ハッピー・ノート.com

ママといっしょにクッキング 手ごねの子ブタさんの中華まん/2017年2月

手作りならでは子ブタの中華まん

DSC06405.JPG

 

寒い時期には、体も心もあったまる手作りおやつが食べたくなりますね。

生地から作る手作り中華まんは添加物もなく安心安全です。

蒸しあがった中華まん、子ぶたの表情も手作りならではで、一つずつ違うのもかわいいですよ。ぜひお子さまと楽しみながら作ってみてください。

手でこねてみよう!

 

まずは生地作りからはじめましょう。

材料 中華まん3個

薄力粉・・・75グラム

強力粉・・・15グラム

ベーキングパウダー・・・小さじ3/4

しお・・・小さじ1/4

 

★イースト・・・小さじ1/2

★さとう・・・小さじ3

★ぬるま湯・・・40cc~(40℃くらいのぬるま湯)

サラダ油・・・小さじ1/2

 

 

ココアパウダー・・・小さじ1/3

水・・・小さじ1/3

 

1 ボウルに薄力粉、強力粉、ベーキングパウダー、しおを入れ、あわせておいた★の材料をくわえゴムべらで混ぜる。

2 粉っぽいところがなくなってきたら、サラダ油をくわえ、混ぜる。

3 まとまってきたら、台の上にだし、手でこねる。(水分が足りない場合は小さじ1/2くらいずつ様子をみてぬるま湯をたす。)

4 生地の一部(ブタの鼻と耳になる生地の量)を少量切り、生地の中にココアパウダー、水をくわえこねる。

5 白い生地を3等分にしてそれぞれを丸めなおしをし、茶色の生地も丸めぬれふきんをかけ乾燥しないようにしておく。5分休ませる。

こしあんを包もう!

材料

こしあん・・・65グラム

すり黒ゴマ・・・大さじ1/2

生地作りができたら、こしあんを包んでみましょう。 

1 こしあんとすり黒ゴマをあわせ、3等分にしまるめておく。

2 丸めた生地のとじめを上にして手で7センチくらいの円に広げる。 

3 2のこしあんを生地の真ん中におき、周りの生地をひっぱりながらこしあんを包む。

4 あんこがででこないように、しっかりとじめをくっつけておく。

5 とじめをしたにしてクッキングシートの上におき、形を整える。

ブタさんのお顔にしてみよう!

1 ココア生地の茶色の生地をスケッパーで切り、手で丸め、ブタの鼻、耳を作り、つける。 

2 目の位置を決め、箸の先をつかいくぼませ、黒ゴマをおく。

3 ブタの鼻も箸の先端をつかい、へっこみをつけて鼻にする。

顔ができたら蒸してみよう!

顔まで仕上がったら、蒸し器で蒸してみましょう。

1 沸騰させた蒸し器を用意し、火をとめ中華まんがくっつかないように置く。蒸しあがると膨らむため 間隔をあけて置きましょう。火をつけず、15分おく。生地が大きくなり膨らんできます。

2 膨らんできたら、火にかけ8分蒸してできあがり。

※蒸し器のふたから水滴が落ちないように布巾で覆っておくとよいでしょう。

DSC06398.JPG

 宮崎台KITCHEN HOUSEのレッスンで仕上げた3歳から小学生の子どもたちが作った中華まんはこちらです。

ホクホクの出来立て中華まんは子どもたちに大好評です。中身のあんこは豚挽き肉にアレンジしてみるのもおすすめです。

ぜひ、親子でクッキングを楽しんでみてくださいね。

Information/お知らせ

http://ameblo.jp/chikono/  

 宮崎台KITCHEN HOUSEのご案内

キッチンハウス生徒さん.JPG 

食を通じて作るたのしさだけでなく

食べることの大切さを学ぶ

  子どもたちのための料理教室です。

  キッズクラスでは毎月、食材の勉強の時間を行っています。

毎月のメニュー、スケジュール

レッスン詳細はブログ記事にて

お知らせさせて頂きます。

2月レッスンのおしらせ

2月19日(日)10:30 

 

 現在、親子クラス(乳幼児連れのママも参加可 不定期開催)と

   キッズクラス(幼児~男女対象 毎月開催)があります。

通いやすい一日単発レッスン

 

おうちパーティーに飾ろう!

パーティーの飾りつけにぴったりな

バルーン作りレッスンも開催中

 IMG_1254.jpg

                            作品はギフトラッピングしてお持ち帰りして頂けます

 

  

Mama's profile/プロフィール

依田 抄智子

依田 抄智子 ー子ども・親子料理教室「宮崎台KITCHEN HOUSE」主宰 幼児食アドバイザーー

記事テーマ

ママといっしょにクッキング 料理体験で子どもの食を育もう

ママといっしょにクッキングと題して、親子で身近なお料理を通して食の大切さ、食卓を囲む大切さを感じてみませんか?毎日子育てに忙しいママだからこそ、親子でいっしょにできる簡単メニューのご紹介。親子でいっしょに食を育みましょう。ママの笑顔でおいしさも倍増しますよ。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/依田 抄智子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ