ハッピー・ノート.com

線をまっすぐ書けないのは◯が原因!/2018年5月

思い通りにペンを動かせますか?

みなさんは、まっすぐな線をひくことができますか?

例えば「木」という字を書こうとするとき、二画目の縦画がまっすぐひけない!という方はとても多いと思います。

木.jpg

このたった1本の線が曲がるだけで、字の印象はかなり変わってきますよね。

ではなぜ、思っている方向にペンが動いてくれないのでしょうか?

逆に言うと、自分が書きたいと思う方向に自由自在にペンを動かすことができるようになれば、思い通りの形の字を書くことができます。

今回は、線がまっすぐひけない原因と改善するコツをみていきましょう。

思わぬ方向に行ってしまうのは余計な力が原因!

字を書くとき、ぎゅーっと手に力が入っていませんか?

ペンの持ち方で1番といっていいほど多いのが、このような持ち方。

IMG_3518.jpg

力が入りすぎて、人差し指が反ってしまっています。

この力こそ、線がまっすぐに引けなかったり書きたい方向に書けなくなってしまう原因!

例えば縦画を書くとき、人差し指や中指に余計な力がかかっているとその力によってペンがどんどんと左に向かって進んでいってしまいます。(左利きの場合は右に)

手のひらの中に卵を持っているようなイメージで、その卵を壊さないよう線をおろしていくと、まっすぐな縦画が書けるようになります。

ペンの正しい持ち方は「書きやすい筆記具と正しい姿勢・持ち方で美文字に近づく!」でも紹介していますので、ご参考ください。

どうすれば力を抜いて書ける?

正しい持ち方でペンを持つのが大事なのは分かったけれど、ついつい書いているうちに力が入っていってしまう・・・という方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、音楽!

無音の中で集中して真剣に・・・も大切ですが、それがだんだんと力が入ってしまう原因になっていることも。

心地良く好きな音楽を流しながらリラックスして書くのがおすすめです。

また、できそうな方は軽く鼻歌をくちずさみながら書くのもとても効果的。

もちろんはじめはどちらかに集中がかたよってしまうかもしれませんが、歌う余裕が出るくらいリラックスして書けるようになると美しい線を出すことができます。

熱唱系ではなく軽く歌えるものを選曲してくださいね。

線質さえ良くなれば、形を整えることはあとからでも十分! 騙されたと思って一度試してみてください。

字を書くのに力は必要ない!

ついついきちんと書こうとすると力を入れてしまっていた・・・そんな方はとても多いと思いますが、実は字を書くのに力を込めるは必要はありません。

それでも、正しい持ち方で持ったり力を緩めると全然書けない!という方はまだ書くときに必要な筋肉が鍛えられていないから。

しかし、字を書くことが格段に少なくなった現代はそれが当たり前。

普段使っていない筋肉を鍛えるには日々の練習が必須になってきますが、まずは今回ご紹介したようなことを意識するだけでも以前より書くことが楽になってきます。

字を書くときは力を入れずにリラックス! 線をまっすぐ書く練習をするときには思い出してみてくださいね。

Information/お知らせ

東京 自由が丘の書道教室 墨庵・自由が丘教室】

 ★教室公式HP★

手ぶらで通える書道教室! 目的に沿ったレッスンを受けることができます。

実用重視の5回完結型レッスンもあります!

【Instagramで美文字動画配信中!】

★Instagram★  ★Blog★

Mama's profile/プロフィール

平野 萌

平野 萌 ー書道講師・書道家ー

記事テーマ

子どもの就学までに美文字ママを目指す!

結婚後、出産後、独身時代よりも字を書く機会が増えてきた気がしませんか?子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、その機会はまたグッと増えると思います。そんな時に、「字がきれいだったらいいのに…」と困らないためにも、今からが練習を始める絶好のチャンス!忙しい育児の中でも簡単に美文字に近づけるような情報をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/平野 萌さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ