ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

子どもの病気 > 歯
歯科検診で形成不全と診断されたが、治療法は?永久歯はどうなるの?
歯の形成不全とは一番表層にあるエナメル質のつくりが弱いことを示しています。虫歯になりやすかったり、衝撃で削れたり欠けやすいことも心配されます。形成不全の程度が少なければ、お手入れを丁寧にしてフッ素で歯質を強化することで様子をみるだけですが、程度が強く虫歯が進みやすいときには、3歳ごろをめやすに治療を検討します。
子どもの病気 > 予防接種
麻疹・風疹は既に2回接種済み、「追加予防接種」はどうしたらよい?
麻疹・風疹の、「追加予防接種」については、我が国の現行の予防接種はいろいろな経緯があったものの、ともかくも最低2回接種をしようという目的で制定されました。既に2回接種している場合、必要はありませんが受けてもかまいません。
育児・しつけ > お風呂
「お風呂」と言っただけで拒否反応、入れるのも入ってからも一苦労
入浴可能なお人形を用意して、お子さまにお世話をさせてあげるというのはどうでしょう。着替えをしたり髪をとかしたり、ミルクをあげたり。女の子ですから、きっと自然にお世話ごっこをしてくれるはずです。慣れてきたら、「体もきれいにしてあげようね」と誘ってみて、「○○ちゃんもきれいにしようか」という感じでお子さまの入浴も済ませます。
授乳・離乳食 > 母乳
母乳マッサージに2度行きましたが、右胸にできたしこりがとれません
熱がなければ大丈夫です。おっぱいの出の悪い方をしっかりと吸わせてください。寝る前などずっと吸わせてください。出来れば、おっぱいの出の良い方は搾乳して捨てて、悪い方だけを集中して吸わせてみるのも良いです。
子どもの病気 > 事故・ケガ
ソファの背もたれから乗り出して、頭からフローリングの床に落ちた
転落からすでに時間も経過しており、何ら異常を認めていないことから問題はないと思います。どうしても心配となると、脳外科を受診した方が良いのかもしれませんが、書かれている状況で何かが起きるとは考えにくいと思います。これから、たくさん「事故」が起きる年齢になります。何が起きるかを知っておくこと、これが予防につながります。
ママ・家事・家計 > 体の不調
公園での日焼けが原因?足や腕にものすごいかゆみと発疹があります
症状の大変さは、よくわかります。間違いなく日光過敏症の症状のように感じます。開業医ではおそらく対応できないと思います。かかりつけの医師から大学病院に紹介してもらって診察を受けられた方がいいと思います。アレルギーをしっかりやっているかどうかは「あとピッ子地球の子ネットワーク」に問い合わせてみるのもいいと思います。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
自信をつけるために習い事をさせていたが、何もかも嫌だと言って泣く
普通が一番。失敗談や泣き言が出ても、「ふ~ん」「そうなんだ」「それで?」と、次の言葉が出てきやすいようにしてあげるのがよいと思います。嫌な気持ちをママは聞いてくれる!どんな失敗をしても、ママは怒らない!という安心感が一番です。時には、ママの(パパも?)子どもの頃の失敗談もしてあげたらいかがでしょうか?
子どもの病気 > 小児科なんでも
4才になったくらいから車に乗っているときなどに頭痛を訴えるように
嘔吐などもないなら、なぜそういう訴えをするかを考えた方がいいような気がします。車そのものが嫌いであるとか、車で出かける目的が嫌であるとか…。もっと幅を広げて、日常生活上ストレスや不満があるとか…。こうした不定愁訴は家族の症状をまねることも。改善しないなら小児科で相談なさった方がいいでしょう。
育児・しつけ > トイレトレーニング
パンツをはかせてみたが、知らせるタイミングがわからずに失敗する
オシッコをもらすことは、ママにとっても子どもにとってもストレスがたまってしまうもの。オシッコがでたら「でた!」と言える日が必ず来るんです。できるできないは人それぞれ。オムツがはずれる時期もちがいます。どうぞご安心ください。いちどオムツにもどって、トイレトレーニングすることをお勧めいたします。
授乳・離乳食 > 母乳
母乳もミルクも哺乳瓶でも飲んでくれず、どうしたらいいかわからない
乳質を良くするために、母乳は3時間毎に2,3回搾乳して捨ててください。哺乳瓶やおしゃぶりを使わず、コップ、まぐまぐ、スプーンなどで搾乳した母乳を飲ませてみましょう。乳頭を混乱しないようにすることが大切です。寝ぼけた時に母乳を飲ませてみてください。あるときから吸うようになります。
ママ・家事・家計 > ストレス
どうしたらわがままな娘とのヒステリックな毎日から解放されますか?
わがままな行動に対しては、ダメな理由を言って我慢を覚えさせましょう。3才だからわからないではなく、きちんと理由を説明することは忘れないでください。そしてそのときだけは、しっかりとお子さんを見つめ、スキンシップを心がけましょう。それぞれの子との時間をきっちりつくることがポイントです。
授乳・離乳食
あっさり断乳できたと思っていたのに、突然おっぱいを欲しがり出した
時間の許す限りスキンシップをとってみたり、お子さんとの時間を楽しまれたらどうでしょう。「噛み付かれるとこんなに痛いんだよ」「噛み付かれるとママは悲しいよ~」ということも教えてあげるといいです。せっかく断乳されたのだから、どんなに泣いても、おっぱいは復活されないほうがよいかと思います。
育児・しつけ > すいみん
朝早く起こしても昼寝が15時過ぎになり、結局夜型に戻ってしまう
子どもによって睡眠量はまちまちのようです。あまり眠らなくても平気な子も。一気に早い時間に寝かせるのも難しいかと思うので、少しずつずらしていってはいかがですか。ママはいっぱい仕事があるので子供だけ寝かせて…と思う気持ちはわかるのですが、開き直ってママも一緒に寝てしまうといいかも、です。
育児・しつけ > おむつ
遊んでいる時やオムツを替える時に足を突っ張るのが気になる
3ヶ月頃の赤ちゃんは、仰向けに寝かせるとO脚になります。かえるが仰向けになった感じです。ただ、それは力を抜いておとなしく寝ている場合の話で、3ヶ月半ともなると、興奮したり、怒ったりして足を突っ張ることは当然あります。ごく普通の仕草といえます。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
遊びに行くとテンションが上がり過ぎてママの言う事が聞けない
お約束を守らないなら遊びに行けない。おうちに着いたら何故帰るハメになったのかお話してあげてください。2才半だから判らない・・のではなく、2才半だから判らないのでは?と大人が決め付けているだけのように思います。きちんと話せば子供も判ります。また、家に帰っても楽しい事があるんだよという流れを作る様にしてみてください。
育児・しつけ > お風呂
暑い日は湯船につからずシャワーだけでもよいですか?(2才)
衛生面を考えたら、湯船につかるのもシャワーだけの場合も、皮膚の清潔は維持されます。シャワーだけでも良いと思われあすが、湯船につかることでリラックス効果が得られます。お父さまの入浴時、お子さまを入浴させてくれるのであれば、湯船につかってコミュニケ―ションを取るなどしても良いのでは?
育児・しつけ > 保育園・幼稚園
何事もママに依存、来春から幼稚園を考えているが不安(2歳7ヶ月)
食事の時にお母さまはどうされてますか?子どもだけで食べているとしたら、甘えてしまいますよね。小学生になって、おむつのお子さんはいないですよね?お箸やフォークを使えなかったり、洋服の脱着もできない子もいないですよね?時間が来れば自分で考えてやる気になると思います。まだお子さまはそのタイミングではないのかもしれません。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
進んで翌日の準備をするのに、毎朝、学校に行きたくないと言って泣く
小学校に行きたくないと言って泣いているとのことですが、幼稚園と小学校の環境の違いにまだなじんでいないと考えるのがいいと思います。あせらず1学期の間なるべく寄り添ってあげて下さい。運動会も元気に出られたなら、少しずつ自信もついてお友達もできて、2学期になれば恐らく今のようなことはなくなっていると思います。
育児・しつけ > まなび
補助輪なしで自転車に乗る練習をしているがなかなか上達しない
練習していた自転車は補助輪もペダルもないものです。両足を離してはずみをつけて前にスーっと進む練習ばかりを繰り返し、かなりの距離を進めるようになってから、ペダルをつけるといいのだそうです。大人はそばで見守っているだけです。逆に大人が支えると甘えてしまって自分の力でバランスをとらないらしいです。
ママ・家事・家計 > 体の不調
生理の前後は体調不良とイライラで、家庭生活にも支障が出るほどです
生理の前後に体調不良になる症状は「月経前症候群」と言われています。子育ての忙しさ、睡眠不足、食事摂取の不規則さ、ストレスなどで悪化しやすいもの。40代に入ると無理がきかなくなり体調に不安を覚えることも徐々に増えてきます。話を聞いてもらえる、信頼できる、かかりつけ婦人科医をそろそろ探しておくことが望ましいです。
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

映画やビデオ・DVDを見ていますか?
抽選で5名様にミキハウスの『ミニグラスセット』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.