胃腸炎のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子どもたちの健康のために今の時期注意すべきこと、流行っている病気などについて、タイムリーな情報を小児科の先生からお届けします。
八木 由奈
八木 由奈先生のプロフィール
平成5年兵庫医科大学卒。八尾市にて夫婦で小児科を開業。日本小児科学会専門医。日本アレルギー学会専門医。大阪小児科医会理事。大阪小児科医会感染症サーベイランス委員として、大阪府の感染症発生動向調査事業を担当。実生活では二児の母。

感染性胃腸炎の流行が始まりました(2013年11月26日更新)

ドクターニュース

2013年11月26日

感染性胃腸炎の流行が始まりました

早いもので、今年も残すところあと1か月と少しになりました。この時期は、日に日に寒さが増すとともに、かぜ、胃腸炎といった感染症のお子さんが増えてくる時期でもあります。しっかりと手洗い、うがいといった感染対策を行いましょう。
 
さて、第46週(11月11日~11月17日)の全国約3,000の小児科定点医療機関からの報告1)によると、感染性胃腸炎が前週比45%増と急増しました。本格的な流行の開始と思われます。RSウイルス感染症は横ばい、インフルエンザはまだ流行の兆しはありません。
 
 
感染性胃腸炎とは、いわゆるノロウイルスなどウイルスを原因とする急性の胃腸炎のことで、発熱、おう吐、下痢などの症状をきたし、毎年11月終わりごろから流行し始め、年末にかけて流行のピークを迎えます。昨年は過去10年間で最大の流行で、10月から患者報告数が増加し、11月にピークとなりました。今年は昨年と比べると少ない状況で、流行や流行のピークは例年並みになると思われます。

ノロウイルス性胃腸炎とは

ノロウイルスはもともとカキなどの2枚貝に存在するウイルスです。ノロウイルスに汚染された食品の摂取(カキの生食が有名ですが、どちらかというと感染した人の便や吐物に汚染された食品を介してのことが多いといわれています)や、感染した人の便や吐物に接触することで感染します。ノロウイルスは少量(18~1000個程度)のウイルスでも感染が成立することが知られていて、1gの便中には106~1012個のウイルスが存在するといわれていますので、ごくごく少量の汚物でも感染を起こしてしまいます。このように、ノロウイルス性胃腸炎はとても感染力が強いのが特徴で、毎年この時期に、多数の子どもが胃腸炎にかかったり、また老人ホームなどの施設などで集団発生を起こしたりします。

胃腸炎にかかったときの家庭でのケア

おう吐をした場合、30分ほど様子を見てから、経口補水液の投与を開始します。最初はペットボトルのキャップ1杯程度飲ませ、10分後に2杯、さらに10分後に3杯・・と増量していきます。この方法で飲ませると、おう吐しても補水液の一部は吸収されますので、おう吐をしても最初からまた根気よく飲ませます。固形の食べ物はおう吐してしまうことが多いので、やめておきましょう。おう吐はだいたい半日ほどでおさまります。おう吐がおさまり下痢だけになったら、さらに経口補水液を好きなだけ飲ませます。目安としては、1回下痢をするたびに50ml(赤ちゃん)~100ml(子ども)は飲ませるようにします。おなかがすいてきたら、ミルクや消化の良い食べ物を与えても大丈夫です。

家庭でできる感染防止策

最初に述べたように、汚物を介する感染がほとんどですので、外出後の手洗い、うがいをしっかりおこないましょう。おう吐物や便は薄めた塩素系の洗剤(クレベリン等、専用の消毒剤が市販されています)を用いて紙でふきとり、そのままビニール袋に密閉して、ベランダなど室外に出しましょう。アルコールは効果がありません。室内に残った乾燥した汚物の粉末を吸い込んで感染を起こすことが知られており、汚物は室外に出すことが大事です。汚染された衣類などは塩素系の洗剤につけておき、別洗いして日光消毒を行います。

お知らせ

1)国立感染症研究所感染症発生動向調査 週報(IDWR)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr.html

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

5

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ココもみてね! ドクターニュース

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。  長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。 長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

おむつはずし実態調査
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ハグ育ラボ
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス オフィシャルページへ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.