ハッピー・ノート.com

こんなところも見られている!招待状の返信を美文字で書く!/2018年10月

返信ハガキは結婚式出席への第一歩!

前回の「一目置かれるママに!ご祝儀袋を美しく書くコツ」に引き続き、結婚式関連の美文字をマスターしていきましょう。

結婚式への出席が決まったときにまず出すのが、招待状の返信ですよね。

fd96ce9ee7b2c5c769ebb4a3403f8d9c_s.jpg

ここで、美しい返信ハガキが出せると出せないとでは大きく印象を左右してしまいます。

マナーをしっかりとおさえて正しく美しい返信ハガキを出せるようにしていきましょう。

基本マナーはしっかりおさえよう!

まずは、基本的なマナーから。

いくら美しい字が書けていたとしても、ここを外しては失礼にあたってしまいます。

意外にいざ書こうとすると迷う部分も多いので、しっかりと覚えておきましょう。

招待状返信.jpg

◆正式には毛筆か筆ペン、黒の万年筆を使うのが基本ですが、黒の水性ボールペンでも問題ありません。黒以外で書くのは避けましょう。

◆自分への敬語である「ご(御)」とある部分をすべて二重線で消します。

◆「ご(御)」など一文字だけ消す場合は、右上から左下へ斜線の二重線で消す書き方もあります。その方が字の向きと重ならないので良いからだそうですが、斜線でなくても間違いではありません。×印で消したり塗りつぶすのはNGです!

ワンランクアップするひと工夫

基本的なマナーをおさえたら、ちょっとした工夫も加えてみましょう。

例えば、余白には「喜んで(慶んで)出席させていただきます」などのお祝いの言葉を一言添えると良いですね。

また、二重線の代わりに「寿」という字を書いて消すという方法もあります。

寿.jpg

最後にここも忘れずに!

そして忘れがちなのが、宛名面。

返信ハガキは送る相手(新郎新婦)の名前があらかじめ宛名面に書いてありますが、ここの「行」を消して横か下に「様」を書くのも忘れずに!

招待状返信_3.jpg

「様」は宛名よりも少し大きめに書きます。

ここまででやっと完成!

返信ハガキは、出席が決まっている場合は2〜3日以内、遅くとも1週間以内には忘れずに出しましょう。

返信はがきにご祝儀袋、これをおさえれば結婚式出席での印象UPは間違いなしですよ。

Information/お知らせ

東京 自由が丘の書道教室 墨庵・自由が丘教室】

 ★教室公式HP★

手ぶらで通える書道教室! 目的に沿ったレッスンを受けることができます。

実用重視の5回完結型レッスンもあります!

【Instagramで美文字動画配信中!】

★Instagram★ 

Mama's profile/プロフィール

平野 萌

平野 萌 ー書道講師・書道家ー

記事テーマ

子どもの就学までに美文字ママを目指す!

結婚後、出産後、独身時代よりも字を書く機会が増えてきた気がしませんか?子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、その機会はまたグッと増えると思います。そんな時に、「字がきれいだったらいいのに…」と困らないためにも、今からが練習を始める絶好のチャンス!忙しい育児の中でも簡単に美文字に近づけるような情報をお届けします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/平野 萌さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ