ハッピー・ノート.com

英語のリスニング力 その2/2013年9月

リスニング力向上のために

今回も英語のリスニング力についてのお話です。学校のリスニングテストのような一方的なリスニングではなく、双方向コミュニケーション内でのリスニング向上についてお話しします。『リスニング力をつけるにはどうしたらいいでしょう?』と子どもたちや保護者さんに問いかけても、答えはあまり返ってきません。たまに返ってくる答えは、『沢山英語を聞くこと。』くらいです。リスニング力の向上の大事さはみなさんご存知なのですが、そのためにどうしたらいいのかが分からず、足踏みしているようですね。リスニング力向上のキーを、前回に引き続き紹介させてください。

ネイティブの速度に慣れる

ネイティブの人の話を聞くと、「どうしよう。。。早すぎて全く聞き取れない。」とそこで自信を無くして聞くのを辞めてしまう人が多いです。日頃ネイティブのスピードに慣れていないと、やはり本番で抵抗を感じてしまうものですよね。私たちが教室の生徒さんに指導する時、どんなに小さくてもできるだけネイティブのスピードで話すようにしています。子どもに絵本を読んであげるときなど、ゆっくりと理解しているかを確かめながら読んであげるのも大切ですが、ネイティブの速度で読んであげることも忘れていけません。やはり早い速度でないと、自然なリズムや音の繋がりができないものなのです。

会話を予測する

今分かっている情報をもとにこれからの会話を予測することで、リスニングが楽になります。会話のトピックが前もってわかっていれば、どんなストーリー展開になり、どんな単語が含まれる可能性があるのか考えてみましょう。こうして準備ができていれば、少しくらい難しい会話内容でもリラックスして聞き取れます。

子どもたちの来週の英語レッスンが運動会の翌日の場合、先生が運動会について尋ねる可能性は大ですね。それならば、お家で運動会に関わる単語を少しお勉強してみましょう。こうしたちょっとした努力の積み重ねで、子どもたちが先生の英語にしっかりと耳を澄ませてくれます。

シグナルワードを聞き取る

シグナルワードとは、相手に会話の展開を伝える単語やフレーズのことです。

  • “And most important…(そしてもっとも大事なのは)”
  • “On the contrary…(反対に)”
  • “Further…(さらに)”
  • “In conclusion…(結論としては)”
  • “From this we see…(これから分かるのが)”
  • “The basic concept here is…(ここで押さえておかなければならない内容は)”

このようなシグナルワード、見逃さず大事にして下さい。

“聞いていること”を相手に伝える

そして最後に、会話をしている相手に“聞いていますよ。”としっかりとシグナルを送ってください。相手の目を見たり、相槌をうったり、表情を変えたり、質問をしたりします。聞き手の様子に合わせ、話し手もスピードや内容を変えてくれます。「早すぎて聞き取れなかった。」は、言い訳ですね。子どもたちを「上手に言えたね。」と褒めることは良くあっても、「上手に聞けたね。」と褒めることはなかなかしないですよね。これからは、上手に聞けた時にも褒めてあげるようにして下さい。

Information/お知らせ

私が運営する英語教室の情報はこちら☆☆☆

 Transparent Logo.pngのサムネール画像のサムネール画像

*只今生徒さんを数名のみ募集中です。

Mama's profile/プロフィール

バーコム 麻衣子

バーコム 麻衣子 【スカイプ英語教室『Red Cup English』主宰】

記事テーマ

親子で広げる『英語の世界』~子どもの英語教育に大事なこと~

学校の英語の成績は『5』、だけど実際には英語が使えない。--どうして? 英語が話せて当然の時代を直前に、子どもの英語教育への興味は増す一方、不安や疑問も多いですよね。英語教育への理解を深め、将来本当に使える英語習得のためのポイントを、一人のママとして、英語講師として、お伝えします。お家で楽しく英語を学ぶアイディアも盛り沢山。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/バーコム 麻衣子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ