ハッピー・ノート.com

忘れないで欲しい英語表現/2013年2月

コミュニケーションに欠かせない表現

「うん。」「そうだね。」「へ〜。」「本当?」「あらっ!」「う〜ん、、、」というような表現、お友だちと会話をしている間にいったい何度使っているでしょう? 自分が思っているよりきっと沢山使っていると思いますよ。 私たちは相手の話を聞きながら、いつの間にか自然に相槌を打ち、感嘆詞や感動詞を発します。こんな表現、小学校の国語の時間に習うわけでもないですが、小さい子どもから大人まで、誰もがしっかりマスターしてコミュニケーションに取り入れていますね。

 

英語にも日本語と同じように、相槌、感嘆詞、感動詞は沢山ありますがご存知ですか? 知っている方、英語を話しているときに自然に出て来ますか? このような言葉は文章構成上不可欠なものでは無いので、英語教育の中では軽視されています。しかし、ネイティブスピーカーと会話でコミュニケーションをとる際、とっても重要なものです。相手の話をしっかり聞いている、共感している、ビックリしている、疑問に思っているというような色々なサインを、難しい表現を使わずに伝えることができます。また、そうして相槌を打ったり、感嘆詞や感動詞を発することで、その場の会話の雰囲気が和らぎます。あなたのコミュニュケーション力をグンと上げてくれる表現ですね。

英語の相槌*感嘆詞*感動詞の例

英語の相槌、感嘆詞、感動詞にはこんなものがあります。

知っているものがありますか?

 

hummm(えーっと、、、)

let’s see(そうだな〜。) 

no way(まさかー。)

aha(なるほどね。)

uh-oh! (あらー。)

oops(やっちゃった。。。)

wow! (うわぁー、凄い。)

ouch! (イタッ!)

hey man (よお!おい!)

yup! /yeah(うん)

uh-huh(うん、うん。)

頻繁に使って慣れましょう!

聞いたことのある表現でも、実際に適切に使うのは難しいもの。それぞれの表現が使える状況をしっかり理解し、頻繁に使って慣れることが大切です。Ouch!  Uh-oh!などという表現、とっても言い易くリズミカルなので、子どもたちも喜んで使ってくれるものです。

 

  • 子どもたちが、一人でトイレができたとき  >>>  “Wow!(うわぁー、凄いね。)”

 

  • ジュースをこぼしたときは  >>>  ”oops(あらあら、やっちゃたね。)”

 

  • 転んで膝小僧を擦りむいたときにはその傷を見て  >>>  ”ouch!(痛いね。)”

 

などと、時と場合に合わせて相槌、感嘆詞、感動詞を頻繁に使って下さいね。そのうち子どもたちが表現を覚え、自然と自主的に使ってくれると思います。

いつも目を向けないところに目を向けましょう。

英語の相槌、感嘆詞、感動詞の表現は、学校のテストではほぼ出て来ません。塾はもちろん、多くの英会話教室でも重要トピックとして取り上げられない、隅におかれた表現だと思います。その高い重要性に気づく人も少ないでしょう。しかしこのような表現が自然に使えると、ネイティブの人とも自然な会話が成り立ち、相手も親近感を感じてくれるはずです。子どもたちが英語に触れられる環境を沢山つくり、英語を体で覚えさせてあげてください。

Information/お知らせ

私が運営する英語教室のホームページはこちら☆☆☆

 Transparent Logo.pngのサムネール画像のサムネール画像

*無料体験レッスンのモニター募集中です。興味のある方は、教室のホームページをご覧ください。

Mama's profile/プロフィール

バーコム 麻衣子

バーコム 麻衣子 【スカイプ英語教室『Red Cup English』主宰】

記事テーマ

親子で広げる『英語の世界』~子どもの英語教育に大事なこと~

学校の英語の成績は『5』、だけど実際には英語が使えない。--どうして? 英語が話せて当然の時代を直前に、子どもの英語教育への興味は増す一方、不安や疑問も多いですよね。英語教育への理解を深め、将来本当に使える英語習得のためのポイントを、一人のママとして、英語講師として、お伝えします。お家で楽しく英語を学ぶアイディアも盛り沢山。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/バーコム 麻衣子さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ