ハッピー・ノート.com

毎日5分一文字書くだけ!効果的な美文字練習法/2017年11月

『様』を毎日練習すると漢字が上達!

今回は、毎日たった5分でも良いので練習してほしい文字をお伝えします。

それは漢字の『様』!

『様』は、名前や住所の次によく書くのではないか?というくらい書く機会が多いですよね。

実はこの字、漢字を書くときに使う要素がたくさん含まれているのです。

よってこの一文字を毎日少しずつでも練習していると、格段に漢字を美しく書くことができるようになります。

どんな要素があるかちょっと見ていきましょう。

『様』で9個の点画+漢字のバランスを習得できる!

それでは書き順の確認とともに、一画目から見ていきましょう。

 

様.jpg

・①⑦⑧⑨→横画

・②→縦画

・③→左払い

・④→トメ

・⑤⑪→点

・⑥⑬→短い払い

・⑩→ハネ

・⑫→はねあげ

・⑭→右払い

 

覚える必要はありませんが、この一文字でこんなにたくさんの要素をマスターすることができるのです!

そして意外に書き順を間違えている人が多いのがこの『様』。

右側のつくりは3本の横画をひいたあと縦画が1本突き抜けているので、注意してくださいね。

書くときのポイントを見てみよう!

次に、『様』を書くとき具体的にどういうところに気をつけると良いのか見ていきましょう。

 

様ポイント.jpg

 

1.左側のきへんは、一画目の横線が2:1になる位置に二画目の縦線を引く

2.きへんの右側が揃うように四画目は短めに

3.つくりの中に出来る空間は、均一になるように線を引いていく

4.左側の偏と右側のつくりは1:1.5の割合にする

5.高さを揃えるのではなく、偏からつくりに向かって広がっていくように書く

 

一見たくさんあるように見えますが、一度覚えれば色々な字に応用することができます。

例えば1と2のポイントは、きへんの漢字すべてに共通して使えるポイントなのでぜひ他の漢字でも練習してみてください。

宛名の印象UP目指して一文字に集中!

前回の記事『年賀状にも役立つ!美しい宛名で印象UP』とあわせて実践すれば、宛名が美文字に近づき印象UP間違いなしです。

たった一文字で良いと思うと気持ちも楽ですよね。

まずは騙されたと思って、この一文字をお手本をじっくり見ながら繰り返し練習してみてください。

たくさんの字を練習していくことも大事ですが、同じ字を何度も繰り返し練習していくことで基本が身についていきます。

 

育児をしているとなかなかまとまった時間をとることは難しいと思いますが、ちょっとのすきま時間をみつけてぜひコツコツと実践してみてくださいね。

Information/お知らせ

東京 自由が丘の書道教室 墨庵・自由が丘教室】 ★教室公式HP★

手ぶらで通えて振替制度もあり通いやすさ抜群!目的に沿ったレッスンを受けることができます。

【Instagramで美文字動画配信中!】

★Instagram★  ★Blog★

Mama's profile/プロフィール

平野 萌

平野 萌 ー書道講師・書道家ー

記事テーマ

子どもの就学までに美文字ママを目指す!

結婚後、出産後、独身時代よりも字を書く機会が増えてきた気がしませんか?子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、その機会はまたグッと増えると思います。そんな時に、「字がきれいだったらいいのに…」と困らないためにも、今からが練習を始める絶好のチャンス!忙しい育児の中でも簡単に美文字に近づけるような情報をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/平野 萌さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ