子どもの花粉症のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

知っておこう!子どもの「花粉症」

アレルギー 子どもの病気 教えて!ドクター

(2012年 春号 掲載)

春になるとピークを迎えるのが花粉症。鼻水が止まらない、目がかゆいなど、つらい症状が続き、毎年この季節は憂鬱という方も多いのではないでしょうか。

花粉症とはアレルギー性疾患のひとつです。スギ、ヒノキに代表される樹木や、草花などの花粉が抗原となって、鼻水や目のかゆみなどアレルギー反応を引き起こします。
最近はお子さまにも花粉症が増えているといわれ、「ウチの子は大丈夫?」と心配されているママもいらっしゃるはず。そこで、ママからの質問をもとに花粉症について解説します。

子どもも花粉症になるって本当なの?

確かにお子さまの花粉症は年々増加傾向にありますが、赤ちゃんや小さなお子さまは、花粉に対するアレルギーは少なめです。むしろハウスダスト(家のゴミ)にアレルギーを示すケースが多いです。

そもそも花粉症とは、特定の花粉を浴びる(吸い込む)量、回数が、年齢と共に蓄積していくことで症状を引き起こす準備=感作という状態になり、さらに花粉を浴びて許容量を超えると発症(感作による発病という)するメカニズムになっています。
そのため、花粉の蓄積量が少ない赤ちゃんや小さなお子さまは発症しにくいわけですが、ここ数年は花粉の飛散量が非常に多くなっているため、許容量を突破する時期=年齢が早まっているようです。
小学校高学年の4割以上が花粉症予備軍=感作状態というデータもあります。

さて、花粉症をはじめ、アトピー性皮膚炎、 気管支ぜんそく、 アレルギー性鼻炎と一連のアレルギー性疾患があります。このアレルギー性疾患は遺伝するとよくいわれます。アレルギー性疾患は解明されてないことも多く、一概に「遺伝だから」ということはできません。

しかし、遺伝的要素もなんらかのアレルギー性疾患を引き起こす原因として考えられます。家族や親戚になんらかのアレルギー性疾患の人が多い家系。またはすでに何かしらのアレルギー性疾患を示しているお子さまが特定の花粉を浴び続けると、いずれ花粉症を引き起こす可能性が高くなるかもしれません。

子どもの花粉症は大人になると治るの?

残念ながら、現代の医学では、花粉症をはじめアレルギー性疾患は、一旦発症すると「完治しにくい」と言わざるをえません。
ただ、ハウスダストなどは幼少時に感受性が高くても、成長すると強く反応しなくなることもあります。環境によって花粉やハウスダストに接する機会が減ることで症状が緩和される、通年性のハウスダストアレルギーが、スギやヒノキなど特定花粉の飛ぶ時期だけに症状が出るよう変わるケースもあります。

つまり、アレルギー性疾患は年齢や環境、季節など修飾因子によるところが大きいので、治らないと諦めるのは禁物です。治療しないでいると、症状が悪化したり、慢性副鼻腔炎や滲出性中耳炎、皮膚炎といった別疾患と合併することもあるので、必ず専門医の診断を受けましょう。

子どもが花粉症の薬を飲んでも大丈夫?

治療では、まず何にアレルギーを示しているか=抗原を調べます。例えば、花粉の場合、近隣に杉林があればスギ花粉症、セイタカアワダチソウが生えていればセイタカアワダチソウ花粉症と、浴びた量が多いものが抗原として考えられます。また、小さなお子さまは、鼻水の中の好酸球というアレルギー性鼻炎の際に見られる血球で調べる場合もあります。

その後、症状に応じた治療がスタートします。抗アレルギー剤という薬を飲み続けることで症状を抑えながら、点鼻スプレーや漢方薬などを併せて使ったり、耳鼻科などへの通院や、日常生活や食生活の改善も行っていきます。

お子さまの場合、薬を飲み続けることに不安があるかもしれませんが、長期間の服用で症状が改善に向かうことが期待できます。
もちろん、薬は長期にわたって服用しても「安全」と認められているので、安心してください。まずは病院でしっかりお聞きになることでしょうね。

[画像の拡大]

砂山恵子先生

愛媛県西条市にある篠原内科外科耳鼻科勤務。日本耳鼻咽喉科学会専門医。HPは耳鼻科50音辞典 http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/妊産婦さんやお子さんで心配な場合、上記HP経由で相談も承っています。

砂山恵子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

10

4

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

アレルギーの関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

化粧品・コスメはどうしてる?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
パパママ・キッズ婚に関するアンケート (2017年度版)
子どもと一緒の結婚式(以下、「パパママ・キッズ婚」)などに関するアンケートについてご協力ください。また本リサーチ結果は、ミキハウス子育て総研の編集記事等に、個人を特定されない形で使用させていただく場合がございますので、ご了承ください。
アンケートに投票いただいた方の中から抽選で10名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.