出ている時が、実は一番、自分が輝いている!ということを、感じています。

 

天才ではない。才能があるわけではない。適度にゆるい人生を歩んでいる。

そんな私のような人も、自分なりに妥協しない心で毎日努力する、「ミニマム・ストイック」を目指してみたいと思います。

Mama's profile/プロフィール

松前 博恵

松前 博恵 ーブランドカウンセラーー

記事テーマ

子育てしながら自分の強みを生かす「自分ブランディング」の作り方

ジェネリーノには、多くのカリスマ・ママブロガーさんが登録されています。自分だけのオリジナル「強み」を生かし、その道の達人として著書を出したり、講師になったりと、普通の主婦から飛躍的な活躍をされる方も多数。活躍オーラを持つ秘訣、オリジナルブランド作りにはどんな秘密があるのでしょう?ブランドカウンセラー松前がその秘訣をお伝えします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/松前 博恵さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ