ハッピー・ノート.com

見るだけでも効果あり!練習できないときの美文字特訓法/2018年9月

毎日書いて練習するのは無理・・・

字がきれになりたい、それは誰もが願うことですよね。

しかし、実際家事に育児に仕事に忙しい毎日のなかで、欠かさずペンを持って練習時間をとることはやはりなかなか難しいという方が多いと思います。

そこで今回は、書いて練習ができない日でも美文字に近づけるような特訓法をお伝えします!

書道に大切なのは”記憶力”

意外に思われるかもしれませんが、書道やペン字をしていく上で非常に大切なものの1つに”記憶力”があります。

私たちは普段、自分の目で見たことがないものを自ら表現していくことはとても難しく限界があります。

もし、頭の中に”美しい文字のイメージ”がしっかりと焼きついていれば、実践を重ねてくうちにその理想の文字に近づいていくことができます。

しかし、その”美しい文字のイメージ”が頭の中にまったくないと、いくら実践で練習をしていっても自分が理想とする美しい文字に近づいていくことはいつまで経ってもできません。

子どもの頃書道を習っていた方に字が上手な方が多いのも、お手本の文字をじっくり見るという習慣が身についていることがとても大きく影響していると思います。

cb83388df47a78a46fe5f9a2ef95c0ed_l.jpg

字は毎日見ているけれども・・・

そう言うと、「でも毎日、スマホやパソコンできっちりとしたきれいなフォント文字を見ているよ?」というふうに思う方もいるかもしれません。

しかしこれはむしろ逆効果。スマホやパソコンで見るフォント文字は、ほとんどが水平で左右対称の字は少しの狂いもなく左右対称で・・・というのが特徴ですよね。

このイメージのまま手書きでも書いてしまうとどうなるかというと、想像がつきますでしょうか。

抑揚がなく、機械的で子どもっぽさも感じさせてしまうような字になってしまいます。

0631ac028834f989024cc811e87812f3_s.jpg

「手書き」の美しいお手本を見る習慣をつけよう!

では実際にどのようにすれば良いのかをご紹介していきます。

まず、書店のペン字本コーナーに行ってみましょう。

たくさんのペン字本が並んでいると思いますが、これはすべて著者が手書きで書いたもの。

IMG_0239.jpg

よく見ると、それぞれの字の特徴が表れているかと思います。

ここで選ぶコツは、”自分が好きだと思う字”のペン字本を選ぶこと。

こんな字に近づきたい、と思える字であることが重要です。

本の用意ができたら、特に上手になりたい字を本の中から抜粋してスマホで写真を撮っておきましょう。

そうすることで、重い本を持ち歩かなくてもいつでもどこでもその字を見ることができます。

移動中や数十秒でも時間ができたとき、じっくりとその字を眺めて、頭の中に焼きつけていきましょう。

これだけでOK!

とにかく、美しい手書きの字のイメージを自分の目と頭の中にしっかりと焼きつけていきます。

これをしているのとしていないのとでは、いざ実践練習をしたときの上達スピードが格段に違ってきますよ。

時間がなくてなくて・・・という方は、まずはここから始めてみてくださいね。

Information/お知らせ

東京 自由が丘の書道教室 墨庵・自由が丘教室】

 ★教室公式HP★

手ぶらで通える書道教室! 目的に沿ったレッスンを受けることができます。

実用重視の5回完結型レッスンもあります!

【Instagramで美文字動画配信中!】

★Instagram★ 

Mama's profile/プロフィール

平野 萌

平野 萌 ー書道講師・書道家ー

記事テーマ

子どもの就学までに美文字ママを目指す!

結婚後、出産後、独身時代よりも字を書く機会が増えてきた気がしませんか?子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、その機会はまたグッと増えると思います。そんな時に、「字がきれいだったらいいのに…」と困らないためにも、今からが練習を始める絶好のチャンス!忙しい育児の中でも簡単に美文字に近づけるような情報をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/平野 萌さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ