ハッピー・ノート.com

イメージを操る魔法のツール☆ホワイトバランスに挑戦/2017年11月

光の色をコントロールしてみよう

mama_takahashiyukako12.jpg

光の印象を決める3つの要素、「向き」「硬さ」「色」。今回最後に説明する「色」ですが、前の2つに比べると、ちょっと難しく感じるかもしれません。というのは、この「光の色」は、人間とカメラでは同じようには見えないからです。
 
今回はそんなカメラと人間の色の見え方のズレに意識を向けて、写真をコントロールする方法をお伝えしたいと思います。
なんかヘン?困った時のホワイトバランス
カメラと人間の目の見え方のズレ。これは、よく分からないけど「なんかヘン」と感じる写真の原因になることが多くあります。
 
下の写真をご覧ください。2枚の写真は連続して同じものを撮ったものですが、黒いテーブルの色味が左は青っぽく、右は黄味がかっているのがわかるでしょうか。

mama_takahashiyukako13.jpg

実は、カメラも人間と同じように光の色の受け取り方を調整しています。カメラはあくまで一枚一枚画面に映った色の様子から決めているので、カメラの位置が変わって画面中の色のバランスが変わると、その場の光は同じでも、調整具合が変わってしまうのです。
 
この調整具合はホワイトバランスと呼ばれています。ほとんどの場合、カメラにお任せのオート設定のままで問題ありませんが、「何か変」だったり、どこかすっきりしないときには、このホワイトバランスを変えてみましょう。
イメージ優先で仕上げてみよう!

またホワイトバランスは、「記憶色」という、私たちのイメージとして思い浮かべる色を写真で再現するためにも役立ちます。夕焼けは赤く、海は青いみたいに、小さな頃から印象付けられてきたものは本物をより強調したイメージを持っているものです。しかし、冒頭で少し触れたように、カメラで夕焼けや海を撮るとあまりそのようには写りませんよね。

このようなときは、光の色をより強調できるホワイトバランスを選んでみましょう。下の写真をご覧ください。

mama_takahashiyukako14.jpg

左の写真は電球色設定にし、透明感がある幻想的なイメージに仕上がっています。逆に右の写真は、曇天設定にしたことで秋の夕方らしさが際立っています。これはどちらが正解というのではなく、表現したい印象次第です。赤を強調したいときはより「日陰」など赤っぽくなるものを選び、青っぽくしたいときは、「電球」など本来は赤みを取り除くために使う設定を選びましょう。
 

ホワイトバランスで日常に魔法をかける

mama_takahashiyukako15.jpg

イメージに合わせて光の向きや強さを選ぶように、ホワイトバランスを選ぶことができると、写真の完成度はぐっと上がります。

上の写真は、リビングの窓際でヒモのしっぽをつけて隠れている子どもの写真です。子どもの空想の世界らしく、どこか非現実的なイメージに仕上げるため、あえてホワイトバランスを電球色モードに合わせています。

こんな風に、イメージに合わせてホワイトバランスを変えてみると、いつもの遊びの風景が魔法のように変わります。子どもの創り出す世界ってとてもドラマチックで夢に溢れていますよね。ホワイトバランスを使って、そんな世界を表現してみるのも楽しいですよ。

Information/お知らせ

☆イベント情報☆

・11/14(水)初心者のためのスマホ・デジカメ写真教室をくらすクラスで開催します!  

・11/24-25(土-日)ぶんぶんウォークにて、「こもれび写真館」@武蔵国分寺公園を開催します!

Instagram @neotenylab (ゆっか)では、スマホで撮ったこども写真を随時更新しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆっかのスマホ写真日記さん(@neotenylab)がシェアした投稿 -

 

最新情報はミンカのWEBサイトまたはfacebookページをご覧ください♪
出張での写真教室については上記ウェブサイトよりお問い合わせください。

☆写真撮影またはフォトレッスンをお返しに、イベントでお手伝いまたは子供の面倒を見ていただける方を探しています。そちらもウェブサイトよりエントリーください。具体的な内容は応相談です。


☆ミンカのInstagram @mincaphrase では、イベント情報や、ママを勇気付けるメッセージを投稿しています。

記事がお役に立ちましたら、ぜひ「役に立った」「共感した」ボタンでの応援もよろしくお願いします☆

Mama's profile/プロフィール

高橋 ユカコ

高橋 ユカコ 【フォトグラファー】

記事テーマ

プロ直伝!ベビー&子どもの未来が輝く☆魔法のフォトレッスン

写真は記憶を彩る魔法のツール。どんなに大変な子育て時代もかわいい写真にすれば、眩しい思い出に変わります。一見難しそうなカメラの使い方ですが、写真の法則はとってもシンプル!スマホでも一眼でも変わりません。プロの現場や子育ての実体験に基づく、シンプルなセオリーから月齢に合わせた簡単なコツまで、とっておきの写真の撮り方をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/高橋 友佳子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ