ハッピー・ノート.com

一目置かれるママに!ご祝儀袋を美しく書くコツ/2018年9月

字がきれいだったら・・・と思う瞬間は

若い頃に比べると減ってきたかもしれませんが、まだまだ結婚式に出席する機会はありますよね。

字がきれいだったら・・・と多くの方が思う瞬間が、ご祝儀袋を書くときではないでしょうか。

特に、親戚の結婚式やご主人の付き合いで出席する結婚式などで恥ずかしい思いはしたくない・・・! ここぞという時にできるママでありたい!という方のために、ご祝儀袋を美しく書くコツをご紹介します。

基本的なご祝儀袋のマナーをおさらい!

まずは、基本的なご祝儀袋のマナーをおさらいしましょう。

本来ご祝儀袋の文字は毛筆がマナーですが、難しい場合は筆ペンでももちろんOK。

最近は「寿」などの名目があらかじめ印字されているものがほとんどなので、お名前さえしっかり書くことができれば表書きはOKです。

また、崩し字などは使わずに楷書体で書くことも大切なマナー。

もちろん、濃い黒で書いていきましょう。

IMG_6338.JPG

ご祝儀袋は下準備が命!

いざご祝儀袋に名前を書くとき、いきなり書き始めてはいませんか?

それでは字も曲がり、スペース内にうまく収められないという失敗も・・・。

ご祝儀袋は下準備が非常に大切です。

書く前にこんな風に鉛筆でガイドラインを書いておくと、バランスが取りやすいですよ。

o0480064013301059604.jpg

その他にもこのようなポイントに注意して書いていきましょう。

◆文字の中心・大きさを揃える

◆名目の文字(寿など)よりも少し小さめサイズで名前を書く

◆名目の上と大体同じくらいの余白を下に残す

ご祝儀袋はバランスが上手にとれているだけで美しく見える!というくらい文字のバランスは大切です。

この下書きに沿って丁寧に文字を書き、乾いたら消しゴムで下書きを消して完成。

決して急がずによく乾かしてから消すようにしましょう!

1文字1文字の美しさは筆ペンに慣れるところから

以上のようなコツをつかむだけでも見違えてきますが、やはり1文字1文字も美しく書けるようになりたいところ。

しかしそのために大切なのは、まずは筆ペンに慣れること。

以前の記事「筆ペンを使いこなしてワンランク上の美文字を目指す!」の記事も参考にしながら、1日10分でもいいので筆ペンを使う時間を作ってみましょう。

◆筆ペンを使いこなしてワンランク上の美文字を目指す!〜前編〜

◆筆ペンを使いこなしてワンランク上の美文字を目指す!〜後編〜

ここぞというときに美文字を発揮できるママになれる日も近いですよ!

Information/お知らせ

東京 自由が丘の書道教室 墨庵・自由が丘教室】

 ★教室公式HP★

手ぶらで通える書道教室! 目的に沿ったレッスンを受けることができます。

実用重視の5回完結型レッスンもあります!

【Instagramで美文字動画配信中!】

★Instagram★ 

Mama's profile/プロフィール

平野 萌

平野 萌 ー書道講師・書道家ー

記事テーマ

子どもの就学までに美文字ママを目指す!

結婚後、出産後、独身時代よりも字を書く機会が増えてきた気がしませんか?子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、その機会はまたグッと増えると思います。そんな時に、「字がきれいだったらいいのに…」と困らないためにも、今からが練習を始める絶好のチャンス!忙しい育児の中でも簡単に美文字に近づけるような情報をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/平野 萌さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ