ハッピー・ノート.com

ママといっしょにクッキング 安全にたのしく料理をするためのコツ/2017年7月

安全第一 コンロやオーブン周りの注意点と調理器具について

『宮崎台KITCHEN HOUSE』のレッスンの前に 安全に調理ができるようにいくつかお約束をします。

料理をしている時には、コンロやオーブンに気をつけることや先生の話をしっかり聞くことなどいくつか注意することをお話しします。ご家庭でもお子さまに、調理に入る前に先に気をつけるとことをお話しして安全に調理できるように心がけましょう。

普段お使いのコンロの高さは子どもには使いづらく、踏み台を使い高さを合わせてお使いになるかと思います。踏み台を使っても、子どもの目線にはお鍋の中が見えにくいです。

そこで子どもとの調理で活躍するのは、深さのある鍋ではなく浅めのフライパンがおすすめです。フライパンだと炒めている具材をしっかり見ることができるので子どもには見やすいです。

また片手の鍋やフライパンを使うときは柄を横にして子どもがひっかかったり、ぶつからないように工夫するのも大事です。鍋を使うときは簡単にひっくり返らないように重量のある両手鍋を選んでみてくださいね。

 

IMG_4495.JPG

この日のレッスンは春キャベツを使ったロールキャベツとカマンベールハニーピザ。

子どもたちのニコニコ笑顔がたくさん!

 

IMG_4481.JPG

調理の時間はみんな真剣です。

ロールキャベツ作りの様子です。

調理から食べるまでの時間は2時間以内

子どもたちの集中力は2時間程度と考えてメニューも考えてみましょう。

子どもたちとのレッスンでは集中力や体力も考えて料理も前半40分をめやすに、調理を終えて食育の勉強として食材の勉強をしたり、お絵かきの時間をとっています。子どもたちの集中力が切れてしまうと、疲れたと感じるだけでなく、調理中にふざけっこしてしまう場合も・・・。

子どもたちが気分転換でき、後半の調理の時間もたのしく料理ができるような心がけも大切です。

ご家庭でも子どもの年齢にあわせて、メリハリをつけた時間で料理をしてみると、お子さまも料理って楽しい!と感じてくれると思います。また子どもたちは盛り付けや飾りつけが大好きです。こうした作業時間はたくさんとってあげるといいですね。

 

 

002.JPG

Information/お知らせ

宮崎台KITCHEN HOUSEのご案内

http://ameblo.jp/chikono/  

キッチンハウス生徒さん.JPG 

食を通じて作るたのしさだけでなく

食べることの大切さを学ぶ

  子どもたちのための料理教室です。

  キッズクラスでは毎月、食材の勉強の時間を行っています。

毎月のメニュー、スケジュール

レッスン詳細はブログ記事にて

お知らせさせて頂きます。

 

 

 現在、親子クラス(乳幼児連れのママも参加可 不定期開催)と

   キッズクラス(幼児3歳~男女対象 毎月開催)があります。

DSC05404.JPGDSC05404.JPG 

Mama's profile/プロフィール

依田 抄智子

依田 抄智子 ー子ども・親子料理教室「宮崎台KITCHEN HOUSE」主宰 幼児食アドバイザーー

記事テーマ

ママといっしょにクッキング 料理体験で子どもの食を育もう

ママといっしょにクッキングと題して、親子で身近なお料理を通して食の大切さ、食卓を囲む大切さを感じてみませんか?毎日子育てに忙しいママだからこそ、親子でいっしょにできる簡単メニューのご紹介。親子でいっしょに食を育みましょう。ママの笑顔でおいしさも倍増しますよ。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/依田 抄智子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ