ハッピー・ノート.com

ママブランディングのモチベーション/2012年5月

目標がなくたっていい

目標を一生懸命考えても、よくわからない。という人がいます。

目標を持つことが苦手な方もいらっしゃいます。

「目標」というのは、シンプルに考えると、自分の「モチベーション」なんです。

つまり、ポジティブに考えるためのツールです!

それがあることで、自分を奮い立たせることができる。今やるべきことの意味がわかり、苦痛を和らげる。

今、頑張ることの意味として、重要なものなんです。

 

ですから、「目標設定」が作れないことで悩んだりしないでください。むしろそれをくよくよと悩むなら、あまり考えずに次の行動にうつしてみる方が得策と言えます。

自分なら出来る!と感じる時が自然と来る

「私は社長になる」「有名になる」

「口に出すことで実現する、引き寄せの法則。だからとにかく『夢』や『目標』を考えるだけじゃなくて、口に出したり絵にかいてみたりするの」

 

それは良いことだと思います。

それも一つの方法だと思います。

 

ただ私は思うんです。結局、自分の目標を実現している人は、コミュニケーション力にたけていたり、予期せぬことが起きたり、気もちが落ち込んでも、変わらず行動をし続けている人。だと思いませんか?

 

「今の自分には出来るかも」と、何かポーンと背中を押される時期ってありませんか?気付くと環境が整っていたとか、自分に出来そうな話が舞い込んできたとか。考えただけでモチベーションがあがり、ウキウキして、それが、絶対手に入るような気もちになる時って。

そういう時は、「やる」と決めて即、行動してみる。

 

私は、それでいいと感じています。

絶対的に信頼出来る親友。応援してくれる仲間

自分のモチベーションをあげるのに、「最適な人」を見つけましょう。

あなたの道を決めてくれる人ではなくて、お尻をよいしょと持ち上げてくれたり、前を走っていて時々振り返ってあなたの様子を見てくれる人。

または、マラソンのコーチのように後ろを一緒に走ってくれる人たです。

 

その数は、少なくてもいいと思います。たった一人でも、二人でも、三人でも。

 

でも、大勢の人からの声援を受けて、モチベーションが上がる人もいます。でもその中には野次馬も沢山います。それが気になってかえって辛くなってしまう人もいます。そのための強靭な精神力が必要です。

 

また、いつも側にいるのにあなたの気持ちをどんどん落ち込ませて、自信を失わせる人がいます。本当に心配しているからこそ、そういう言葉を発してしまうのでしょうが、常に後ろ向きなことばかり言われると、あなたにとってはマイナスです。そういうマイナスパワーの人が側にいる場合は、少し距離をおいて、逆にその人自身のことを聞いてあげて、応援団になってあげるといいでしょう。きっと気付くはずです。

 

本当にあなたのことを、信頼して愛してくれて、落ち込んだ時も「がんばれ大丈夫!」と言ってくれる人が側にいるなら、自分のことよりも大切にしましょう。そして、自分だけじゃなくて、周りも幸せにしてあげられる人を目指しましょう!

Mama's profile/プロフィール

松前 博恵

松前 博恵 ーブランドカウンセラーー

記事テーマ

子育てしながら自分の強みを生かす「自分ブランディング」の作り方

ジェネリーノには、多くのカリスマ・ママブロガーさんが登録されています。自分だけのオリジナル「強み」を生かし、その道の達人として著書を出したり、講師になったりと、普通の主婦から飛躍的な活躍をされる方も多数。活躍オーラを持つ秘訣、オリジナルブランド作りにはどんな秘密があるのでしょう?ブランドカウンセラー松前がその秘訣をお伝えします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/松前 博恵さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ