ハッピー・ノート.com

アロマで簡単ヘアオイルつくり!/2018年4月

乾燥した髪にヘアオイルで潤いを

ここ最近暖かくなってきましたが、少し乾燥してませんか?
髪がとってもパサついています。
そんな時にお手軽なのが、ヘアオイルです。
キャリアオイルだけを乾いた髪につけても使えますし、お風呂の中でシャンプー前に使ってもいいヘアオイルを作りたいと思います。
髪の毛はタンパク質でできています。油分が不足したり、紫外線を浴びたり、パーマなどで髪は乾燥し傷んでしまいます。

紫外線から髪を守り、乾燥知らずの髪にしたいですよね。
そこで、まずおすすめのキャリアオイルをご紹介いたします。
 
<ヘアケアにおすすめのキャリアオイル>
椿油    > よく聞いたことがあるかと思いますが、整髪におすすめです。
ホホバ油  > 紫外線や乾燥におすすめで、べたつかないので使いやすいです。
アルガン油>  乾燥ケアには持ってこいのキャリアオイルで、顔の乾燥にもおすすめのオイルです。
 
<ヘアケアにおすすめの精油>
オレンジ・スイート > 頭皮の汚れを取ったり、さわやかな香りです。
ペパーミント    > 頭皮をすっきりさせてくれます。夏に使うとひんやりしておすすめです。
ティートゥリー   > 髪の毛を清潔に保ってくれます。
真正ラベンダー   > 髪の毛を清潔に保ってくれます。

上記がヘアケアにおすすめのキャリアオイルと精油です。
さっそくヘアオイルを作ってみましょう!

作り方はとっても簡単です。
 

ヘアオイル2.jpg

 

<用意するもの>

キャリアオイル 20ml
精油 (今回はオレンジ・スイート3滴と真正ラベンダーを1滴)
オイルを入れる容器
 

<作り方>
1. キャリアオイル(ホホバオイル)を20ml計り、容器にいれます。
2. 1に精油を4滴入れます。

 


ヘアオイル1.jpg

 

これで簡単ヘアオイルの出来上がりです。

 

ヘアオイル3.jpg

 

<使い方>
お風呂で使用する場合:お湯で髪を濡らした後、ヘアオイルを数滴頭皮にすりこみ、温かいタオルで蒸す(蒸さなくても5分くらい置いてください)
その後よく洗い流します。 これを週に1度くらいやってみるのがおすすめです。
お風呂から出た後もしくは乾いた髪に使用する場合: 髪を十分タオルドライした後、ヘアオイルを数滴髪の毛先につけて、ドライヤーで乾かします。
乾いた髪には1,2滴(少ない量で大丈夫です、つけすぎるとべたつきます)を髪の毛先につけます。
 
<注意点>
ペパーミントは使うとスーッとするので、スーッとした感じが苦手な方は使用しないことをおすすめします。
使う量はほんの少しで大丈夫ですので、あまり大量に使用するとべたつく恐れがありますので使う際はご注意ください。

アロマテラピーで簡単にヘアオイルを作れるので、乾燥が気になる方は是非おすすめです!

Information/お知らせ

Mama's profile/プロフィール

森 享子

森 享子 ーアロマテラピーインストラクター/メディカルハーブコーディネーターー

記事テーマ

簡単・便利!アロマテラピー健康法

アロマテラピーは最近よく知られてきていますが、精油を買って使わずにおうちで眠っていることはありませんか?おうちで簡単に使えるために精油の特性や、その特性を使っておうちで簡単・便利なアロマテラピーのクラフト(抗菌スプレーや石鹸など)の作り方をお伝えし、おうちで健康管理を身近にできるようお伝えしていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/森 享子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ