ハッピー・ノート.com

ママといっしょにクッキング 秋の味覚をたのしもうサーモンキッシュ/2016年10月

秋の味覚をたのしもう

いよいよ食欲の秋到来! 秋は秋刀魚、鮭といった魚介類に、きのこや里芋、栗・・・。

果物ではブドウなど。

夏の疲れをとるのに栄養たっぷりの食材がたくさん出回ります。

秋に美味しい食材たっぷりのサーモンキッシュのレシピをご紹介します。

 

 DSC00320.JPG

秋に美味しい食材たっぷり サーモンキッシュのつくりかた

直径15センチ型 2台分

サーモン(お刺身用)・・・100グラム

 

たまご液

たまご・・・1/2こ

粉チーズ・・・大さじ1

牛乳・・・20㏄

しお・こしょう・・・少々

 

たまねぎ・・・1/4こ

きのこ しめじ・エリンギ・・・あわせて70グラム

ミックスベジタブル冷凍・・・40グラム

オリーブオイル・・・小さじ1/2

冷凍パイシート 

 

*準備*

冷凍パイシートは使う10分前に冷凍庫から出しておく。

型に合わせて切り、オーブンシートを敷いた型に合わせてパイ生地を敷きこむ。

重し(ココットなど)をのせ200℃で15分焼き、粗熱をとっておく。

 

1 フライパンにオリーブオイルを入れ、みじんぎりにしたたまねぎを炒め、

しお、こしょうをする。しんなりするまで炒める。

2 ほぐしたきのこ、ミックスベジタブルを入れ炒める。中火で2分。

 

たまご液をつくる

ボウルにたまごを割り入れ、ときほぐし粉チーズ、牛乳、しお、こしょうをいれまぜる。

 

くみたて・焼き

1 サーモンは余分な水気をとり1センチの角切りにし、しおをする。

2 焼いたパイシートに炒めたたまねぎの具をいれ、最後にたまご液を流しいれ1のサーモンをおく。

3 予熱をいれたオーブン200℃で15分焼く。途中、表面がこげてきたらアルミホイルをかける。

デザートにも旬の野菜を取り入れて

DSC00327.JPG

今回、ご紹介したサーモンキッシュといっしょに、デザートにはさつまいもをつかったスイートポテトもおすすめです。

くまさんの形のスイートポテトは、第二回の「ママといっしょにクッキング」にてレシピをご紹介しております。

あわせてご覧いただけたらと思います。

食材選びは旬を意識してみよう

旬の食材は栄養価が高く体にいいというのはもちろん美味しいだけではありません。

日本の四季を感じる、四季をたのしむということでもあります。

栽培の技術が上がり、年中通してスーパーでは旬ではない時期にも売られていて、旬の食材がわかりにくくなっていますね。

ぜひ、お子様と旬を意識して、食材選びをし食卓に取り入れてみてくださいね。

Information/お知らせ

http://ameblo.jp/chikono/ 

 宮崎台KITCHEN HOUSEのご案内

 

食を通じて作るたのしさだけでなく

食べることの大切さを学ぶ

  子どもたちのための料理教室です。

  キッズクラスでは毎月、食材の勉強の時間を行っています。

毎月のメニュー、スケジュール

レッスン日程はブログ記事にて

お知らせさせて頂きます。

 現在、親子クラス(乳幼児連れのママも参加可 不定期開催)と

   キッズクラス(幼児~男女対象 毎月開催)があります。

通いやすい一日単発レッスン

  キッチンハウス生徒さん.JPG 

10月レッスンはハロウィンパーティーで

たのしいレッスンを開催

レッスン日程はブログをご覧ください

Mama's profile/プロフィール

依田 抄智子

依田 抄智子 ー子ども・親子料理教室「宮崎台KITCHEN HOUSE」主宰 幼児食アドバイザーー

記事テーマ

ママといっしょにクッキング 料理体験で子どもの食を育もう

ママといっしょにクッキングと題して、親子で身近なお料理を通して食の大切さ、食卓を囲む大切さを感じてみませんか?毎日子育てに忙しいママだからこそ、親子でいっしょにできる簡単メニューのご紹介。親子でいっしょに食を育みましょう。ママの笑顔でおいしさも倍増しますよ。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/依田 抄智子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ