ハッピー・ノート.com

早くに英語学習をはじめる理由/2014年12月

小さな子どもと英語を学ぶ

 

英語学習のスタートもどんどん低年齢化され、私の保護者様向け英語ワークショップにも、小さな赤ちゃんをあやしながら参加される方がどんどん増えています。お子さんが小さい時から必死にお子さんの英語学習について学ばれるパパやママがいることは、私たち指導者からみるととても嬉しいことです。早期に英語学習をはじめることは言語習得にはとても有利。早く英語学習を開始するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

早く英語学習をはじめるメリット

 

早期に英語学習を開始することには大きなメリットがあるのですが、そのいくつかを紹介しましょう。

 

(1)吸収力が高い:

臨界期仮説(Critical Period Hypothesis)、この言葉を聞いたことがあるでしょうか? 敏感期やセンシティブピリオドなどという言葉も使われたりします。この説はネイティブ並みの英語習得には期限があるというもので、10歳から12歳頃の思春期までが限度だという研究者もいれば、もっとはやく5歳だという人もいます。小さければ小さいほど、言語を自然に吸収することができるのです。例えば、日本人が苦手なrとlの発音ですが、1歳以下の赤ちゃんは音の違いがしっかりと聞き分けられますが、1歳を過ぎた頃から年齢が増すにつれ聞き分ける力が失われてしまいます。それは、母国語である日本語の定着が大きな原因です。

 

(2)恥ずかしさが少ない:

大人になってから発音を奇麗にしたいと思っても、誰かの前で口を大きく開けて、唇を上の歯で噛んだり、舌の位置を確認したりしながら練習するのは気が引けるものです。幼稚園児や小学生でさえ、周りのお友だちの目を気にします。学校で、先生の真似をしてクラス全体で一緒に発音するというような練習法は、言語学習には適しません。恥ずかしさがない幼少時に英語をはじめることで、英語を話すことに抵抗を感じず学ぶことができます。

 

(3)数字を意識しなくて良い:

中学生以上になると、テスト、受験、英検など、英語力が数字化され、比べられるようになります。私は本物の英語力は学校のテストなどで簡単に数字化して現せるものではないと思っているので、「数字は気にしなくていいよ。」と生徒さんに言いますが、やはりどの子も、どのご両親も気にしてしまうものです。そのブレッシャーが無い小さいうちは、伸び伸びと楽しみながら学習に取り組めます。

 

(4)英語があることが自然になる:

小さな頃から英語学習をはじめると、英語がある生活が当たり前で、英語を学ぶことが自然なことになります。その利点も是非活かしてください。

Information/お知らせ

私が運営する英語教室の情報はこちら☆☆☆

 Transparent Logo.pngのサムネール画像のサムネール画像

保護者さま向けのワークショップも毎月開催しております。スカイプでのワークショップですので、どこにお住まいでも参加可能です。是非お問い合わせ下さい。(admin★redcupenglish.com >> ★を@に変えてご連絡下さい。)

Mama's profile/プロフィール

バーコム 麻衣子

バーコム 麻衣子 ースカイプ英語教室『Red Cup English』主宰ー

記事テーマ

親子で広げる『英語の世界』~子どもの英語教育に大事なこと~

学校の英語の成績は『5』、だけど実際には英語が使えない。--どうして? 英語が話せて当然の時代を直前に、子どもの英語教育への興味は増す一方、不安や疑問も多いですよね。英語教育への理解を深め、将来本当に使える英語習得のためのポイントを、一人のママとして、英語講師として、お伝えします。お家で楽しく英語を学ぶアイディアも盛り沢山。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/バーコム 麻衣子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ