ハッピー・ノート.com

アジサイを楽しもう♪/2016年6月

アジサイは水が大好き!

梅雨に入り、アジサイが雨に濡れて生き生きと美しく咲いています。

この時期はどうしても憂鬱になりがちですが、青や紫、ピンクのアジサイは目で私たちを楽しませてくれます。

 

2016あじさい.jpg

 

梅雨の時期のお花だけに、アジサイはお水が大好き。花瓶のお水もどんどんなくなります。

その一方でお水が下がりやすいという面があります。

アジサイを花瓶に活ける場合は、茎を切るだけではなく、ちょっとひと手間かけてあげましょう。

1.

ナイフやカッターで、茎の断面積が大きくなるよう斜めにカットします。

2.

すると茎の中に、白い綿のようなモワモワするものが入っているので、これを掻き出します。

3.

茎の中に空洞ができて、これで水が吸い上げやすくなります。

 

たっぷり深めの水に活けてくださいね。

 

 

2016あじさい2.jpg2016あじさい3.jpg2016あじさい4.jpg

存在感のあるアジサイの使い方

小さな花の集合体でできているアジサイの花のかたまり。

存在感があるので、1本だけでも様になります。

 

2016あじさい5.jpg

 

または、アジサイの花を花留めとして使うのもおもしろい使い方です。

 

 

小さな花が集まっているので、その隙間を利用して花留めにするのです。

アジサイの茎を短く切って、水を入れた花瓶の中に埋めます。

 

2016あじさい6.jpg

 

 

これだけでも可愛いですし、アジサイの花の隙間を使ってグリーンを挿します。今回はスグリを使ってみます。

 

 

2016あじさい7.jpg

 

スグリは透き通るようなグリーンから赤に変わるキレイな実をつけています。この実をアジサイの上に散らせます。

垂れ下がるように置くと可愛いですよ。

 

 

2016あじさい8.jpg

 

こんな使い方もあるアジサイ。

アジサイの魅力で、上手に梅雨を乗り切ってくださいね。

Mama's profile/プロフィール

鈴木 純子

鈴木 純子 ーフローリスト・花教室講師ー

記事テーマ

子どもと一緒にお花を楽しもう♪おうちで簡単アレンジ。

部屋に花があることで、空気が華やかになり、人の気分も変わります。花は癒しだけではなく、私たちにパワーも与えてくれます。家族が過ごす大切な部屋を花で飾り、笑顔で過ごすきっかけのご提案です。お子さんと実際に花に触れ、アレンジメントを作ることで、感触、香り、色を体感し、親しみ、お子さんとの会話を楽しんでください。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/鈴木 純子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ