ハッピー・ノート.com

美ママ親子の幸せ愛情ホルモン♪/2014年2月

タッチケアは美ママとお子さまの心のビタミン!

美ママのみなさま、こんにちは♪

ボディバランススタイリストHiROE♪です。

ミキハウス2014.2.4.jpg

梅の開花の便りも届く季節となりましたね。

まだまだ寒い日も続きますが、風邪などのウィルス予防には元気にお外で遊ぶほうが良いようです。

手洗いをしっかり手首までして、元気にお過ごしくださいね。

さて、効果的なスキンシップでもお話ししていますが、タッチケア・ふれあいは、お子さまの人生の土台や基礎になる大切なものと、お教室を通して感じています。コミュニケーション能力や自己肯定感を育むのは、やはり小さい時期の関わり方が大きく将来に影響するようです。

心を育てるにはスキンシップ!!! 小さいころに愛情を込められたタッチケアをしてきた経験は、まさに心のビタミンです♪

今回は、タッチケアやふれあいの研究に関しての記事となります。

(生まれつきスキンシップが苦手なお子さまもいらっしゃいますので、お子さまを観察して、苦手な部分は避けましょう)

★乳幼児期のスキンシップが青年期に影響?!

親と触れ合うことで、幸せ愛情ホルモン ‘オキシトシン’分泌のお話です。

初乳には栄養がたっぷり含まれているので、お子さまに乳房を吸わせると良いと言われていますが、ママがお子さまに乳房を吸われることでママスイッチが入り、幸せ愛情ホルモン・オキシトシンが分泌されるので、実は双方に良い効果があるのです。

ミキハウス2014.2.2.jpg

‘オキシトシン’について、桜美林大学準教授 山口創先生がAERA with Babyでお話ししています。

肌と肌のふれあいで「親子の体の中では何が起きている?

新生児の皮膚と皮下脂肪の重さは、全体重の23%を占め、25平方メートルもの広さになります。この広い皮膚から受けた刺激は、ダイレクトに脳の中枢を刺激することから”皮膚は露出した脳”と呼ばれます。


皮膚への刺激「触覚」は単純な経路で脳に届き、認識や感情の中枢まで広く刺激します。スキンシップとコミュニケーションの関係について研究する山口創先生は、肌に触れることは脳に触れることと同じ意味を持つとおっしゃっています。


大好きなママから優しいスキンシップを受けた赤ちゃんは、安らぎを感じるホルモン‘オキシトシン’が脳から分泌され、情緒が安定します。

親から優しく触れ続けられると‘オキシトシン’の分泌量が増え、子どもは自分が十分に受け入れられていると感じられるのです。

また、親自身も同様に赤ちゃんに触れることでオキシトシンが分泌され、ストレスホルモンの減少や安らいだ精神状態がもたらされます。

オキシトシンは、触れ合えば触れ合うほど親子の良好な関係が築けるいい流れを促すホルモンです。

育児は期間限定。幼少時代を過ぎると触れ合う機会も減っていくので、赤ちゃん時代の密着スキンシップで、親自身も癒される幸せな日常を満喫してほしいですね。

さらに、山口先生は、5~6歳の幼稚園児150人とその家族を対象にスキンシップと自画像の関係を調査しました。

◎1歳までのスキンシップが多いか少ないか

◎よく抱っこやおんぶをする 

◎よく手をつなぐ

◎褒める時、頭をなでる

◎添い寝する

◎おむつ替えや着替えのときに足やおなかをなでる

など10項目中7つ当てはまる家庭は、スキンシップの多い家庭に分類します。 

その結果スキンシップの多い子どもほど自画像を大きく書く傾向があったといいます。

発達心理では、自画像の大きさは自尊心の高さを表すのでスキンシップは、生きる価値があるという自尊感情を育むことになるのです。

自画像をもとにIQを割り出したところ、スキンシップの多い家庭の子どもの方がIQが高いという結果が出ています。 

母親は日々のお世話をするうえでのスキンシップが多く、父親は遊びを通してコミュニケーションとしてのスキンシップが多いからか、父親とのスキンシップが多い子どもは社会性が増す傾向にあります。

そして、思春期に「キレやすい」傾向は、乳幼児のスキンシップ不足と関係があると山口先生は考え、青年期の高校生163人とその母親の調査をしました。乳幼児期のスキンシップが不足していた子どもは、衝動的に他人に攻撃する傾向が強かった。 

と述べています。

スキャン0011.jpg

自我が目覚めれば、手を握って歩いてくれなくなる時期もあります。期間限定の今の育児を楽しむくらいの気持ちで過ごしませんか?

ママ・妻業は100%でなくても良いのです。時には、お掃除やお洗濯をおさぼりして、お子さまと公園に行ったり、添い寝をしたり、お風呂でゆっくり遊び、ベビーオイルでタッチケアをする。そんな風に、お子さまと向き合う時間の日があっても良いと思うのです。

自ら湧いてくるホルモン、オキシトシン!!たくさん湧かせてくださいね!!

幼少期に‘ふれあい’をしないとどうなるの?!

専門家の間では有名なお話です。

神聖ローマ帝国ホーエンシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世。
残酷ですが、彼はあらゆる人体実験を行っていました。

ふれあいがなかったらどういうことになるか?

それが「フレデリック大王の実験とネグレクト」です。

2014.2ミキハウス.jpg

フレデリック大王はあるとき修道士にマスクをさせて、

■赤ちゃんが目を見ても一切目を見てはいけない

■笑いかけても笑ってはいけない、語りかけてもいけないと

■ふれあいを一切しない

と命令をだし、赤ちゃんを育てる実験をしたのです。

すると、実験が終わらない間に子どもはみんな死んでしまいました。

赤ちゃんがだすサインを一切無視して育てると、子どもは身体も大きくならなければ発達も悪い発育不良になってしまうということです。

ふれあいは子どもが育つ上で非常に大切だということです。
タッチケアも絵本の読み聞かせも、すべて、このふれあいの延長線上にあるものです。

ふれあいのもう一つの特徴は、嬉しいことに双方向性ということです。

子どもだけが癒されるのではなくて、‘やっているほうもお互いに癒される’というのが特徴です♪

 

さて、ここでふれあいについての詩をご紹介いたします。

 

『わたしにふれてください』

 

 もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
 どうぞ、わたしにふれてください
 今までわたしが知らなかったやさしさを
 あなたからもらいたい
 おふろにいれてください
 おむつを替えてください
 おっぱいをください
 ぎゅっとだきしめてください
 ほおにキスしてください
 わたしの体をあたためてください
 あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
 わたしに安心と愛をつたえてくれるのです
 もしわたしがあなたのこどもなら
 どうぞ、わたしにふれてください。
 いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけど、
 何度もそうしてください
 わたしがどうしていやがるのかわかってほしいから
 おやすみなさい、と抱きしめるあなたの腕が
 わたしの夜を甘くしてくれる
 昼間に見せてくれるあなたのやさしさが
 あなたの感じる真実を伝えてくれる

(中略)

 もしわたしがあなたの年老いた父親なら
 どうぞ、わたしにふれてください。
 あなたが小さかったときに
 わたしがあなたにふれたと同じように
 わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって、
 わたしを力づけてください
 わたしの疲れた体によりそい、あたためてください
 わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど、
 あなたのやさしさに力づけられる
 どうぞ、何もおそれないで
 ただ、わたしにふれてください 

フィリス・K・デイヴィス(著)

 

 

ミキハウス2014.2.2.jpg

授乳のときやオムツを替えたあとなど、赤ちゃんの機嫌がいいときに、くすぐったり、体をやさしくさすったり、なでたりしてみましょう。

おうちのかたに触られると、赤ちゃんは大きな安心感を得られるものです。親子でのスキンシップをたっぷり楽しんでくださいね。

※スキンシップの前には手を洗っておきましょう。
爪も切っておくのがおすすめです
 

Information/お知らせ

参考文献・引用 

AERA with Baby2010年12月号

子育ての大脳生理学(朝日図書) 高木貞敬 著書

 

 

【 HiROE♪レッスンご案内 】

HiROEレッスンご案内

★埼玉 朝霞台・北朝霞 タッチケア&ママ骨盤体操(アロマトリートメント付)

★埼玉 朝霞台・北朝霞 美☆ボディバランスエクササイズ(骨盤ウォーキング・アロマトリートメント付/毎月1回目ヒールウォーキング)

★東京 恵比寿 JR直結 美☆ボディバランスエクササイズ(ウォーキング・アロマトリートメント付/毎月1回目骨盤ヒールウォーキング 4回目サーキットトレーニング)

 

★2014.5~【大好評】子育てに役立つ健康チェック講座つきの出張イベント講座、コラボイベントも賜ります♪

 

~お気軽にトライアルレッスンお待ちしております~

 

★ブログでは最新情報をほぼ毎日更新 こちら

★復興支援プロジェクト 愛をわける わけわけ体操

Mama's profile/プロフィール

HiROE♪

HiROE♪ ーボディバランス&魅力アドバイザー FutureStyle代表ー

記事テーマ

親子で楽しみながら“美ママ”をつくる♪

親子体操やスキンシップ、ベビーカーでお散歩をしながら、出産を味方にして、さらなる【美ママ】を目指しませんか? 期間限定の育児を楽しみながら、お子さんもママも、ますます心身ともに健康になりましょう。7年間で20000名の女性・ママ・ベビーを指導した経験・研究を活かし、HiROE♪がお伝えしていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/HiROE♪さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ