ハッピー・ノート.com

蚊よけスプレーを作ってみよう!/2016年5月

蚊には嫌いな香りがある?
最近はよく蚊よけスプレーがオーガニックのお店やアロマテラピーのお店でお見かけすることがよくあるかと思います。
 
実は蚊が嫌いな香りがアロマテラピーの精油の中にあり、代表的な精油を取り上げます。
 
1. レモングラス
2. シトロネラ
3. ユーカリ・ラディアタ
 
上記3つはすべて葉から抽出される精油で、とても強い香りの代表でもあります。
 
レモングラスは柑橘系の香りで、トムヤムクンに香り付けとして入っている草です。蚊が嫌いな香りですが、ストレスを軽減し、むくみや冷え性にもいいと言われています。ただし、使用する際に濃度を50%以下に希釈(何かと混ぜる)しないと肌が荒れるので、注意しましょう。
 
レモングラス①.jpg
 
 
シトロネラも柑橘系の香りでレモンに似たフレッシュな香りで、レモングラス同様蚊が嫌いな香りです。また肩こりや腰痛にいいと言われています。
 
そしてユーカリ・ラディアタは蚊よけにもいいのですが、風邪・インフルエンザ、花粉症にもよく、香りがスーッとするので呼吸器系にとてもいいですよ!
さっそく蚊よけスプレーを作ってみよう!
蚊よけスプレーをおうちで作ってみましょう!
 
<用意するもの>
スプレー容器 50ml入るもの
ビーカー 50ml計れるもの
精油(エッセンシャルオイル)レモングラス5滴/シトロネラ3滴/ユーカリ・ラディアタ2滴
精製水 40ml (水道水でも可能)
無水エタノール 10ml
 
 
用意するもの.jpg
 
 
 
<作り方>
ビーカーにエタノールを10ml入れ、スプレー容器に入れる。
スプレー容器に精油(エッセンシャルオイル)レモングラス5滴、シトロネラ3滴、ユーカリ・ラディアタ2滴を入れてよく混ぜる。
ビーカーに精製水を40ml入れ、スプレー容器に入れる。
スプレー容器のフタをしてよく振ったら、出来上がりです!
 
 
 
<直接肌に吹きかける場合のお肌が弱い方へ注意点>
お肌が弱い方はパッチテスト(薬剤などのアレルギー反応の有無を調べる簡易テスト)をしてかぶれないか確認してみてください。
 
パッチテストのやり方
二の腕や太ももなどの皮膚のやわらかいところに10円玉くらいの大きさの量を塗り、30分~1時間様子を見る。
塗った部分が赤くなってなければ、問題ありません。
赤くなった場合はご使用をお控えください。
 
 
 
スプレー作りは非常に簡単で、すぐに試せますのでおうちで是非ためしてみてくださいませね!

Mama's profile/プロフィール

森 享子

森 享子 ーアロマテラピーインストラクター/メディカルハーブコーディネーターー

記事テーマ

簡単・便利!アロマテラピー健康法

アロマテラピーは最近よく知られてきていますが、精油を買って使わずにおうちで眠っていることはありませんか?おうちで簡単に使えるために精油の特性や、その特性を使っておうちで簡単・便利なアロマテラピーのクラフト(抗菌スプレーや石鹸など)の作り方をお伝えし、おうちで健康管理を身近にできるようお伝えしていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/森 享子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ